映画
アニメ
ゲーム

『オデッセイ』16年公開洋画作品初となる動員100万人突破!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オデッセイ

巨匠リドリー・スコット監督が、るマット・デイモン主演で描く感動の超大作『オデッセイ』の国内動員数が100万人を突破した。

第88回アカデミー賞で、作品賞、主演男優賞をはじめ7部門にノミネートされており、第73回ゴールデン・グローブ賞で、作品賞&主演男優賞(共にミュージカル・コメディ部門)2冠を獲得していることからも、オスカー最有力の呼び声が高い。

日本では2月5日(金)より全国833スクリーンで公開され、公開3日間で41万人、興収6億2860万円のロケットスタートとなった本作。公開2週目の土日には27万7000人を動員。早くも累計で動員101万2884人、興収16億4197万6千500円となり、2016年公開の洋画作品では初の動員100万人突破を記録した。さらに前週比わずか16%減という異例の高キープを見せて、各地で満席の劇場が続出している。また日本の興行が後押しとなり、全世界の興行収入は6億ドルを突破。リドリー・スコット監督作品史上最高の興行記録となっている。

主人公ワトニーのポジティブさや、NASA全面協力のもと大規模なセットと視覚効果で創出した圧倒的な火星のビジュアル、火星でのじゃがいも栽培などのユニークさが口コミでも話題となり、SNS上でも「面白くてスリルたっぷりで素晴らしい!」「とにかく明るい!元気をもらった!」など多くの絶賛ツイートが次々と書き込まれ、大学生からシニア層、さらに親子連れなど幅広い層が動く結果となった。

来る2月28日(現地時間)には、作品賞、主演男優賞など7部門にノミネートされたアカデミー賞の発表となる。最有力候補作品の一本と目されている『オデッセイ』にとって、興行的な追い風となるだろう。

たったひとりの男の不屈の挑戦が、心揺さぶる“史上最大の奇跡”をたぐり寄せるアドベンチャー超大作。ワトニーをはじめとする登場人物たちの苦難、絶望そして、希望に縁どられた長い旅路の先に最高の興奮と感動が待っている。

【ストーリー】
人類による有人火星探査計画が、荒れ狂う嵐によって中止に追い込まれた。ミッションに参加した6人のクルーは撤収を余儀なくされるが、そのひとりであるマーク・ワトニー(マット・デイモン)飛行士は暴風に吹っ飛ばされ、死亡したと判断される。しかしワトニーは奇跡的に命を取り留めていた。独りぼっちで火星に取り残され、地球との交信手段もなく、次にNASAが有人機を送り込んでくるのは4年後。サバイバルに不可欠な食糧も酸素も水も絶対的に足りない。そのあまりにも過酷な現実を直視しながらも、ワトニーは決して“生き延びる”ことを諦めなかった。やがてワトニーの生存を知って衝撃を受けたNASAや同僚のクルーは、地球上のすべての人々が固唾をのんで見守るなか、わずかな可能性を信じて前代未聞の救出プランを実行するのだった。

『オデッセイ』
大ヒット公開中!!
配給:20世紀フォックス映画
(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
公式HP:http://www.foxmovies-jp.com/odyssey/

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください