アニメ

映画『アイアン・スカイ』 富野由悠季監督×ティモ・ヴオレンソラ監督 特別対談レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

とみの.jpg



9月15日(土)にニコニコ生放送で、映画『アイアン・スカイ』ティモ・ヴオレンソラ監督(以後ティモ)と『ガンダム』などのアニメ監督である富野由悠季氏の特別対談が実施された。

ティモは子供の頃から『ガンダム』を観て育ったこともあり、今回の富野氏との対談は友人に羨ましがられたというほど、ティモにとっては夢の対談となった。富野氏はティモを前に「飛行船型宇宙船が大好き!ライバッハの音楽が素晴らしい!」など大絶賛。そんな中、「ガンダムが好きなら宇宙戦艦ヤマトが本編内に出てくるはずが、出てない!」とクレームをいれる場面も。そこですかさずファンからは「富野ジョークw」などの書き込みが見られ、ニコ生ならではの臨場感で沸いた。しかし、すかさずティモも「実はヤマトの登場シーンはあったのだが、都合によりカットされてしまったんだ」という衝撃発言も飛び出すなど、富野監督との対談でしか聞けないような貴重なエピソードが盛りだくさんの濃い1時間となった。

Q.監督人生に於いて影響を受けた作品は?
A.『デリカテッセン』、『博士の異常な愛情』、『スターシップ・トゥルーパーズ』

Q.変わった雰囲気の音楽でしたが、どういう経緯で決まったのでしょうか?
ティモ:劇中音楽の全てを担当したライバッハは、独特なアヴァンギャルドなバンドで、最初から彼らにやってもらうことしか考えてなかった。ヒトラーも愛した、ワーグナーの楽曲は僕の希望で入れてもらった。『ブレード・ランナー』のように、映像の上から音楽をコーティングしたかったんだ。

Q.リメイクしたい過去の映画

ティモ:リメイクは好きじゃない。『DUNE/砂の惑星』はデビッド・リンチが好きなため、してみたいとは思う。

Q.好きな女優は?

ティモ:知性のある女性。インテリジェンスほどセクシーなものはない。
富野:セイラ・マス

Q.ハリウッドで大作映画を作りたいですか?
ティモ:最終目標ではない。最近のハリウッド映画であまり気に入った作品はないが、ダンカン・ジョーンズの『月に囚われた男』は気に入っている。将来的には国際製作に興味があり、日本の方やハリウッドの方もいるかもしれないが、世界中のスタッフと仕事がしたい。

富野氏曰く、「ナチスというテーマで製作まで漕ぎ着けたのが驚き。」対して、ティモは「スポンサー集めや資金集めなど苦労した」と話し、完成までの苦労を伺わせた。富野氏は「SFをネタにして、ナチスの他、人種問題などストーリーの中に問題提起をしている。久しぶりにこのような作品に出会えた。」と心底ティモに感銘を受けた様子。「ただのB級映画とナメてもらっては困る!ただ所詮SF映画。大前提として楽しんで、構えずにそのまま受け入れて欲しい。」と締めくくった。

『アイアン・スカイ』は9月28日(金)より
TOHOシネマズ六本木ヒルズほか、全国ロードショー

【ストーリー】
月面ナチス VS 地球防衛軍 こんな戦い見たことない!!
2018
年、再選を目指すアメリカ大統領により、選挙PRのために月に送り込まれた黒人モデルのワシントンは無事に月面に上陸。しかし、すぐに鉤十字を身にまとう
月面ナチス親衛隊クラウスに拉致されてしまう。なんと彼らは、第二次大戦後地球をあとにしたナチスだった!彼らは月へと逃亡し、地球へ復讐を果たすべく月
の裏側に第四帝国を築き、軍備を増強していたのであった。機は熟した。ワシントンをガイドに、月面総統閣下はいよいよ地球への侵略を開始する。地球ではア
メリカを中心に急遽地球防衛軍を結成。前人未踏の宇宙規模の戦いが今、始まる!

監督:ティモ・ヴオレンソラ(「スターレック 皇帝の侵略」)
音楽:ライバッハ『スパイダーマン』
出演:ユリア・ディーツェ、ゲッツ・オットー、クリストファー・カービー、ウド・キア
字幕翻訳:高橋ヨシキ
字幕監修:町山智浩
配給・宣伝:プレシディオ
協力:松竹

公式HP:www.iron-sky.jp
twitter:@ironsky_jp
facebook:www.facebook.com/ironsky.jp   

(C) 2012 Blind Spot Pictures, 27 Film Productions, New Holland Pictures. ALL RIGHTS RESERVED.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください