8月12日公開 映画『ストーリー・オブ・マイ・ワイフ』イルディコー・エニェディ監督のコメントが到着&ポスタービジュアルが解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

1920年のマルタ共和国。船長のヤコブ(ハイス・ナバ―)は、カフェに最初に入ってきた女性と結婚するという賭けを友人とする。そこにリジ―(レア・セドゥ)という美しい女性が入ってくる。ヤコブは初対面のリジ―に結婚を申し込む。その週末、二人だけの結婚の儀式を行う。幸せなひと時を過ごしていたが、リジ―の友人デダン(ルイ・ガレル)の登場によりヤコブは二人の仲を怪しみ嫉妬を覚えるようになる…。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

ハンガリーの鬼才=イルディコー・エニェディ監督×『アデル、ブルーは熱い色』のレア・セドゥ主演最新作『ストーリー・オブ・マイ・ワイフ』 が、8月12日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、ユーロスペースほか全国公開ほか全国公開される。この度、ポスタービジュアルが解禁となった。

<あなたに会った日から、私は愛を求めた。あなたと別れた日から、私は愛を知った。>

長編デビュー作『私の20世紀』(89)で、第42回カンヌ国際映画祭(89)にてカメラ・ドールを受賞、その後『心と体と』(18)で第67回ベルリン国際映画祭金熊賞(17)を受賞したハンガリーの鬼才=イルディコー・エニェディ監督最新作。

主演は、『アデル、ブルーは熱い色』(13)でカンヌ国際映画祭史上初めて主演女優としてパルムドールを受賞、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(21)や『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』(21)の好演も記憶に残るレア・セドゥ。
共演には『グッバイ・ゴダール!』(17)や『SAINT LAURENT サンローラン』(14)のルイ・ガレル。第74回カンヌ国際映画祭(21)コンペティション部門出品作。

物語はマルタ共和国のカフェで、船長のヤコブが友人と「最初に入ってきた女性と結婚する」と賭けたことから始まる大人のラブロマンス。1920年代の豪華賢覧な衣装と美しい風景は、レア・セドゥの小悪魔的な魅力を引き出している。
愛と嫉妬、騙し合い…。何が本当で何が嘘なのか。愛だけが真実なのか。今夏、21世紀を代表する心揺さぶる恋愛映画が誕生した。

この度解禁となったポスタービジュアルは、「出会った日に結婚した夫婦の官能的で切ない愛の道標」というキャッチコピーと共に、眼を閉じもたれかかったリジーをヤコブが後ろから抱きかかえるように支えているシーン。愛おしそうに寄り添う2人の幸せそうな表情を捉えたビジュアルとなっている。

 

 

脚本、監督を務めたイルディコー・エニェディは、本作について「私は『愛』『情熱』『ドラマ』『冒険』など人生の様々な色合いについて、この映画-男性であることの意味、女性であることの意味、人間であることの意味についての感情的な物語を作りました。リジーとヤコブ、レア・セドゥとハイス・ナバーそれぞれの一方ではなく、それぞれの特徴を理解しようとします。また、彼らは同じ人間の男性的な部分と女性的部分であったのかもしれません…。」とコメントしている。

 

 

 

 

出演:レア・セドゥ、ハイス・ナバー、ルイ・ガレル、セルジオ・ルビーニ、ルナ・ウェドラー監督・脚本:イルディコー・エニェディ  プロデューサー:モニカ・メーチ 原作:ミラン・フスト 撮影:マルツェル・レーブ 音楽:アダム・バラージュ2021/ハンガリー・ドイツ・フランス・イタリア/英語・フランス語・オランダ語・ドイツ語・イタリア語/シネマスコープ/169分原題:A felesegem tortenete    配給: 彩プロ PG-12(C)2021 Inforg-M&M Film  – Komplizen Film  – Palosanto Films  – Pyramide Productions  – RAI Cinema  – ARTE France Cinema  – WDR/Arte8月12日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、ユーロスペースほか全国公開

 

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください