アニメ
ゲーム

マーベル新作『ムーンナイト』:ダークでミステリアスなキャラクタービジュアル解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

全世界中に衝撃と感動を巻き起こした『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)をはじめ、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は全米累計興行収入が歴代3位という特大ヒットを記録。破格のメガヒット超大作により次々とエンターテイメント史を塗り替えてきたマーベル・スタジオが新たに贈る最新ドラマシリーズ『ムーンナイト』が3月30日(水)16時よりディズニー公式動画配信サービスDisney+(ディズニープラス)独占で日米同時配信を開始。

 

海外メディアからは「ファンタスティック!今まで見たことがない、まったく新しいヒーロー誕生のストーリー!」(BBC)「今までのマーベル作品とは一線を画している!MCUドラマシリーズの中でもっとも最高の作品だ」(TechRadar)「これは誰もが話題にするマーベル作品になるだろう。オスカー・アイザック演じる主人公の苦悩と完璧なまでの狂気。マーベル・スタジオは最高の作品を完成させた。」(University Film)など絶賛の声が相次いでいる。

 

この度、MCU史上、最もミステリアスなダーク・ヒーローの《混在する複数の人格》を捉えたキービジュアルが解禁。

 

中央で、怯えたようにも、威嚇するようにも見える表情をした男は、穏やかな性格の〈スティーヴン・グラント〉と、暴力と残虐性に満ちた〈マーク・スペクター〉という2つの人格を宿す本作の主人公。その彼の背後にムーンナイトとMr.ナイトが不気味に立ちふさがっている。
そして、一目でその凶暴性が伝わってくるほどの迫力を備えた<ムーンナイト>(※左)。さらに、純白の仮面とスーツに身を包んだ紳士“風”な〈Mr.ナイト〉(※右)の姿も…。背後には、弱った表情をしたスティーヴンらしき男の影も垣間見えるが、果たしてその関係性はー。

 

国立博物館のギフトショップで働く、いかにも平凡な男スティーヴンは、夜通し悪夢にうなされ、身に覚えのない“狂気に満ちた残酷”な記憶が蘇るなど幻覚に怯える日々を過ごしていた。自分はいったい誰なのか?何に怯えているのか?頭の中に響くのは“もう一人の自分”の声…。コントロールできないその人格に支配されたとき、暗殺者のマークが現れる。未だに多くの謎に包まれた、複数の人格を備えたダーク・ヒーローの活躍に期待したい。

 

「スター・ウォーズ」シリーズや、『X-MEN:アポカリプス』『DUNE/デューン 砂の惑星』などに出演し、本作でも高い表現力をもって全てを演じ分けたオスカー・アイザックは、「何役も演じ分けるのはすごく大変だったけど、僕はこの作品にすべてを注いだ。人々の心を揺さぶる作品になることを願っているよ」と自信を覗かせている。
オスカーに加え、本作のヴィラン、アーサー・ハロー役には俳優だけではなく、脚本・監督、舞台演出、小説を手掛け、幾度もアカデミー賞にノミネートされたイーサン・ホークも参戦。名優同士の熾烈な演技合戦にも注目が集まる。

 

観る者すべてを騙す超現実スリラー・アクション『ワンダヴィジョン』、キャプテン・アメリカの盾≪意志≫を継ぐヒーローを巡る物語『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』、“裏切り王子”の異名を持つヴィランが主人公の謎解きタイムトラベル・スリラー『ロキ』、アベンジャーズを辞めたい男が主人公の『ホークアイ』全世界で注目されるマーベル・スタジオのオリジナルドラマシリーズ。

注目の最新作であり、MCU史上最も<ミステリアス>なアクション・サイコスリラー『ムーンナイト』は3月30日(水)16時より日米同時配信開始。

 

▼配信情報┃タイトル:『ムーンナイト』┃配信表記:3月30日(水)よりディズニープラスにて独占配信開始┃クレジット:(C)2022 Marvel┃公式サイト:https://disneyplus.disney.co.jp/program/moon-knight.html

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください