映画
アニメ

映画『バズ・ライトイヤー』幻のキャラクター、イジーの兄“モーリス”も登場!?幼いイジーと、バズの出会いを描いた「未公開シーン」を一部解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

有能なスペース・レンジャーのバズは、自分の力を過信したために、1,200人もの乗組員と共に危険な惑星に不時着してしまう。地球に帰還するため、バズは猫型の友だちロボットのソックスと共に絶対に不可能なミッションに挑む。その行く手には、ずっと孤独だったバズの人生を変えるイジーや個性豊かな仲間たちと、思いもよらぬ“敵”が待ち受けていた──。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社(東京都港区)は、「トイ・ストーリー」シリーズのディズニー&ピクサーが空前のスケールと感動で贈る予測不可能なスペース・アドベンチャー『バズ・ライトイヤー』を、10月7日(金)にMovieNEXと4K UHD MovieNEXで発売いたします。※デジタル配信中(購入)、9月7日(水)デジタル配信開始(レンタル)

 

幻のキャラクター、イジーの兄“モーリス”も登場!?幼いイジーとバズの出会いを描いた「未公開シーン」を一部解禁!

10月7日(金)の『バズ・ライトイヤー』MovieNEX発売を記念し、幼き頃のイジーとの出会いを描いた未公開シーンを、ボーナス・コンテンツから一部解禁!
時を超える旅から戻ってきたバズの部屋を突然訪れた幼い頃のイジー。色々なものに興味を持つイジーに振り回されるバズですが、イジーのおかげで友だちロボットのソックスの機能に気づかされたり、お互いの性格の違いなどがよく描かれています。また、最終的に本編では登場しなかったキャラクターとして、イジーの兄“モーリス”も描かれ、制作の初期で想定されていた妹思いの兄の存在を知ることができる貴重な未公開シーンです。
このシーンについて、アンガス・マクレーン監督は「イジーの家族を紹介する構想を初期段階から模索していたが、結果的にアリーシャとの関係を表現するために時間を費やした」と語っています。
この度発売するMovieNEXには、スタッフたちがこだわり抜いて造り上げた様子を収録した「『バズ・ライトイヤー』の世界」、豪華キャストたちの貴重なインタビューやアフレコシーンも楽しめる「頼れる仲間たち」、幼い頃からオモチャが大好きな監督が、色々なオモチャを使ってイメージを膨らませていく様子が分かる「オモチャに変身」、そして、惜しくも採用されなかった貴重な「未公開シーン」など、本編と一緒に楽しみたいボーナス・コンテンツを多数収録!ディズニー&ピクサーが贈るスペース・アドベンチャー『バズ・ライトイヤー』を、ぜひMovieNEXやデジタル配信でお楽しみください!

 

■監督が語る「イジーというキャラクター」

イジーはトゥカニ・プライム(バズを含めた1,200人が不時着して生活している惑星)での生活しか知らない存在として、バズが理解できないこのコミュニティの一部を体現するキャラクターだとアンガス・マクレーン監督は語ります。一方でイジーは、スペース・レンジャーについて色々な話を聞いていて、祖母のアリーシャのキャリアについては何もかも知っている理解者でもあります。イジーが自らに課したチャレンジは、祖母のレガシーに匹敵する存在になることで、祖母のすごさを知っているからこそ、実際には言葉で言うほど生半可なことではないことを理解しており、それが一人前のスペース・レンジャーになりたいと願う彼女の障害となっているのです。

 

 

 

 

 

 

 

【クレジット表記】
『バズ・ライトイヤー』
デジタル配信中(購入)/10月7日(金)MovieNEX発売
© 2022 Disney/Pixar
発売/ウォルト・ディズニー・ジャパン

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください