アニメ
ゲーム

実写版 Netflixシリーズ『カウボーイビバップ』 日本版キャスト決定!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

株式会社サンライズ(本社:東京都杉並区、代表取締役社長:浅沼誠)が世界最大級のオンラインエンターテインメントサービスを提供するNetflix、トゥモロースタジオとともに制作を手がける、初の実写版Netflixシリーズ『カウボーイビバップ』の日本語版キャストが決定しました。

11月19日(金)よりNetflixにて全世界独占配信される、本作の日本版吹き替えのキャストとして、主人公スパイク・スピーゲルを山寺宏一、ビシャスを若本規夫、フェイ・ヴァレンタインを林原めぐみ、ジュリアを高島雅羅、ジェット・ブラックを楠大典が演じ、ほかに垂木勉、長沢美樹、土師孝也、堀内賢雄、磯辺万沙子、朴璐美、緑川光の豪華キャストが参加いたします。

23年の時を超え再びスパイクを演じることになった山寺宏一は、「カウボーイビバップは僕にとって本当に大切な作品です。実写版が作られる事を心待ちにしていました。アニメ版へのリスペクトを強く感じ感動しています。

今回スパイクを見事に演じているジョン・チョーさんの演技に合わせつつ、自分が演じてきたスパイクの雰囲気もしっかり出せればと思っています。実写版ならではの設定や展開も多々あります。ビバップを好きだった方にも、全く知らなかったという方にも楽しんでいただけたら嬉しいです!」と熱い想いを寄せました。

また、日本のNetflixで既に配信中のアニメシリーズが、10月20日(水)からNetflixにて全世界配信されることも決定。原作アニメシリーズの監督を務めた渡辺信一郎は、全世界190カ国での配信について、「カウボーイビバップの世界が、20年以上経った今、そしてこれからも続いていくのは、驚きでありとても光栄です」と喜びを語りました。
1998年以来多くのファンを魅了してきたアニメ版、そして11月19日(金)から配信となる待望の実写版『カウボーイビバップ』がこの秋、世界に新たな感動と興奮を巻き起こします。

アニメシリーズ配信決定PV

(10/13(水)午前8時一般公開)<実写版> Netflixシリーズ『カウボーイビバップ』について
『カウボーイビバップ』は、通称”カウボーイ”と呼ばれる3人の賞金稼ぎが、それぞれの過去から逃れようとアクション満載の激しい戦いを繰り広げる、宇宙を舞台にした西部劇です。個性豊かで命知らずなスパイク・スピーゲル (ジョン・チョー)、ジェット・ブラック (ムスタファ・シャキール)、フェイ・ヴァレンタイン (ダニエラ・ピネダ) は、はみ出し者とひねくれ者が集まった3人組。彼らは高額な賞金を狙って、太陽系にはびこる凶悪な犯罪者たちを追跡します。しかし、賞金首たちとの乱闘を繰り返しながら軽口をたたいている日々も長くは続かず、彼らの背後には暗い過去の影が迫ります。

人気アニメシリーズを原作とした実写版『カウボーイビバップ』で製作総指揮を務めるのは、Midnight Radioのアンドレ・ネメック、ジェフ・ピンクナー、ジョシュ・アッペルバウム、スコット・ローゼンバウム、トゥモロースタジオのマーティ・アデルスタインとベッキー・クレメンツ、株式会社サンライズの浅沼誠、佐々木新、尾崎雅之のほか、ティム・コディントン、藤村哲也、マイケル・ケイトルマン、マシュー・ウェインバーグ、クリストファー・ヨストら。ネメックはショーランナーも担当します。また、原作アニメシリーズの監督である渡辺信一郎が本シリーズの監修を務めるほか、原作アニメの楽曲を担当した菅野よう子が本実写版でも再び音楽を手掛けます。なお、本シリーズには、

ビシャス役のアレックス・ハッセルとジュリア役のエレナ・サチンも出演します。

■日本版キャスト
スパイク・スピーゲル:山寺宏一

ビシャス:若本規夫
フェイ・ヴァレンタイン:林原めぐみ
ジュリア:高島雅羅
ジェット・ブラック:楠大典
パンチ:垂木勉
ジュディ:長沢美樹
テディ・ボマー:土師孝也
グレン:堀内賢雄
マオ:磯辺万沙子

シン:朴璐美 リン:緑川光

作品サイト:www.netflix.com/CowboyBebop
配信:11/19(金)より、Netflixにて全世界独占配信(全10話)

 

■オリジナルアニメシリーズ『カウボーイビバップ』とは


『カウボーイビバップ』は、未来の太陽系で賞金のかかった犯罪者を追って宇宙を飛び回る通称“カウボーイ”と呼ばれる賞金稼ぎを生業とする主人公と、彼の個性的な宇宙船の乗組員が、多額の損害賠償を抱えながらも、太陽系で遭遇する危機的状況を乗り越えながら世界を救うさまを描くスペース・ウエスタンを題材としたサンライズのオリジナルアニメーション作品です。1998年に日本でテレビ放映し、2001年には劇場版が公開されました。その人気は世界中に広がり、特に欧米ではテレビ放映、配信、パッケージ販売などさまざまな形で今もなおたくさんの方にお楽しみいただいています。また1998年第3回アニメーション神戸で作品賞(テレビ部門)、2000年日本SF大会で星雲賞(メディア部門)を受賞するなど、評価も非常に高い作品です。

 

アニメ「カウボーイビバップ」公式HP:http://www.cowboy-bebop.net/
■アニメ「カウボーイビバップ」©表示
<日本語表示>©サンライズ
<英語表示>©SUNRISE
※画像素材を掲載・使用される際は、必ず上記の©表示を記載いただきますよう、
 お願いいたします。
【株式会社サンライズについて】
株式会社サンライズ(本社:東京都杉並区、代表取締役社長:浅沼誠)は、株式会社バンダイナムコホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役社長:川口勝)のグループ会社で、アニメーションを中心とした映像製作会社として、
「機動戦士ガンダム」、「ラブライブ!」、「コードギアス」、「カウボーイビバップ」など人気シリーズを数多く手掛けています。また著作権の管理・運用も行い、配信やライブエンタテインメント、海外展開などIPを活用した事業にも注力し、アニメーションの枠にとらわれないさまざまな形で、「ゼロからイチを生み出す企業」という企業理念のもと、新規IPの創出、そして既存IPのイノベーションに取り組んでいます。
(IP:Intellectual Property キャラクターなどの知的財産)

ホームページ:https://sunrise-inc.co.jp

 

【Netflix (ネットフリックス)について】


Netflixは、190ヵ国以上で2億900万人の有料メンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級の動画配信サービスです。各種受賞作を含む幅広いジャンルのシリーズやドキュメンタリー、長編映画などを多くの言語で配信しています。あらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけ映画やシリーズを楽しんでいただけます。また、一人ひとりの好みに合わせた作品をおすすめする独自の機能により、観たい作品が簡単に見つかります。広告や契約期間の拘束は一切ありません。

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください