映画
アニメ
ゲーム

映画『HK/変態仮面』 主人公:色丞狂介=変態仮面の、SM女王の母親役に片瀬那奈が決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

HK_main.jpg



「週刊少年ジャンプ」黄金期の伝説の連載マンガ「究極!!変態仮面」が“初”映像化!!映画『HK/変態仮面』(配給:ティ・ジョイ)が4月6日より新宿バルト9先行公開、4月13日より全国公開となる。

今回、変態仮面を生み出した、ドSの母親役に片瀬那奈が決定!

刑事である夫が殉職し、女手一つで狂介を育てるSM女王の色丞魔喜(しきじょう まき)。福田雄一監督も、「まさか受けてもらえるとは思わなかった。受けてもらえる事が決まった連絡をもらって、凄く嬉しかった」と語る、奇跡のキャスティング!!

HK_画像.jpg

自宅でもムチを振り回す母親、色丞魔喜。都内のハウススタジオで行われた撮影では、福田雄一監督の演出のもと、息子の軟弱ぶりを嘆きながらムチで息子を打つシーンでクランクイン。母と息子のシーンの撮影後は、都内のSM クラブに移動。本格的にムチをふるうシーンの撮影に映った。このシーンは、主人公の狂介の父親になる刑事との出会いとなるシーン。刑事を演じる池田成志さんとの息のあった(?)

SM シーンでは、本格的なボンテージ衣装に身を包み、激しいムチさばきと柱に縛り付けられた刑事との言葉の掛け合いを繰り広げた。激しい演技を見せカットを重ねるたびに、どんどんと振り切れた方向へ向かっていく片瀬さんと池田さんのやり取りに、次々に現場が爆笑で包まれた。激しいやり取りを続ける、片瀬さん達の演技に福田監督の演出も加わり、本格的でシリアスな雰囲気のSM プレイから振り切った演技で現場が爆笑に包まれるという、完成映像に期待が高まる撮影となった。

片瀬那奈さんコメント
「福田さん×変態仮面と聞いただけでやりたい!!と即答でした。SM女王の母ということで、かなりファンキーなお母ちゃんになりました。激しすぎて、撮影の次の日は頭と首が痛くなりました(笑)息子役の鈴木亮平さんとは年が一つ違いなんですが、なぜか親子にみえました。もう面白いのは間違いありません!お楽しみに!」

【ストーリー】
ドMの刑事とSM女王様の間に生まれた、紅游高校拳法部員の色丞狂介(しきじょう きょうすけ)は、同じクラスの転校生・姫野愛子に一目惚れをしてしまう。ある日、姫野愛子が銀行強盗に巻き込まれ人質に!

介は、覆面を被り変装して強盗を倒そうとするが間違えて女性用パンティを被ってしまう。その瞬間、経験した事のないエクスタシーを感じた狂介。これまで
眠っていた父と母から受け継いだDNAによる変態の血が覚醒。人間の潜在能力が100%引き出された超人
“変態仮面”に変身する。登場すれば悪人に笑われ、助けた人には逃げられる。それでもパンティを被る事を止められない!
絶対に賞讃されないヒーロー。それが変態仮面!!
そう彼には、蜘蛛の力も、コウモリの力も強力な武器も必要ない。
ただ愛する人のパンティがあればいい。
賞讃されずとも正義を貫くそれがヒーロー

『HK/変態仮面』
4月6日(土)新宿バルト9にて先行公開、4月13日(土)より全国公開

公式HP:http://hk-movie.jp/
配給:ティ・ジョイ
(C)2013「HENTAI KAMEN」製作委員会

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください