映画
アニメ

孤高の映像詩人 越川道夫監督が描く”海辺の性『背中』10 月 29 日(土)公開決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

【孤高の映像詩人】と謳われる、

越川道夫監督による映像抒情詩

“海辺の性”作品 『背中』が、完成!

 

『海辺の生と死』『アレノ』『愛の小さな歴史』『あざみさんのこと』『アララト』など、高い文学性と街に生きる人々の生と性を独自の視線で描く手法から、孤高の映像詩人と謳われる越川道夫監督

コロナ禍の中、身近な人々の死と自身の眼の手術など多くの喪失の体験をした越川道夫が、その末にたどり着いたものが、この映像抒情詩“海辺の性”作品 『背中』が完成、10月29日(土)より、劇場公開となります。

 

去っていった男の“背中”を待つ30歳の女…

新進気鋭の女優・佐藤里穂、初主演。

共演は、ドラマ「僕の大好きな妻」「ぴーすおぶけーき」

 

今最注目の俳優・落合モトキ

30歳の女性を描く『背中』。ある日突然恋人ショウイチロウに去られたハナは、恋人の親友であったアカツキと関係を結んでいる。二人はハナの元を去り何処かに消えたショウイチロウを待ち続けている。去っていった男の背中と海辺の風を感じながら、待つ女の心象風景を描いた物語。

待ち続けるヒロイン・ハナ。本作が初主演となる新進気鋭の女優・佐藤里穂が鮮烈な演技をみせる。ハナの恋人・ショウイチロウの親友で、ハナと関係を結びながらもショウイチロウを探すアカツキには、テレビドラマ「僕の大好きな妻」「ぴーすおぶけーき」で今最注目の俳優・落合モトキ。突然ハナの元を去っていった男・ショウイチロウを、越川監督作品の常連役者・嶺豪一が静かに演じる。

 

ポスタービジュアル、場面写真 解禁!

 この度完成したポスタービジュアルは、遠く広がる海辺の風景を背景に、本作のタイトルである【背中】が大きく縦に配置。恋人を待つ女ハナ(佐藤里穂)と、ハナに想いを寄せるアカツキ(落合モトキ)が上下に描かれ、そのハナの心象風景を鏡のように写し出したような、ビジュアルに仕上がっています。

 

 

★新規場面写真

 

 

 

 

キャスト・スタッフ

 

佐藤里穂 落合モトキ 嶺豪一

山本圭将 橋本つむぎ

 

監督・脚本 越川道夫

 

孤高の映像詩人・越川道夫“海辺の性”

 

音楽:澁谷浩次 撮影:飯岡幸子 音響:黄永昌 編集:菊井貴繁 メイク:杉本あゆみ

メイク応援:寺沢ルミ キャスティング:楠間由野 監督助手:内田周作 車両応援:土屋創太

演奏:澁谷浩次 音楽録音・ミックス:瀬川雄太(small cow fields studios) 撮影協力:CubeFilm Inc.  深田隆之

協力:PORTO PONPONE コクテイル書房 YUUNO

製作:村上潔 プロデューサー:山口幸彦 製作:キングレコード 制作:スローラーナー

配給:キングレコード 宣伝:ブラウニー

©2022 キングレコード

R-15作品

公式サイト:https://mayonaka-kinema.com/

公式Twitter @EroticaQueen21

10月29日(土)より、新宿K’s cinemaにて公開

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください