アニメ

マーベル新作『ムーンナイト』:USキービジュアル&場面写真解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

 

全世界歴代興行収入No.1を記録し、世界中に衝撃と感動を巻き起こした『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)をはじめ、先日全米で公開された『スパイダーマン/ノー・ウェイ・ホーム』はオープニング興行収入が全米歴代3位という特大ヒットなど、破格のメガヒット超大作によって次々とエンターテイメント史を塗り替えてきたマーベル・スタジオ。
劇場映画にとどまらず、『ワンダヴィジョン』、『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』、『ロキ』、『ホークアイ』と話題のオリジナルドラマシリーズを続々とリリースするマーベル・スタジオが新たに贈る最新ドラマシリーズ『ムーンナイト』が3月30日(水)16時よりディズニー公式動画配信サービスDisney+(ディズニープラス)独占で日米同時配信開始。
この度、MCU史上、最もミステリアスなダーク・ヒーロー<ムーンナイト>の謎に満ちたその姿を捉えたキービジュアルが全世界で解禁された。
ダークな黒一色を背に、顔左側にスティーヴン・グラント、そして右側には未だ謎に包まれているムーンナイトの二つの顔が描かれ、混在する複数の人格を見て取れる。
また、 解禁された場面写真では回りに人が倒れ、戦いの後をうかがわせるムーンナイトと神妙な面持ちで電話を受けるスティーヴンを捉えている。

 

> 「区別がつかない。現実なのか、夢なのか―」
本作の主人公は国立博物館のギフトショップで働く“穏やかな性格”の男スティーヴン・グラント。
平凡な日々を送る彼はある悩みを抱えていた。それは、時に記憶が飛び、時にスティーヴンの身に覚えのない“狂気に満ちた残酷”な記憶が蘇るという幻覚。自分はいったい誰なのか?何に怯えているのか?──頭の中に響くのは“もう一人の自分”の声…。コントロールできないその人格を受け入れたとき、“暴力と残虐性に満ちた人格”のマーク・スペクターが現れ、白スーツに身を包んだダーク・ヒーロー<ムーンナイト>が誕生する。
ムーンナイト(マーク/スティーヴン)を演じるオスカー・アイザックが「“私たち”はムーンナイトだ」とコメントを残す通り、複数の人格を持つ主人公の苦悩と葛藤を、ドラマチックかつミステリアスに描く本作。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)と世界観を共有しながらも、新たな独自のトーンで描かれる『ムーンナイト』は、今までに観たことのない世界を見せてくれるだろう。

 

ムーンナイト役に抜擢されたのは「スター・ウォーズ」シリーズのポー・ダメロン役をはじめ、『X-MEN:アポカリプス』では古代エジプトから生き続ける最強のミュータント アポカリプス役などを務めたオスカー・アイザック。
さらにムーンナイトに立ちはだかるアーサー・ハロー役には俳優だけではなく、脚本・監督、舞台演出、小説を手掛け、幾度もアカデミー賞にノミネートされたイーサン・ホーク。監督にはカンヌ映画祭への選出歴を持つ、エジプト出身の新進気鋭監督モハメド・ディアプ、インディペンデント系ホラー映画を手掛けてきたジャスティン・ベンソン&アーロン・ムーアヘッドのコンビが抜擢されている。

 

観る者すべてを騙す超現実スリラー・アクション『ワンダヴィジョン』、キャプテン・アメリカの盾≪意志≫を継ぐヒーローを巡る物語『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』、“裏切り王子”の異名を持つヴィランが主人公の謎解きタイムトラベル・スリラー『ロキ』、アベンジャーズを辞めたい男が主人公の『ホークアイ』全世界で注目されるマーベル・スタジオのオリジナルドラマシリーズ。

注目の最新作であり、MCU史上最も<ミステリアス>なアクション・サイコスリラー『ムーンナイト』は3月30日(水)16時より日米同時配信開始。

 

 

■ディズニープラスとは:Disney+ (ディズニープラス)は、ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービス。ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの名作・話題作に加え、スターブランドとして大人が楽しめるドラマや映画も。ここでしか見られないオリジナル作品も見放題。公式サイト:https://www.disneyplus.com/ja-jp公式Twitter:@DisneyPlusJP公式 Instagram:@DisneyPlusJp

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください