アニメ
ゲーム

映画『ハロウィン KILLS』ジェイミー・リー・カーティス日本限定インタビュー映像ご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

この度、全米でNo.1ヒットを記録した映画『ハロウィン』の続編となる『ハロウィン KILLS』が10月29日(金)のハロウィンシーズンにTOHOシネマズ日比谷、渋谷シネクイントほか全国公開となります!(配給:パルコ ユニバーサル映画

 

1978年、鬼才ジョン・カーペンターが生み出した『ハロウィン』(78)は、32万5000ドルの製作費で4716万ドルの全米興行収入を記録。映画史に残るホラー・アイコン“ブギーマン”を生み出し、数多くの作品やクリエイターたちに影響を与え続けている。その78年版から40年後を描いた正統な続編『ハロウィン』(18)は、2018年10月19日に全米で公開されオープニング興収7622万ドルを記録、最終的に全米1億5934万ドル、全世界で2億5561万ドルを稼ぐ大ヒットとなった。また、興行的成功のみならず、批評家からや観客からも高い評価を獲得した。

 

『ハロウィン KILLS』で監督・脚本・製作総指揮を務めたのは、前作に引き続きデヴィッド・ゴードン・グリーン。キャラクター原案、製作総指揮、音楽をシリーズ生みの親である巨匠ジョン・カーペンターが務め、『透明人間』『ハッピー・デス・デイ』など良質ホラー作品を量産する“恐怖の工場”ブラムハウス・プロダクションズを率いるジェイソン・ブラム(製作)、ダニー・マクブライド(製作総指揮・脚本)ら、前作からの強力な布陣が再集結。主人公ローリー・ストロードを演じるのは1978年製作の『ハロウィン』からシリーズを支え続けるジェイミー・リー・カーティス。そしてローリーの娘カレン役のジュディ・グリア、孫娘アリソン役のアンディ・マティチャックも続投し三世代でブギーマンに立ち向かう!!

 

 

日本での公開に先駆け、10月15日(金)よりついに全米での公開がスタートした『ハロウィンKILLS』。公開3日間で5,035万ドルと日本円にして50億円超えとなる驚異的なオープニング成績を叩き出し、『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』を抑え首位デビューを飾った。2021年公開のホラー映画としては『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』の4,754万ドルを超え、ナンバー1ヒットのホラー映画となった。(数字はBoxofficemojo調べ)

 

ジェイミー・リー・カーティスから日本のファンへサービス日本だけのスペシャルインタビュー映像解禁!

 

 

いよいよ今週末の公開を控え、この度、ローリー役を演じたジェイミー・リー・カーティスのインタビュー映像が到着した!

 

完成作に満足しているというジェイミー。「デヴィッド(監督)は、映画オタク。彼は、三部作を作るならば、真ん中の映画はすごく派手でなければならないと言っていた。ビッグで、うるさくて、上を行くものでないといけない、とね。ミュージカルにたとえるならば、これはシンバルの音がバンバン鳴るような、うるさい曲。それにノンストップ。続編として、それはとてもエキサイティングだと私は思う。これは退屈させない。退屈ではなく、強烈」と本作についてコメント。『ハロウィン』(78)からのカムバックしたオリジナルキャストとの再共演については、「信じられなかったわ。カイル・リチャーズは8 歳だったのよ。8歳!私が19歳だった時、彼女は8歳だったの。今や私たちはどちらも歳を取った女性(笑)。彼女には子供が4人いる。彼女はビジネスで成功している。(再会は)とても素敵だった。感情的になった。みんな涙を流していたわ。お互いを見つめて「信じられる?あれだけの年月を経て、今、私たちはまた一緒にここにいるのよ」という瞬間があった。本当に美しい再会だったわ」と語る。また、40年以上もの間『ハロウィン』シリーズに携わってきたジェイミーは、「『ハロウィン』は私の女優としての人生にすべてを与えてくれた。人生を生きている中で後ろを振り返ってみると、すべては何かにつながっている。あの映画は、私が女優になる、いえ、本当の女優になるチャンスをくれた。キャラクターを作り上げるチャンスも。そして映画が成功し、そのつながりで今の私がある。ジョン・カーペンターとデブラ・ヒルに感謝をしてやまないわ。彼らがいなかったら、今の私にあるものは、どれも存在しなかったのだから。」と自身のキャリアに本シリーズが欠かせないことを感慨深げに述べた。

 

最後に、日本のファンに向けて「どうもありがとう!」と日本語で呼びかけるサービス満点なジェイミー。「みなさんのサポートに感謝します。この映画はすごくショッキングで、怖くて、超バイオレントなので、覚悟してくださいね。街と人々が抱えるトラウマを描く物語です。キャリアの初期の頃から、私には日本のファンがいてくれました。そのことには個人的にとても感謝しています。皆さんに神の思し召しがありますように。お気をつけて。この映画を楽しんでください」そして、「このシリーズのどれか1本で来日したいと願っているのだけれど。次かしらね。」とのこと!次回作こそ来日実現なるか⁈

 

 

 

監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン 

脚本:スコット・ティームズ、ダニー・マクブライド、デヴィッド・ゴードン・グリーン

製作総指揮:ジョン・カーペンター、ジェイミー・リー・カーティス、デヴィッド・ゴードン・グリーン

製作:マレク・アッカド、ジェイソン・ブラム、ビル・ブロック 

音楽:ジョン・カーペンター、コーディ・カーペンター、ダニエル・デイヴィス

出演:ジェイミー・リー・カーティス、ジュディ・グリア、アンディ・マティチャック、ウィル・パットン、トーマス・マン、アンソニー・マイケル・ホール

配給:パルコ 宣伝:スキップ

2021年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/原題:HALLWEEN KILLS/106分/R-15

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください