映画
アニメ
ゲーム

アーノルド・シュワルツェネッガー最新作『マギー』衝撃オフショット解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マギー

アーノルド・シュワルツェネッガー初のゾンビ映画出演となる『マギー』が、2016年2月6日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次ロードショーとなる。

ゾンビ化していくウイルスが蔓延する近未来を舞台に、最愛の娘が、ウイルスに感染した時、父親の取るべき行動とは━。苦悩する父親と娘の家族愛のある異色のゾンビ映画が誕生!

「アクション映画なら世界を救うことも出来るが、『マギー』では、ゾンビ化していく娘に対して、何も出来ない。この無償の愛を描いた作品は、新しいゾンビ映画であると同時に自分にとって、大きなチャレンジだったが、是非、やってみたいと思ったんだ。」と、シュワルツェネッガーが語る本作は、ゾンビ化していくウイルスが蔓延する近未来を舞台に、最愛の娘が、ウイルスに感染した時、父親の取るべき行動と家族愛を描いた、かつてないゾンビ映画になっている。

新境地を開拓した、父親の苦悩と悲しみが、観る者の心に響く。娘のマギー役には、『ゾンビランド』で、ゾンビと戦う生存者を演じたアビゲイル・ブレスリン。脚本はジョン・スコット3世。監督は、「ウォーキング・デッド」のメインタイトルのディレクターやアカデミー賞のクリエイティブ・ディレクターを手掛けるなど多彩な才能を持つ、ヘンリー・ホブソンが長編初監督を務める。

今回、初出しとなるオフショットは、『マギー』撮影中にカメラに収められたマギー演じるアビゲイル・ブレスリンと、父親・ウェイド役のアーノルド・シュワルツェネッガ―の2ショット。劇中の衣装のまま、二人とも厳しい表情が印象的。劇中では、アーノルド・シュワルツェネッガー演じる父親が、ゾンビ化していく娘に対して、守るべきか、殺すべきかを思案中であったと考えると、衝撃的な1枚となっている。

マギー衝撃オフショット

『マギー』
2016年2月6日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー
配給:ポニーキャニオン
(C)2014 Maggie Holdings, LLC.All Rights Reserved.
公式HP:www.maggie-movie.com

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください