アニメ

映画『PLAN 75』予告編と本ビジュアル解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

【STORY】

世界でも速いスピードで高齢化が進んできた日本では、超高齢化社会に対応すべく75歳以上の高齢者が自ら死を選び、それを国が支援する制度<プラン75>が施行されることになった。制度の運用開始から3年――<プラン75>を推進する様々な民間サービスも生まれ、高齢者の間では自分たちが早く死ぬことで国に貢献するべきという風潮がにわかに広がりつつあった。

夫と死別後、ホテルの客室清掃の仕事をしながら、角谷ミチ(78歳)は⻑年⼀⼈で暮らしてきた。市役所の<プラン75>申請窓⼝で働いている岡部ヒロムや申請者のサポート業務を担当する成宮瑶子は、国が作った制度に対して何の疑問も抱かずに、業務に邁進する日々を送っていた。また、フィリピンから出稼ぎに来ていたマリアは高待遇の職を求め、<プラン75>関連施設での仕事を斡旋される。ある日、ミチは職場で高齢であることを理由に退職を余儀なくされる。職を失い、住む場所さえも失いそうになったミチは<プラン75>の申請手続きを行うか考え始め――。

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

 

第75回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション「ある視点」部門正式出品が決定した、倍賞千恵子主演映画『PLAN 75』が6月17日(金)に新宿ピカデリーほか全国公開となります。この度、予告編と本ビジュアルが完成し、解禁されました。
脚本・監督は、本作が長編初監督作品ながら、2022年カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション「ある視点」部門への正式出品という快挙を成し遂げた、早川千絵。「経済的合理性を優先し、人の痛みへの想像力を欠く昨今の社会に対する憤りに突き動かされて生まれた映画です。倍賞千恵子さん演じるミチという女性の姿を通して、人が生きることを全肯定する。そんな映画にしたい」と、是枝裕和監督が初めて総合監修を務めたオムニバス映画『十年 Ten Years Japan』の一篇『PLAN75』を再構築、キャストを一新し、長編映画化した。超高齢化社会に対応すべく75歳以上が自ら生死を選択できる制度<プラン75>が施行され、その制度に大きく翻弄される人々の姿を描いた衝撃作。昨年のカンヌ国際映画祭での受賞を皮切りに、本年度アカデミー賞○®国際長編映画賞に輝いた濱口竜介監督『ドライブ・マイ・カー』に続く快挙となるか、受賞への期待が高まっている。

 

主人公・角谷(かくたに)ミチを演じるのは倍賞千恵子。倍賞は脚本を読み、「最初は“酷い話”だと思ったのですが、物語の終盤でミチがある選択をする姿が描かれており、そこにものすごく心打たれ、惹かれて…それだけで出演を即決しました」と、ミチを演じる覚悟を決めたと振り返る。勤勉に慎ましく生きてきたミチだが、失職をきっかけに社会での居場所さえも失いかけることに…。それでも尚、自分で立っていたいと自身を追い込んでいく姿は、公に助けを求めにくい現代社会を投影しているかのようだ。<プラン75>に携わる側には磯村勇斗、河合優実を配し、他にたかお鷹やステファニー・アリアン、大方斐紗子、串田和美らが顔を揃えた。

 

この度、本作の本予告と本ポスタービジュアルが解禁となった。

 


予告編は、ホテルの客室清掃員として働くミチ(倍賞千恵子)が、<プラン75>のコールセンターからの電話を受け取る場面から始まる。「75歳以上の高齢者に、死を選ぶ権利を認め、支援する制度、通称<プラン75>が、国会で可決されました」と制度の施行を伝えるニュース音声が流れた後で、<死>の選択を迫られるプラン対象者のミチ、<死>を推奨する役所の申請窓口担当者のヒロム(磯村勇斗)、<死>を選んだお年寄りをサポートするコールセンターで働く瑶子(河合優実)ら、制度に翻弄される異なる立場の登場人物たちが描かれていく。働く意志があっても就職先が見つからず追い込まれていくミチ、自らの叔父が<プラン75>の申請に現れ戸惑うヒロム、対象者・ミチとの交流により自らが携わる制度に疑問を持ち始める瑶子ら登場人物たちの気持ちが揺れ動く様子が映像から伝わってくる。<プラン75>に翻弄される人々が行く着く先で見出した答えとは一体何なのか…。「あなたは生きますか?」という投げかけにより、架空の制度を媒介に「生きる」という究極のテーマを問いかける衝撃的な仕上がりとなっている。
また、本ビジュアルは、タイトルの下に「それは、75歳から自らの生死を選択できる制度――果たして是か、非か」というコピーとともに、<プラン75>に翻弄される人々の意味深な表情が切り取られている。彼女たちが最後に見いだす答えとは?センセーショナルな制度の全貌とは?2025年には国民の5人に1人が75歳以上になると言われる日本で、ここに映し出される状況は決して絵空事と言い切れない。制度を迫られる側、選ぶ側、携わる側、それぞれの行く末に想像が膨らむポスタービジュアルとなっている。

 

【CREDIT】

倍賞千恵子

磯村勇斗 たかお鷹 河合優実 ステファニー・アリアン 大方斐紗子 串田和美

 

脚本・監督:早川千絵

脚本協力:Jason Gray

企画・制作:ローデッドフィルムズ

製作:ハピネットファントム・スタジオ ローデッドフィルムズ 鈍牛俱楽部 Urban Factory Fusee

配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ

©2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fusee

公式サイト:https://happinet-phantom.com/plan75/ Twitter:@PLAN75movie #PLAN75

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください