アニメ
ゲーム

映画『ソー:ラブ&サンダー』ソーとマイティ・ソー、“2人のソー”のこだわりの衣装とは…?ナタリー・ポートマンとクリス・ヘムズワースの撮影風景も解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の激闘後、多くの仲間を失ったソーはガーディアンズと地球を後にしていた。そんな彼らのもとに、宇宙各地の神が殺されているという情報が入る…。ソーは次の標的がニュー・アスガルドであることを知り駆けつけるが、突如“神殺し”のゴアが襲いかかる。だがその時、新たな“マイティ・ソー”に姿を変えた元恋人ジェーンが現れる。そしてその手には、最強のハンマー〈ムジョルニア〉が…!? 2 人のソーによる破壊力2 倍のロック・バトル・アドベンチャーを見届けよ!

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社(東京都港区)は、アベンジャーズの愛すべき破天荒な雷神・ソーが、再び超絶バトルを繰り広げる『ソー:ラブ&サンダー』を、2022年10月26日(水)にMovieNEXと4K UHD MovieNEXで発売いたします!※デジタル配信中(購入)、9月22日(木)デジタル配信開始(レンタル)

 

ソーとマイティ・ソー、“2人のソー”のこだわりの衣装とは…?ナタリー・ポートマンとクリス・ヘムズワースの撮影時のメイキング映像も解禁!


10月26日(水)の『ソー:ラブ&サンダー』のMovieNEX発売を記念し、ソーとマイティ・ソーの衣装にまつわるエピソードを、スタッフやキャストらが語る映像がボーナス・コンテンツより一部解禁。
豪華なこだわりの衣装について、「他の映画と比べるとかなり早々に衣装の仮縫いが始まった。動きやすくアクションもこなせるように工夫してくれた」とマイティ・ソー役のナタリー・ポートマンが語り、衣装デザイナーのマイェス・ルベオは「マイティ・ソーはソーの女性版。だからソーの衣装とディテールは同じ。色は黒と赤、赤いマントにヘルメット。マイティ・ソーのヘルメットはコミックを参考にしつつクラシックな雰囲気にした。そして美しい顔立ちが映えるようにした」と詳細について語っています。
また、新生マイティ・ソーの登場によって変化したソーの衣装について、製作総指揮のブライアン・チャペックは「頭からつま先まで金と青のド派手なアーマーを身にまとうんだ。その変化が面白い」と語っています。ソー役のクリス・ヘムズワースが衣装の兜の息苦しさやきつさに対してユーモアを交えながら撮影に臨む様子も収録されている、貴重な映像です。
この度発売するMovieNEXには、製作の舞台裏を追った「ソーとマイティ・ソー」、クリスチャン・ベール演じるゴアに迫る「神殺しゴア」、ハリウッドを代表する監督、脚本家、俳優でもあるタイカ・ワイティティの世界感に触れる「監督の挑戦」、さらに、キャストたちの楽しい「NGシーン集」、惜しくも本編には採用されなかった貴重な「未公開シーン」など、見ごたえのあるボーナス・コンテンツを収録!アベンジャーズの愛すべき破天荒な雷神・ソーの集大成『ソー:ラブ&サンダー』を、ぜひMovieNEXやデジタル配信でお楽しみください!

 

■ソーの衣装について~衣装替えは25回!?~

『ソー:ラブ&サンダー』に登場する雷神・ソーをはじめとする数え切れないキャラクターたちの様相が継ぎ目なく描かれていることも彼らの仲間意識の結晶だ。「ソーについては本当にたくさんの衣装替えが行なわれています。この映画全体でおよそ25回もありましたからね」と衣装デザイナーのマイェス・ルベオは言う。「オーティス・ケアリーという名のアボリジニのアーティストが作った素晴らしいプリントで作られた美しい生絹のチュニックもあれば、80年代ロッカー風の雰囲気が漂うタンクトップにブルージーンズに襟ナシの革ジャンもあります。また過去の映画で使われたコスチュームも使っていて、全時代のソーの成長を網羅しています。本当にたくさんの衣装がありましたが、そのどれもが、この映画のとても強烈なアクション・シーンにも使えるものでなければいけません」。
「(今回の)衣装はクレイジーだよ」とクリス・ヘムズワースは告白している、「今回の1本だけで、これまでに出た6本の映画をすべて合わせたよりも多くの衣装替えがあったからね。ソーは自分探しをしているから、その事実が彼の衣装にも反映されている。今回の衣装やセットの美的感覚は、この映画が持つエネルギーにマッチしているんだ・・・絵画を引き立たせるもう一つの色彩のような役割としてね」。

 

■マイティ・ソーの衣装について

マイティ・ソーの衣装については、ムジョルニアを操るに相応しいヒーローの様相をデザインした。「私たちは、あのディスクとか黒と赤の胸鎧とか赤いマントとかヘルメットといったソーのディテールを利用しました。古きコミックブックのビンテージ感が漂っていますからね」とマイェスは語る。「マイェスは本当に驚異的だわ」とナタリー・ポートマンは言う、「私は彼女のこれまでの仕事の大ファンだったから、一緒に仕事ができると知って本当に興奮したの。彼女はデザインに対する並外れた目を持っているわ。初期段階で衣裳合わせを始めたとき、どういうものが着心地が良いかとか、動きやすいかとか、必要なアクションに適しているかといったことについて、私の意見にしっかりと耳を傾けてくれたの。彼女が率いるチームは素晴らしい職人たちの集まりで、そのメンバーの多くは20年ほど前に「スター・ウォーズ」シリーズで私と一緒に仕事をした人たちだったの。あの素晴らしいたくさんの人たちとまた一緒に仕事ができたことも嬉しかったわ」。

 

 

 

 

 

デジタル配信中(購入)
9 月22 日(木)デジタル配信開始(レンタル)
10 月26 日(水)発売
『ソー:ラブ&サンダー MovieNEX』(4,950 円(税込))
『ソー:ラブ&サンダー 4K UHD MovieNEX』(8,800 円(税込))
© 2022 MARVEL
公式サイト:marvel-japan.jp/ThorLT

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください