映画
アニメ

『ウルヴァリン:SAMURAI』撮影中のウルヴァリンとライブチャット開催決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

名称未設定-2.jpg



日本を舞台に描かれる2013年ハリウッド超大作映画『ウルヴァリン:SAMURAI』(2013年 9月 公開)。現在、オーストラリアで撮影中の本作で、撮影現場からウルヴァリンを演じる主演俳優ヒュー・ジャックマンと監督を務めるジェームズ・マンゴールドがライブチャットに参加することが判明した。

このライブチャットは日本、そして世界中で期待を膨らませるファンと“ウルヴァリン”ことヒュー・ジャックマンがコミュニケーションを取ることができる(かも知れない)特別なイベントとして企画され、この度、ヒューと監督がライブチャットについて説明する動画が解禁された。

本ライブチャットの開催日時は日本時間10月30日(火)午前5時を予定。さらに、Facebookの公式サイトやTwitterでは開催までに質問を集める予定だ。

Twitter:質問投稿ハッシュタグ #TheWolverineMovie
Facebook:www.facebook.com/TheWolverineMovie

先日、日本でのロケ撮影は終え、現在はオーストラリアで撮影を続ける彼ら。撮影が明らかになっている増上寺(東京都)では、スタッフ・エキストラ含め400名以上の大規模な撮影隊によるハリウッドスタイルの撮影となり日本でも大きな話題を呼んでいた本作。

今回公開されたコメント映像では、冒頭からヒュー・ジャックマンが「ハーイ!みんな、僕は、オーストラリアと日本で『ウルヴァリン:SAMURAI』を撮影中だ。みんなにサプライズを用意したよ!」とノリノリで挨拶。開催されるライブチャット中には最速でフッテージ映像の披露をすることも発表。映像の背景にも、日本語の“カタカナ”と“ひらがな”らしき文字が確認できるセットが映り込んでおり、オーストラリアのスタジオでも<日本シーン>の撮影が行われているように想像できる。ライブチャット当日は、撮影現場のどこから2人が参加するのか?その背景も大いに気になるイベントとなっている。

本作はヒュー・ジャックマンの親日ぶりが影響してか、主要な日本人キャラクターに真田広之(シンゲン役:マリコの父)、ハル・ヤマノウチ(ヤシダ役:マリコの祖父)、TAO(マリコ役:ローガンの恋人)、福島リラ(ユキオ役:シンゲンの部下)をキャスティングするなど、キャスティングの段階から“日本”への強いこだわりあり、ハリウッド大作としては例を見ないほど“日本を重視”する作品という事が伺える。

2013年 秋に公開される来年№1の話題作『ウルヴァリン:SAMURAI』。今回のライブチャットで再来日の可能性を、本人に直接聞いてみてはいかがだろうか。

『ウルヴァリン:SAMURAI』
2013年 9月 全国公開

人気の高いマーベル・コミック・シリーズから誕生した『ウルヴァリン:SAMURAI』では、ローガン(ヒュー・ジャックマン)が日本で永遠の戦士かつアウトサイダーとして描かれる。そこでは、ローガンを永遠に変えてしまうある壮大な戦いがあり、彼があるミステリアスな人物と因縁の対決をするとき、サムライの“刀”とウルヴァリンの強固な“爪”との真剣勝負が繰り広げられる。

監督:ジェームズ・マンゴールド (『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』、『ナイト&デイ』
出演:ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ ほか
配給:20世紀フォックス映画

(C)2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください