映画
ゲーム

10月7日(金)公開 クリス・パイン主演 映画『ザ・コントラクター』 日本オリジナル予告編 & 場面写真解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

軍事任務での負傷により特殊部隊から強制的に除隊させられたジェームス(クリス・パイン)。家族を養う為に彼が職を求めて行き着いた先は、退役軍人で構成された凄腕の民間軍事組織とその屈強なリーダー ラスティ(キーファー・サザーランド)だった。ラスティの命により、テロ組織が隠し持つ凶悪な生物兵器の奪取に挑むジェームス。かつての戦友であるマイク(ベン・フォスター)と精鋭チームを組んでアメリカからベルリンに飛び立った一行だが、任務が無事終了する間際、何者かの罠にはまって弾雨を浴びたチームは壊滅状態に陥ってしまう。一体だれが裏切ったのか? その真の目的は何なのか?ベルリンに取り残され追われる身となったジェームスは、全てを明らかにして家族の元に帰るため、たった独り熾烈な戦いに身を投じていく。

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

J・J・エイブラムス版『スター・トレック』映画シリーズで若きキャプテン・カークを演じたクリス・パインが、元最強特殊部隊の請負人(コントラクター)を演じ、世界を揺るがす陰謀に隠された真実を暴く―。『ジョン・ウィック』のスタッフが仕掛けるリベンジ・アクション大作『ザ・コントラクター』が遂に日本公開!

本作の主演を務めるのは、『スター・トレック』シリーズや『ワンダーウーマン』シリーズなど、大作、SF、アクションへの出演が続くクリス・パイン。米国特殊部隊グリーンベレー出身の軍事アドバイザーによる徹底的な訓練にも耐え、鍛え抜かれた肉体を駆使したリアルなアクションを披露し、元特殊部隊員役を見事に演じる。さらにはアカデミー賞ノミネート作『最後の追跡』でもクリスと共演したベン・フォスターや、「24 -TWENTY FOUR」シリーズのキーファー・サザーランド、曲者役の多い名バイ・プレイヤー エディ・マーサンなど名優たちが脇を固める。

本作をプロデュースしたのは、キアヌ・リーヴス主演のノンストップ・キリングアクション映画『ジョン・ウィック』シリーズの仕掛け人として賞賛を浴びたエリカ・リー、ベイジル・イヴァニク。両名の下、TVシリーズ「レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー」「ウエストワールド」でキャリアを積み、『The Nile Hilton Incident』(原題)でサンダンス映画祭ほか各国の映画祭で賞賛を浴びた新鋭タリク・サレーを監督に迎え、豪華キャストが織り成す陰謀と復讐の物語を壮大なスケールで映画化した。超豪華キャスト&一流スタッフらが新たに仕掛けるリベンジ・アクション大作がついに日本へ上陸する! なお本作のムビチケオンライン券が、8/5(金)からの販売予定となる。

 

 

この度本作の日本オリジナル予告編が完成!
また作品の世界観を感じ取れる、場面写真も到着しました!

 

 

今回完成した日本オリジナル予告編では、“国家に忠誠を誓った世界最強の兵士”というナレーションに乗せて、本作の主人公であるエリート特殊隊員のジェームス(クリス・パイン)が登場。上官から「君はクビだ。退職金と恩給は支給しない」というショッキングなシーンと共に、妻と幼い子供も現れて、ジェームス家が困窮している事を表現する。絶望の淵に打ちひしがれている一家の元に、一本の電話がかかる。「君の腕を見込んで、頼みたいことがある」という誘いが届くと、民間軍事組織のボス・ラスティ(キーファー・サザーランド)が出現して、危険な依頼内容を説明する。「報酬は破格だがこの任務はヤバい」という宣告の通り、“生物兵器のデータを奪う”という極秘任務を受けるジェームスだったが、身の危険を脅かすトラブルに巻き込まれていく事になる…。“無事に任務を完了するはずだった…”と映像内で語られるように、上手くいっていた任務だったのにも関わらず、何者かの罠にはまってしまい、警官隊の弾雨を浴びせられたり、ドイツ・ベルリンの橋の上では、バイクに乗りながら銃を撃ってくる危険な人物に狙われたりと、ハリウッド映画らしいド派手なアクションシーンが展開されていく。“『ジョン・ウィック』のスタッフが仕掛けるリベンジ・アクション”という、聞きしに勝るナレーションが耳に残り、“ジェームス独りぼっちの闘い”がどう展開していくのか。本作のストーリーが十二分に伝わる、秀逸な予告編が完成した!!

 

同時に解禁となる場面写真では、主演を務めるクリス・パインが、『スター・トレック』シリーズのカーク船長を彷彿とさせる銃を構えるカットから、軍服姿の逞しい姿も披露。スーツ & サングラス姿でキメた、端正な顔立ちのベン・フォスター。やっぱり機関銃が似合ってしまう、キーファー・サザーランド。曲者役の多い名バイ・プレイヤー エディ・マーサンの姿も映し出されており、円熟した俳優陣が集結した事が表されている。

 

 

【CAST & STAFF】

出演:クリス・パイン、ベン・フォスター、エディ・マーサン、キーファー・サザーランド ほか

監督:タリク・サレー/脚本:J・P・デイヴィス/製作:エリカ・リー、ベイジル・イヴァニク

2022年/アメリカ/英語/シネスコ/5.1ch/104分

MOTION PICTURE ARTWORK © 2022 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

 

 

2022年10月7日(金)新宿バルト9他 全国公開

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください