映画
アニメ

PlayStation4・Nintendo Switch・PC『メイドインアビス 闇を目指した連星』発売日が決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

株式会社スパイク・チュンソフトは、PlayStation®4/Nintendo Switch/PC Steam)向け3DアクションRPG『メイドインアビス闇を目指した連星』を、2022年9月1日(木に発売いたします。なお、Steam版は2022年9月3日(土)に発売予定です。
本日より全国のゲーム販売店及び販売サイトでパッケージ版の予約受付を順次開始。予約購入特典として、本作のキービジュアルを使用した「描きおろしアクリルアートパネル」をお付けいたします。
また、本作に登場する主要キャラクターのイラストやプロフィールを公開いたします。

 

■ゲーム概要
『メイドインアビス 闇を目指した連星』は、プレイヤー自身がアビスの世界に降り立ち、成長を重ねながら巨大な縦穴「アビス」の深層を目指すアクションRPGです。本作は原作者・つくしあきひと氏が監修し、原生生物との戦いや遺物の収集、アビスの呪いなど、深淵なるアビスの世界を3Dで完全再現し、原作テイストのダークファンタジーを存分にお楽しみいただけます。
本作には、アニメのストーリーを追体験しながら基本システムや進め方が学べる「HELLO ABYSS(ハローアビス)」と、新人探窟家としてアビスの深層に挑むオリジナルのストーリーが楽しめる「DEEPIN ABYSS(ディープインアビス」、2つのゲームモードを用意。原作キャラクターも数多く登場し、イベントシーンはアニメキャストによるフルボイスで展開します。

 

■予約購入特典

パッケージ版
『メイドインアビス闇を目指した連星』を予約購入された方に、本作のキービジュアルを使用した「描きおろしアクリルアートパネル」を特典としてお付けいたします。アビスの“深淵を目指す、新人探窟家たちの勇姿が鮮やかに描かれます。

<特典内容>
・描きおろしアクリルアートパネル

 

 

※画像はイメージです。
※デザインや内容、名称を予告なく変更する場合がございます。
※数量 に限りがございます

 

■ 主要キャラクターを紹介! ゲーム オリジナルキャラクターの同期生も登場!

 

主人公
CV 鬼頭明里
「DEEP IN ABYSS 」モード で操作できる 主人公 。
プレイヤー は 髪型や顔立ちなど、 自由に クリエイトできる。

 

 

リコ
CV 富田美憂
活発で好奇心旺盛な女の子。
夢は伝説の探窟家「白笛」になること。
ベルチェロ孤児院で暮らしていたが、母・ライザの白笛と手紙が見つかったことをきっかけにアビスの底を目指し、旅立つ。

 

レグ
CV 伊瀬茉莉也
自分が何者なのかを知るため、リコと一緒にアビスに旅立つ。真面目で見た目に反して口調も大人っぽいが、不測の事態に直面すると取り乱し、躊躇しがちになる。

 

ティアレ
CV 諏訪彩花
孤児院の同期生。
物静かで控えめな性格で、どちらかというと目立たない存在。身体能力が高いが、走るのは苦手。夢は白笛になってアビスの底に行くこと。

 

ドロテア
CV藤田茜
孤児院の同期生。
リコに憧れる天真爛漫な女の子。
天然なところもあり、そこが魅力でもあり、欠点でもある。すぐに競争したがる癖がある。

 

ラウル
CV藤原夏美
孤児院の同期生。
元気が取柄の男の子。思ったことを口にして失敗するタイプ。でも、どこか憎めない。

 

■ゲームスペック
タイトル:メイドインアビス闇を目指した連星
機種:PlayStation®4/Nintendo Switch/PC Steam
発売日:2022年9月1日予定 Steam版は2022年9月3日予定

希望小売価格:7,200円+税/パッケージ版・ダウンロード版
ジャンル:度し難いアクションRPG
プレイ人数:1人
CERO:Z 18歳以上のみ対象
©つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス「深き魂の黎明」製作委員会
Licensed to and Published by Spike Chunsoft Co.,Ltd.
※「PlayStation」は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。
※「NintendoSwitch」は、任天堂の商標です。
※その他、記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
※記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください