映画
アニメ
ゲーム

『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』新キービジュアル公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SG_151_劇場版キービジュアル.jpg



4月20日(土)に公開が決定した『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』。キャラクターデザイン・総作画監督の坂井久太氏描き下ろしの劇場版新キービジュアルが公開された。

また、最新情報が公式サイトよりも早く配信される、Iphone専用アプリもApp Storeにて好評発売中!このアプリでは、「劇場パンフレットデジタル版」を4/20以降に配信予定。この日までに購入いただく方には、特別セール価格で購入することができるぞ。

詳しくはこちらのアプリ情報ページにて
http://steinsgate-movie.jp/app/

【概要】

いくつもの世界線を超えてきた彼らの物語は、ついに劇場へと収束する――
「狂気のマッドサイエンティスト」を自称し、いまだ厨二病をひきずる大学生・岡部倫太郎。秋葉原の片隅、「未来ガジェット研究所」で偶然、過去へと送信できるメール「Dメール」を発明してしまったことから、彼とその仲間たちは世界規模の大事件に巻き込まれることになる。本作「シュタインズ・ゲート」は、タイムパラドックスにより引き起こされる悲劇と、それに立ち向かう仲間たちの絆を描く物語である。
Xbox 360用ゲームとして発表された原作は、先の読めない展開と、張り巡らされた様々な伏線が一気に回収されるクライマックスが話題となり、一大ムーブメントを巻き起こした。他機種への移植版やコミック、小説などへのメディアミックスも多数展開され、2011年4月にはTVアニメが放映開始となる。リアルと“想定科学”の入り混じる独特な世界観を鮮烈に描き出し、原作の魅力を最大限に引き出したストーリー構成によって、更なる反響を呼んだ。
そして今回、「シュタインズ・ゲート」は劇場という舞台で、まだ誰も見たことのない結末へと収束する――。
制作にあたりTVアニメスタッフが再結集すると共に、原作MAGES.がストーリーを完全監修。本編トゥルーエンドの”その後”に起こる事件を、完全新作で描き出す。
2013年春、いま再び、「シュタインズ・ゲート」の世界線が動き出す。

【特報カット】

SGM_tokuhou_2.jpg

SGM_tokuhou_3.jpg

SGM_tokuhou_4.jpg

SGM_tokuhou_5.jpg

SGM_tokuhou_6.jpg


『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』

4月20日(土) 全国ロードショー
角川シネマ新宿、シネマサンシャイン池袋ほか

【スタッフ】
原作:志倉千代丸/MAGES./Nitroplus
企画:安田猛
スーパーバイザー:でじたろう
総監督:佐藤卓哉・浜崎博嗣
監督:若林漢二
シナリオ監修:松原達也・林直孝
脚本:花田十輝
キャラクター原案:huke
キャラクターデザイン・総作画監督:坂井久太
アニメーション制作会社:WHITE FOX

【キャスト】
岡部倫太郎:宮野真守
椎名まゆり:花澤香菜
橋田至:関智一
牧瀬紅莉栖:今井麻美
桐生萌郁:後藤沙緒里
漆原るか:小林ゆう
フェイリス・ニャンニャン:桃井はるこ
阿万音鈴羽:田村ゆかり

【公式サイト】
http://steinsgate-movie.jp/

(C) 2013 5pb./Nitroplus STEINS;GATE MOVIE PROJECT










登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください