映画
アニメ
ゲーム

映画『サイレントヒル:リベレーション3D』初日~4日間で9,000万円の大ヒットスタート!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サイレントヒル:リべレーシ.jpg



7月12日(金)よりTOHOシネマズ 六本木他(153館:298スクリーン)にて公開されている『サイレントヒル:リべレーション3D』が週末三連休を含めた7月12日(金)~7月15日(月・祝)までの4日間で9,000万円の興行収入を達成し、週末興行収入ランキング6位の大ヒットスタートとなった。

本作は、吹き替え版アレッサ/ヘザーの声優にタレントの福田彩乃さんを起用。アフレコイベントにははるな愛さんが駆けつけ、さらに吹き替え版の完成披露には関根勤さんがゲスト登壇。また、日本版イメージソングと声優をGACKTさんが担当することなども話題となり、劇場キャンペーンで7月18日(木)にTOHOシネマズ 六本木ヒルズでの実施が決定したGACKTさんの舞台挨拶チケットは5分で完売するほどの人気ぶりをみせている。その他、タレントのワッキーさん、なかやまきんに君さん、小島よしおさんらを起用した直前イベントを実施したことやとしまえんで体感型脱出ゲーム 「サイレントヒル:リベレーションREAL」の実施、劇中に登場するキャラクターを稼働しての街頭・web連動プロモーションなどでの大量露出が幅広い層への訴求へつながったものと思われる。

客層は男女比約 5:5で予想外に若い女性が多く見受けられ、その他学生グループや20代前後のカップルも多数来場し、前作のファンやゲームファンだけでなく、幅広い年齢層の方にご来場いただいており、平日も落ちの少ない興行を見込んでおります。見たお客さんのコメントとしては、「三角様がかっこよすぎてそれだけで見る価値がある」「灰が本当に目の前に降っているみたいだった」などと映像面の絶賛コメントが多く見受けられ、更に「怖すぎて震えが止まらない」などと、暑い夏にぴったりな一本であることは間違いなさそうだ。配給元のプレシディオは「今後夏休みに入り更なる集客も見込めるということで、最終的には興行収入4億円も狙える」としている。

『サイレントヒル:リベレーション3D』
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ他にて大ヒット上映中!!

監督・脚本:マイケル・J・バセット
音楽:山岡晃
出演:アデレイド・クレメンス、ショーン・ビーン、ラダ・ミッチェル、
マルコム・マクダウェル、キャリー=アン・モス

2012年/フランス・アメリカ・カナダ/95分/DCP/カラー/シネスコ
配給:プレシディオ
配給協力:ハピネット
提供:2013「サイレントヒル:リベレーション3D」フィルムパートナーズ

公式HP:silenthill3d.gacchi.jp
公式:Facebook:https://www.facebook.com/SilentHill3d
公式Twitter:@silenthill_3d 
公式LINE:@silenthill3d

A Canada-France Co-Production (c) 2012 Silent Hill 2 DCP Inc. and Davis Films Production SH2, SARL

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください