アニメ

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』ディズニープラスにて見放題配信スタート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

〈最新式ロボット型デバイス<Bボット>―それは、スマホよりハイテクなデジタル機能に加えて、持ち主にピッタリな友達まで見つけてくれる夢のようなデバイス!そんな<Bボット>で誰もが仲間と繋がる世界で、友達のいない少年バーニーの元に届いたのはオンライン接続もできないポンコツ・ボットのロンだった。出会うはずのなかった1人と1体が‟本当の「友情」“を探すハートウォーミング・アドベンチャーが今、始まる―

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

イギリスの新進気鋭のCGアニメーションスタジオ・ロックスミス・アニメーション初の劇場長編アニメーション作品となる映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』。ウォルト・ディズニー・ジャパン配給によって10月22日(金)より全国公開した本作が、この度早くも12月15日(水)からディズニープラスにて見放題配信のスタートが決定した!

 

最新式のロボット型デバイスとして登場する<Bボット>はネット、写真、通話、TV、ゲーム、音楽などあらゆるデジタル機能に加えて、さらには持ち主にピッタリな友達も見つけ出してくれるという夢のようなデバイス。誰もがそんな<Bボット>と暮らしている世界で、友達のいない少年バーニーのもとに届いたのは不良品の<Bボット>のロンだった。オンラインに接続できず、スマートな友達探しをすることができないロンが、バーニーの友達づくりのため、「友達になって」とお手製の“友達リクエスト”シールを街中に貼って回るアナログに奮闘する姿に、公開当時のSNS上でも「SNS世代はものすごく共感できる作品!」、「ポンコツでも一生懸命なロンの姿にもっと愛着湧きすぎて最後のシーンは涙…」と共感と感動の声が多数上げられていただけに、今回のサブスク配信にも歓喜の声が寄せられるに違いない。

 

気鋭の英国アニメーションスタジオが贈る、”SNS世代”共感必至の感動作がSVOD配信

アニメーション制作は、本作が初の映画制作となるイギリスの新進気鋭のCGアニメーションスタジオ:ロックスミス・アニメーションスタジオ。監督は、世界的人気アニメーション「ひつじのショーン」のTVシリーズを手掛けてきたジャン・フィリップ・ヴァインと、ロックスミス・アニメーションスタジオの創設者でもあるサラ・スミスが共同で務める。サラ監督が自身の子供世代に向けて、作品に込めた<SNSコミュニケーションとの付き合い方><人と面と向かって対話をする大切さ>といったメッセージが、劇場で観られなかった人へも今後は届けられ、大きな広がりを見せるだろう。

 

今より少し未来の超デジタル時代の、“ひとりぼっち”の少年と”ポンコツ“ロボットの本当の友情を探す冒険を描いた『ロン 僕のポンコツ・ボット』を、何度でも鑑賞してほしい。

 

 

ディズニープラスとは:

Disney+ (ディズニープラス)は、ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービス。ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの名作・話題作に加え、スターブランドとして大人が楽しめるドラマや映画も。ここでしか見られないオリジナル作品も見放題。

© 2021 Disney and its related entities

公式サイト:https://disneyplus.jp/   ◎公式Twitter:@DisneyPlusJP   ◎公式 Instagram:@DisneyPlusJp

 

◆タイトル:『ロン 僕のポンコツ・ボット』

◆原題:RON’S GONE WRONG

◆監督:ジャン・フィリップ・ヴァイン、サラ・スミス

◆制作:ロックスミス・アニメーション

◆配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

◆コピーライト:©2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

 

12月15日(水)よりディズニープラスにて見放題配信!

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください