キアヌ・リーブス主演の”ヴィジット・スリラー”『ノック・ノック』日本公開決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メイン

『グリーン・インフェルノ』イーライ・ロスと『ジョン・ウィック』キアヌ・リーブスによる異色のタッグが実現!

イーライ・ロス監督最新作『Knock Knock』の邦題が『ノック・ノック』に決定し、6月11日(土)より全国公開が決定!


『ホステル』シリーズで世界を圧倒し、『食人族』をモチーフに描いたR18+作品にして日本でも大ヒットした『グリーン・インフェルノ』を監督したホラー映画界のカリスマ、イーライ・ロスが『マトリックス』シリーズ、『ジョン・ウィック』のハリウッドアクションスター、キアヌ・リーブスを主演に迎え、新たに解き放つ“ヴィジット・スリラー”『Knock Knock』(原題)が邦題『ノック・ノック』として6月11日(土)にヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開することが決定した。

平和で理想的な家庭を築いた良き父親エヴァン。彼は、家族が留守にしている家に突然訪ねてきた妖艶な美女ジェネシスとベルの誘惑に負けたことで絶望の淵へと追い込まれて行く。一晩の快楽から一転して、理不尽なまでの破壊と暴力を振るう彼女たちの目的とは一体何なのかー。そしてエヴァンの運命はー!?

監督のイーライ・ロスは「『グリーン・インフェルノ』を撮り終え、一時はこれ以上に掘り下げたいと思える題材がないと思ったんだ。でも『ホステル』や『グリーン・インフェルノ』が共通して最も安全だと思っていた場所“自宅”に圧倒的な危険が迫ったとき、果たして人間はどう行動するのかということに魅了され始めたんだ。」と『ノック・ノック』で自身の新境地にたどり着いたことを語っている。

主人公の理想的な家族を築き上げた良き夫エヴァンを演じるのは2015年公開の『ジョン・ウィック』が熱烈に話題となったキアヌ・リーブス。本作のプロデューサーとしても名を連ね、キアヌ・リーブス史上、誰も見たことのない演技に挑戦しているのにも注目してほしい。エヴァンを誘惑し、絶望の淵に追い込む美女の一人ジェネシスを演じるのは『グリーン・インフェルノ』で初主演を務め、注目を集めたイーライ・ロス監督の妻でもあるロレンツァ・イッツォ。ジェネシスとともにエヴァンを貶める金髪美女のベルを新星アナ・デ・アルマスがエロティックな体当たり演技で挑む!

【ストーリー】
平和で理想的な家庭を築いた良き父親エヴァン。彼は、家族が留守にしている家に突然訪ねてきた妖艶な美女ジェネシスとベルの誘惑に負けたことで絶望の淵へと追い込まれて行く。一晩の快楽から一転して、理不尽なまでの破壊と暴力を振るう彼女たちの目的とは一体何なのかー。そしてエヴァンの運命はー!?

『ノック・ノック』
6月11日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開
配給:東京テアトル
(C) 2014 Camp Grey Productions LLC

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください