映画
アニメ

映画『ALIVEHOON アライブフーン』本編&31テイクかけた貴重なメイキング映像を解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

解散の危機に瀕するドリフトチームがスカウトしたのは、内向的な性格から人付き合いが苦手だが、ゲームにだけは驚異的な才能を放つゲーマー・大羽紘一。実車でもその力を発揮する紘一だったが、彼の前に生死をかけてレースに挑む者たちが立ちはだかる。今、紘一の覚醒したテクニック・情熱・勇気、そしてチームワークは、バーチャルとリアルの壁をブチ破り、新たな極致へー

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

日本が生んだ、剛・速・美を競うドリフトレース。大地を揺さぶるエンジン音、猛烈な白煙、車輪をスライドさせながらコーナーを抜ける超絶ドライビングテクニックと全世界の度肝を抜いたアクロバティック&ダイナミックな競技──その魅力のすべてに迫る最高峰のドリフトエンターテイメント、映画『ALIVEHOON アライブフーン』が、先週6月10日(金)より公開、全国の劇場にて公開中です。

 

本作は、eスポーツ日本一のレーサーが、リアルドリフトの頂点を目指すというオリジナルストーリー。主演に野村周平、共演に吉川愛、陣内孝則、青柳翔、福山翔大といった豪華俳優陣が出演し、映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』でもテクニカル・アドバイザーを務めた、ドリフトキング・土屋圭市が監修する。監督・下山天が企画構想に3年を費やし、世界トップレーサーたちの実走出演でCGゼロの大迫力のリアルドリフトを描く。本作で描かれているeスポーツ「グランツーリスモSPORT」も、来年8月に映画化されることも決定しており、本作が先んじてeスポーツからリアルへというところを描いている点において、『ALIVEHOON アライブフーン』が今夏を盛り上げる映画であることは間違いなし!

 

6月10日より公開がスタートし、各地の劇場では、車好きの大人たちに加え、ファミリー層から、小中学生グループ、中高年夫婦など幅広く来場し、「車のことが詳しくない私でも食い入るように見てしまいました」「目と耳が幸せだったわぁ」「制作費用は全く違うだろうが、トップガンに負けず劣らずのいい作品だと思う。」「車好きな人向けの映画と思いきや、一般女子でも十二分に面白かった!」「何回も観たい映画です。」「もっと多くの人に見てもらいたい!!!」「カーアクション物の映画は映画館の大画面と爆音で見るのが1番ですね」と絶賛の声が多く寄せられ、Yahoo!映画4.5点と前週からレビュー評価が伸びさらに大満足の評価を獲得するなど、口コミによる盛り上がりを見せています!!

 

先の舞台挨拶でも話に挙がり、監修の土屋圭市も「これは難しい」と唸らせた、埠頭のドリフト練習でのシーンで観ることが出来る神業“ペットボトル5本倒し”。その本編シーンに加え、朝から撮影を開始し、31回のテイクを重ねて納得のいくシーンを撮影するまで夜までかかった貴重なメイキングシーンを初解禁。

 

 

きづき演じるTeamALIVEのメカニック田村の「いけるぞー!!」という発破に、1本、2本と本数を増やし撮影が進んでいく。この紫のチェイサーを運転するのは、先日のD1グランプリで単走、追走両レースで優勝を果たした中村直樹。ミリ単位での調整が必要となるこの撮影で、天才的な神業ともいえるコントロールでペットボトルをなぎ倒していくそのシーンは手に汗握る、ドキドキワクワクが止まらないシーンに仕上がっており、下山監督も撮影し終わった時は、「クランクアップしたみたいだった」と語るほど撮影スタッフも大満足するシーンとなっている。

 

ドリフトファン、本作ファン、そしてこれから劇場でご覧になられる方へ朗報!!

今週末の18日(土)には、立川シネマシティに於いて、こだわり抜いたサウンドシステムでリアル体感音響の極音上映で、野村周平、吉川愛、下山監督が登壇する舞台挨拶も決定!!ぜひ今週は、この激アツトークバトル&舞台挨拶を劇場で目撃ください!!

 

▼6月18日の舞台挨拶詳細はコチラ(https://www.tumblr.com/blog/view/alivehoon-news/686667014375424000?source=share)

その他、劇場トークイベントが続々開催されます!!

◆イオンシネマ弘前

【実施日】6月16日(木)18:30の回

【登壇】下山天監督(予定)

【インターネット販売】6/14(火)00:00~販売開始

劇場ページにて上映スケジュールで6/16(木)を指定して予約できます。

 

https://cinema.aeoncinema.com/wm/hirosaki/

※ワタシアタープラス登録会員の方に限り、ワタシアター会員は3日前の21時より購入可能です。

【劇場窓口販売】6/14(火) OPEN~販売開始

 

◆青森松竹アムゼ

【実施日】6月16日(木) 18:15の回

【登壇】下山天監督(予定)

【劇場窓口販売】6/16(木) OPEN~販売開始

 

◆フォーラム福島
【実施日】6月17日(金) 18:30の回

【登壇】下山天監督、瀬木直貴(予定)※敬称略

【インターネット販売】6/14(火)22:00〜販売開始

https://www.forum-movie.net/fukushima/news/22859

【劇場窓口販売】6/15(水)オープン時より

◆ミッドランドスクエアシネマ2
さらに!19日(日)は、名古屋ミッドランドスクエアシネマにて、小林総一郎(青柳翔)レースカー実走出演の横井昌志×下山天監督のトークイベントを開催!!

【実施日】6月19日(日)15:50の回

【会場】 ミッドランドスクエアシネマ2 (名古屋駅前 シンフォニー豊田ビル2階)

【MC】映画パーソナリティー・松岡ひとみ

【ゲスト】下山天 監督、横井昌志選手(小林総一郎(青柳翔)レースカー実走)
【インターネット販売】販売中!

https://ticket.online-midland-sq-cinema.jp/ticket/f0100.do?th=0201&mo=56191&sd=20220619&pe=1&sc=09&fl=0

【劇場窓口販売】6月4日(土) 劇場オープンより販売開始

 

度肝を抜くようなレースシーン、港や峠での走行シーンで観る人を魅了するシーン満載の本作品の臨場感と迫力は、是非劇場の大スクリーン&好音響の爆音で体感ください。

 

 

 

出演: 野村周平 吉川 愛 青柳 翔 福山翔大 / 本田博太郎
モロ師岡 土屋アンナ きづき / 土屋圭市(友情出演) / 陣内孝則

監督・編集: 下山天

エグゼクティブプロデューサー・企画原案:影山龍司

監修:土屋圭市

プロデューサー:瀬木直貴・沢井正樹

脚本:作道雄・高明

音楽:吉川清之

主題歌:「Hunter or Prey」(NOISEMAKER)

製作:「アライブフーン」製作委員会(無限フィルムズ・福島民報社・エコサンライト・コクーン・ソウルボート)製作協力:電通

後援:福島県・福島市・日本自動車連盟

配給:イオンエンターテイメント

©️2022「アライブフーン」製作委員会
https://alivehoon.com

 

 

 

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください