アニメ

宮野真守、森川智之、井上和彦のインタビューが到着!『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』8月19日よりブルーレイ・DVDセル&レンタル開始!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

ワーナー ブラザース ジャパン合同会社(東京都港区 社長 兼 日本代表 高橋雅美)のテレビジョン & ホームエンターテイメント部門は、映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』について本日 8 月 19 日(金)よりブルーレイ・DVD のセル&レンタルを開始いたします。

本作は世界的人気を誇る大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズ最新作。魔法動物を愛するシャイでおっちょこちょいな魔法使いニュートが、ダンブルドア先生やマグル達と、寄せ集めのデコボコチームを結成! 世界の未来を操ろうと企む史上最悪の黒い魔法使い、グリンデルバルドに立ち向かう。そして明かされる、ダンブルドアとその一族に隠された誰も知らない秘密とは――!?

 

この度、本作で日本語吹替を務めたニュート役・宮野真守、ダンブルドア役・森川智之、グリンデルバルド役・井上和彦のインタビュー動画が到着。数々の”秘密”や魔法動物など、本作の魅力や見どころについて語った。

 

 

 

最初に本作の見どころや声優として出演した感想について問われ、まず宮野が「見どころ満載ですよね。見どころしかないみたいな(笑)」と言うと、森川と井上も「見どころじゃないところがない」と口を揃えた。そんな見どころばかりの本作だが、宮野は続けて「3 作目になってついにダンブルドア先生の秘密が明らかになり、グリンデルバルドとの関係性が色濃く見えてくる中ではありますが、ニュート的には史上最悪の黒い魔法使い・グリンデルバルドに立ち向かうために、寄せ集めチームのリーダー的存在を任されるんです。ニュートはリーダー気質じゃないけれど、前に立ってみんなに説明するシーンが非常にたどたどしくて好きなんです(笑)。正義感はあるし、優秀でもあるから、前に立ってみんなの前で説明しようとするんだけれど、最初はバンティしか聞いてないみたいな(笑)。そういうシーンも、いわゆる”チームで 1 つになって頑張るぞ!”っていうありきたりな感じではなく、今回のファンタビならではのチーム感というか。多少頼りない部分も見えてくるんだけれど、やることはしっかりやるみたいな。そういうデコボコ感が面白くなっていますね」と見どころをまとめた。

 

森川は改めて全部が見どころだとしたうえで、「ニュートが成長するところが見どころの1つなんだけれども、それも全てにダンブルドアが絡んでいるというか。ニュートの人間性とか、素直なところとか、公平な目で物事を見る純粋な心の持ち主であることがダンブルドアにはわかっているので、彼にすべてを託すみたいな。今回のデコボコチームを組んだりすることにも絡みあってくるので、ぜひ楽しんでもらいたいなと思います」と、ダンブルドアの吹替を務める森川ならではの魅力を語った。これを受け宮野が「成長という意味では、今回はニュートから先生に投げかけるということもあって」と言うと、森川も「変わったよね。師弟関係だったけれども、そこからもう 1つ上の関係性になったのかなと思います」と前作までとの違いを述べた。

 

本作よりグリンデルバルドの吹替を務めることとなった井上は、「最初のシーンからダンブルドアとグリンデルバルドの静かなる戦いがあって、今後どうなるんだろう?と、目が離せない作りになっていて、ずっとドキドキして観ていました。なので見どころは全部です(笑)」と語った。グリンデルバルドについては「無表情ですごく恐ろしいことをやるところが怖いんですよね。吹替をやりながらそんなことをするの!?みたいな」と恐ろしさに触れつつも、「プールみたいなところに入って呪文をかけるところが怪しくて色っぽくて、(自分も)かけられたいみたいな(笑)」と魅力を語った。
 

本作の副題である”ダンブルドアの秘密”は、原題では“The Secrets of Dumbledore”と複数形にもなっているが、本作で明かされた様々な”秘密”についてどう思ったかを問われると、宮野は「秘密は 1 つあると、それが連鎖的に作用してくることもあり、ダンブルドア先生だけじゃなくて、それぞれが秘密を持っているからこそ、間柄が混沌としてきてしまったというのがあるので、そういった意味でもシークレッツ(複数形)なのかなと僕は思いながら観ていました。森川さんが言っていたようにフラットな目線のニュートが間にいるっていうことが大事だと思いましたね」と考察。続けて「秘密の連鎖っていうのは解決されたようで解決されていなかったりもするので、今後にも期待を持たせてくれる物語の流れだったなと思いますね」と言うと、井上も「それまで抑えられていたことが解き放たれてしまったというか、さあこれからどうするのか!とやっとはじまったという感じ」と、次回作への期待が高まっていることを語った。

 

森川も「結構若気の至りでしたからね。2 人の思いの深い絆がどうしても違う方向に行ってしまうというのがあって。ダンブルドア的にいえばグリンデルバルドはダンブルドアに対して嫉妬だったりもあるんじゃないかなと思いましたね。ダンブルドアは人だったり立場だったり光があるところにいて、光と影みたいな。そこも含めてグリンデルバルドは自分の正義を貫いて自分の世界を作るみたいな思いが強くて。そこの今まで見えなかった部分がクリアになって、さあここからはじまるよ!という感じですよね」と語った。

森川の発言を受け、宮野は「絶対的な存在だったダンブルドア先生の秘密が若気の至りだったっていうところが凄く人間っぽくて、逆に説得力があって、魅力的な話だなと思います」とまとめた。
最後に、ブルーレイ・DVD で何度も繰り返し見てほしいイチオシシーンについて問われると、3 人の両手が自然と上がりマンティコアがカニ歩きのような動きをするシーンを再現し、笑いに包まれた。宮野は「やっぱり魔法動物が魅力的ですね。マンティコアも今回新しく登場しましたし、ずっと出てきているピケットだったりニフラーだったりとてもかわいく活躍してくれるので、何回も観たほうが絶対いいと思います」と言うと、井上は「ピケットは本当に細かい芝居をしているんですよね~」と反応、森川も「ピケットは細いからよく見ないと!ブルーレイとかデジタル配信などで何度も観てほしい!」と、魔法動物の魅力を語った。数々の”秘密”や、魅力的な魔法動物など、見どころ満載の『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』は、本日よりブルーレイ・DVD のセルとレンタルを開始する。

 

 

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』 デジタル配信中本日8月19日(金)よりブルーレイ&DVD発売・レンタル開始ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密ブルーレイ&DVDセット (2枚組)¥4,980 (税込)【初回仕様】 ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密 <4K ULTRA HD&ブルーレイセット> (2枚組/ペーパープレミアム付)\ 7,990 (税込)発売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント販売元:NBC ユニバーサル・エンターテイメント(c)2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. J.K. Rowling’s Wizarding World TM J.K. Rowling and Warner Bros. Entertainment Inc.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (c) J.K.R.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください