映画『白鯨との闘い』迫力の本編映像が到着!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

★『白鯨との闘い』現在は既

太平洋沖4800kmという死の海域で捕鯨船“エセックス号”を襲った衝撃の実話を描いた『白鯨との闘い』が2016年1月16日(土)に全国公開される。

陸地から隔絶された太平洋沖で、30メートルを超える巨大な白い鯨に襲われた捕鯨船。アメリカ捕鯨史上最悪と言われるその海難事故で、実際に何が起きていたのか?鯨との死闘を繰り広げた男たちの生還までに隠された、凄まじくも胸を打つ衝撃の真実が明らかになる。

 

今回、絶望の本編映像が解禁された。映像では、海中を進む巨大な鯨を映し出すシーンから始まる。この鯨こそが、見境なく鯨達を襲う人間に怒り狂った“白鯨”。船を襲った突然の衝撃で甲板に投げ出された乗組員が船底に状況を確認しにいくと、そこには船底を突き破った“白鯨”の姿があった。

 

頑丈に作られた船底に穴を開け、自身の重量を遥かに上回るエセックス号を軽々と押しのける鯨の姿は、通常のマッコウクジラ(平均15メートル)を遥かに上回る30メートル超え。まるでおもちゃのようにグラグラと揺れる船の脇を悠然と泳ぎ去るその姿からは、通信手段も無しに大海のど真ん中でこのような状況下に立たされた乗組員達の絶望と恐怖もひしひしと伝わってくる。

 

監督のロン・ハワードは、真実の物語を実写化することについて「実話を映画化することは、僕のキャリアの初期において、ひどく恐ろしいことだった。実話は制限を与えるものだと思っていたからね。でも今では、その反対だと思っている。フィクションなら観客が決して受け入れない突拍子も無いストーリーであっても、僕らの想像を遥かに超える“真実”にはかなわない。」とコメント。実話に基づく本作を映画化するにあたっての自信を覗かせた。

 

映像に現れるこの鯨は、当時の捕鯨で主な標的とされていたマッコウクジラ。現在観測される最も大きい個体でもその大きさは18メートル程度であると言われているのに、この“白鯨”は30メートルを超える巨大な体を持っており、重量は80トンを超えると記録されている。その体当たりは木製の船をいともたやすく転覆させる力を持っていたのだ。信じがたい話ではあるが、ロン・ハワードの言葉を借りれば、真実は常に想像を遥かに超える。現在ではスクリーン上でしか目撃できない世界最大級の巨大鯨の姿は、一見の価値があるだろう。

 

世界的名著、『白鯨』に隠され続けてきた真実をついに明らかにする本作は、各方面から大きな期待が寄せられている。『白鯨との闘い』は、圧倒的な映像と深い問いかけを併せ持つ、新たなる映画体験を鑑賞者に約束する。魂を揺さぶる衝撃を、是非映画館で体験して欲しい。

 

 

『白鯨との闘い』
2016年1月16日(土) 新宿ピカデリー他 全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:hakugeimovie.jp

 

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください