『べロゴリア戦記』まるでドラクエ!?そっくりな個性的キャラクター達が続々登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

ベロゴリア戦記 第1章:異世界の王国と魔法の剣 <ストーリー> 人気TV番組に魔術師として出演するイワン。もちろん魔術が使えるわけではなく、孤児院で育ち口先だけで生き抜いてきたペテン師。騙した相手は数知れず、その日も嘘がばれて逃走劇を繰り広げる中、プールのウォータースライダーに逃げ込む。だが、そこを抜けると全く見覚えのない世界が目の前に広がっていた―。待ち受けていた老爺から、ここはイワンが生まれたベロゴリア王国で、イワンは伝説の戦士イリヤが人間界に隠した息子だと聞かされる。そして、闇に支配されようとしている王国を救う救世主として召喚されたというが、イワンが手にしていたのは電波の届かないスマートフォンだけだった―。

 

 

ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師 <ストーリー> イワンたちの活躍によって平和を取り戻したベロゴリア王国。イワンは毎日のように魔法の剣を使い人間界と王国を行き来し、最新家電を王国に持ち込んで快適な生活を送っていた。しかし、恋人となったヴァシリーサは文明を嫌い、結婚して人間界に引っ越すことには消極的だった。そんな中、各地から戦士が集まり力比べの競技会が開催されるが、イワンは能力がなかなか目覚めず、さらには恋のライバルも現れて苛立っていた。ヴァシリーナにアピールするため一念発起して競技会に参加するが、そこにヴァルヴァラが魔法の剣を奪うために再び現れる。しかし、魔法の剣はイワンの使い過ぎで魔力を失っていた―。

 

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

本国No.1大ヒットを記録。ディズニー・ロシアによる「異世界」エンターテインメント『ベロゴリア戦記 第1章:異世界の王国と魔法の剣』(全国絶賛公開中)と、『ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師』がいよいよ12/3(金)より全国ロードショーいたします。

 

 

アニメやライトノベル等で空前の人気を誇る「異世界転生・転移」作品。本作は、人間界でペテンを働く男が異世界の王国に転移し、王国の危機を救う救世主に祭り上げられるアクション・アドベンチャー。バーバ・ヤーガやヴォジャノーイ等おとぎ話や伝説のキャラクターも多数登場。ディズニー・ロシアによるファンタジーに彩られた世界観と、最先端のVFXを駆使した映像は、ロシアのアカデミー賞と称されるゴールデン・イーグル賞においてメークアップ賞と特殊効果賞を受賞。まさに、異世界ものの王道を映像化したエンターテイメント作品に仕上がっている。第1章は、ロシア公開時に第1位を獲得し大ヒットを記録。続く第2章も第1位を獲得し、ロシア本国でシリーズの圧倒的な人気を確立。そして、待望の第3章が今年の12月にロシアで公開を控えている。

 

天涯孤独の身で、人々を騙しながら生きてきたイワン。そんな男が異世界ベロゴリア王国を救う最後の希望となる。しかし、王国の存亡にはこれっぽっちも興味無し。イヤイヤながらも冒険の旅へと出発するが―。第1章では、人間界のペテン師が異世界転移で勇者となるかが描かれる。第2章では、平和を取り戻したベロゴリア王国。しかし、新たなる危機はすぐそこに迫っていた。再来した魔女ヴァルヴァラを従えるのは、まさかの人物。イワンたちは再び冒険の旅へと出発するが―。チート能力を手に入れ異世界の危機を救えるかが描かれる。

 

まるでドラクエ!?そっくりな個性的キャラクター達が続々登場するリアルRPG映画!

 

▲ヴォジャノーイ

 

 

第1章が劇場公開され、その奇抜なキャラクター造形や、予想外の展開に話題沸騰中の『ベロゴリア戦記』。本作を鑑賞した観客からは「ドラクエに似ている」といった声も上がっている。人間界から転移した勇者のイワンが、闇に支配されようとするベロゴリア王国を救うため、仲間たちと共に旅に出るというストーリーもRPG的な展開だが、ストーリー以外にも登場するキャラクターがドラクエと似ていると話題となっている。例えば第1章に出てくる「ヴォジャノーイ」はロシアに伝わる水の妖精がモチーフとされ、ドラクエの海の魔物を束ねる魔人「グラコス」によく似た外観をしている。他にも第1章に登場するロシアに伝わる三つ首の竜” ズメイ”がモチーフといわれる「」は、ドラクエの「飛竜」と、第1章で主人公イワンの味方となり第2章にも登場する「巨人」は、ドラクエの「レドノフ」に似ている。第2章では新たに、ロシア民話が元ネタの「コロボーク」と呼ばれる頭部だけの怪物が登場するが、ドラクエの「スマイルロック」によく似た見た目をしている。ロシア民話を参考に生み出された個性的なキャラクターが数多く登場する『ベロゴリア戦記』と、神話などを参考にした「ドラクエ」とは共通点が多いのかもしれない。ここに挙げた以外にも、映画に登場するキャラクターの参照元となるロシア民話や神話などを知ると、より映画の世界が深く味わえるはず…!

気になった方はぜひ劇場で『ベロゴリア戦記』をご覧いただきたい!

 

 

出演:ヴィクトル・ホリニャック、ミラ・シヴァツカヤ、エカテリーナ・ヴィルコワ、コンスタンチン・ラヴロネンコ「ワールドエンド」、エレナ・ヤコブレワ、セルゲイ・ブルノフ

監督:ドミトリー・ディアチェンコ

脚本:ヴィタリー・シュリャッポ、ドミトリー・ジャン、ワシリー・クツェンコ、パヴェル・ダニロフ、イゴール・トゥドヴァセフ

音楽:ジョージ・カリス「ガガーリン 世界を変えた108分」
※≪1章≫撮影:セルゲイ・トロフィモフ「ワールドエンド」「ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR」/≪2章≫撮影:パヴェル・カピノス

 

belogorie.jp

≪第1章≫ 2017年/ロシア映画/ロシア語/114分/シネスコ/5.1ch/字幕:中沢志乃/映倫G/原題:The Last Warrior/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム ⒸDisney 2017 ⒸYBW Group 2017

≪第2章≫ 2021年/ロシア映画/ロシア語/121分/シネスコ/5.1ch/字幕:中沢志乃/映倫G/原題:The Last Warrior: Root of Evil/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム ⒸDisney 2020 ⒸYBW Group 2020

 

第1章:絶賛公開中

第2章:12/3(金)より全国ロードショー

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください