アニメ

美少女格闘ゲーム『ファントムブレイカー:オムニア』ボイスコメント公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

2022年3月16日、ロケットパンダゲームズ(Rocket Panda Games, Inc. アメリカ・カリフォルニア州)は『ファントムブレイカー:オムニア』の発売に合わせて新キャラクターのボイスコメント映像の公開と、ロケットパンダゲームズの日本公式Twitterアカウントにてキャンペーンを開始しましたことをお知らせいたします。

 

2013年に日本国内向けに発売された2D格闘ゲーム

『ファントムブレイカー:エクストラ』からの大幅アップデート!

新キャラクターの登場やフルHDへの画質アップを行い、シリーズ初の全世界同時リリース!

 

■『ファントムブレイカー:オムニア』について

-THE FIRE IN YOUR HEART IS BURNING!

『ファントムブレイカー:オムニア』は、それぞれの願いを叶える為に戦う20名の個性豊かなキャラクターが集結したハイ・スピード2D格闘ゲームです。

簡単に必殺技を発動できる操作方法などの数々のゲームシステムは、新規プレイヤーの方にも入りやすく、ベテランプレイヤーも満足できるものとなっています。

 

また、公式サイトでは今作に繋がるオリジナルストーリーのウェブマンガや開発にまつわる裏話も公開しており、ゲームと合わせてお楽しみいただけます。

 

◆『ファントムブレイカー:オムニア』オリジナルストーリーはこちら

https://phantombreakeromnia.com/ja/manga/

 

■新キャラクターボイスコメントについて

今作で初登場となるアーティファクター(CV:中島 優衣)とマエストラ(CV:佐藤 舞)による『ファントムブレイカー:オムニア』の紹介を行っています。

描きおろしのキャラクターが表情豊かに動きながら話す姿をお楽しみいただけます。

 

■キャンペーンについて

『ファントムブレイカー:オムニア』の発売を記念して、ロケットパンダゲームズの日本公式Twitterアカウントにてフォロー&リツイートキャンペーンを開催中です。

ご応募いただいた方の中から抽選で20名様に新キャラクターのキャラクターボイスを務める中島優衣さん、佐藤舞さんのサイン入りオリジナルTシャツをプレゼントいたします。

 

 

・開催期間:2022年3月15日(火)~3月31日(木)まで

・実施アカウント:ロケットパンダゲームズ日本公式Twitterアカウント(@RocketPandaJA)

・応募方法:公式アカウント(@RocketPandaJA)をフォローの上、キャンペーンツイートをリツイート

 

ストーリー

物語の舞台は日本の首都、東京。謎の人物”ファントム”が暗躍し、美しきデュエリストたちを戦いへと誘う。

デュエリストたちは自らの願いを叶えるべく、F.A(Fu-mension Artifact)と呼ばれる武器を操り、バトルを繰り広げる。デュエリストたちの願いは…?また、その裏に隠されたファントムの陰謀とは…?

戦いを制し、願いを叶えるのは誰なのか!?

 

■ロケットパンダゲームズについて
ロケットパンダゲームズは「今までと違う切り口でゲームを世に送り出す」ことを掲げ、2020年にアメリカ カリフォルニア州に設立したゲーム販売会社です。
『ファントムブレイカー:オムニア』を皮切りに、今後は新しいゲームクリエイターの発掘、発売を行い、まだ知られていない面白いゲームを世界中に広める活動をしていきます。

【ロケットパンダゲームズ公式サイト】
https://rocketpandagames.com/

【ロケットパンダゲームズ公式Twitter】
https://twitter.com/RocketPandaJA

 

■製品概要
・タイトル:ファントムブレイカー:オムニア
・発売日:2021年
・ジャンル:美少女対戦格闘ゲーム
・価格:未定
・開発:MAGES.
・販売元:Rocket Panda Games
・対応機種:Xbox One、PlayStation4、Nintendo Switch™、PC(Steam)
・プレイ人数:1~2名(オンライン対応)

 

■『ファントムブレイカー:オムニア』公式サイト
https://phantombreakeromnia.com/ja/

© MMXX Rocket Panda Games, Inc. Licensed by MAGES.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください