ゲーム

映画『最後の決闘裁判』​大白熱の記者会見&大熱狂のワールドプレミア開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

リドリー・スコット監督がマット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレックという豪華キャストを迎え、歴史を変えた世紀のスキャンダルを描く実話ミステリー。

中世フランス──騎士の妻マルグリットが、夫の旧友に乱暴されたと訴えるが、彼は無実を主張し、目撃者もいない。真実の行方は、夫と被告による生死を賭けた“決闘裁判”に委ねられる。それは、神による絶対的な裁き──勝者は正義と栄光を手に入れ、敗者はたとえ決闘で命拾いしても罪人として死罪になる。そして、もしも夫が負ければ、マルグリットまでもが偽証の罪で火あぶりの刑を受けるのだ。果たして、裁かれるべきは誰なのか?あなたが、 この裁判の証人となる。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

アカデミー賞®︎作品賞を受賞した『グラディエーター』などの名匠リドリー・スコット監督が、アカデミー賞脚本賞®︎を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』のマット・デイモンベン・アフレック24年ぶりにタッグを組んで参加した脚本を映画化!

 

マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレック、そして2019年にエミー賞主演女優賞を受賞した注目の演技派女優ジョディ・カマーという豪華キャストを迎え、歴史を変えた世紀のスキャンダルを描く実話ミステリー『最後の決闘裁判』が日米同日の10月15日(金)に公開となる。

 

 

9月1日に開幕した第78回ヴェネチア国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門に出品されている『最後の決闘裁判』は現地時間9月10日にワールドプレミアを実施。マット・デイモン、ベン・アフレック、ジョディ・カマー、脚本家のニコール・ホロフセナー、そしてリドリー・スコット監督が水上バスで華やかに登場すると、大きな歓声が沸き起こり、多くのファンの声援に答えサインや写真撮影に笑顔で応じた。

 

事前に行われた記者会見には、世紀の決闘裁判に挑む騎士カルージュを演じたマット・デイモン、騎士たちの運命を揺さぶる主君ピエール伯を演じたベン・アフレック、女性が声を上げることのできなかった時代に立ち上がり、裁判で闘うことを決断した勇気ある女性マルグリットを演じたジョディ・カマー、マット&ベンと共に脚本を担当したニコール・ホロフセナー、名匠リドリー・スコット監督が登壇。

 

本作は、史実としていまだに真相不明なフランス最後の決闘裁判を、事件を告発した被害者(ジョディ・カマー)、被害者マルグリットの夫(マット・デイモン)、訴えられた容疑者(アダム・ドライバー)の、3つの視点で描く三幕構成になっている。すでに作品を観た記者たちからの質問に、マットとベンが思わずマイクの取り合いをするほど熱のこもった質疑応答となった。

 

原作の映画化を検討し始めたマット・デイモンは「読んですぐにリドリー・スコット監督のことが頭に浮かんだ。リドリー以外にこの時代のものをうまく表現できる監督はいないんじゃないかと思ったんだ」と語り、マットから連絡をもらったリドリーは「マットが取り憑かれたように『羅生門』の話をしていたんだよ。一つの行為が三つの視点で語られることをね。私がこの作品に惹きつけられたのはそれが理由だ」と明かす。さらにベン・アフレックは「マルグリットのキャラクターに惹かれた。勇敢でとても強く、危険を覚悟で正義を行おうとしている。観ている人に共感が生まれてほしい物語だし、私たちも違った見方が必要だということを思い起こさせることができればと願っている」と語り、現代的なテーマへ一石を投じる側面があることを示唆した。

 

歴史的には男性側の視点でしか記録や資料が残されておらず、これまで抜け落ちていたマルグリットの視点を描くために、マットとベンは女性の脚本家が必要だと考え、優れた脚本家であるニコール・ホロフセナーをチームに参加させた。さらに、マルグリットを演じるジョディ・カマーを積極的に脚本会議に参加させて意見を募った。ジョディは「脚本では3つのシーンで3つの同じセリフが書かれているけれど、すべてはそれをどう演じるかにかかっている。微妙なニュアンスや表現の違いを観客の皆さんに感じ取って欲しい。私は同じセリフを言う、それを相手が全く違う態度で受け止める。それがこの三人の脚本家たちがこの映画にもたらした力だと思う」と、共にマルグリットという女性を作り上げたからこその思いを語った。マルグリットの脚本パートを担当したニコールは「マルグリットの身に降りかかったことは、今でもどこかで誰かが経験をしているものだと思う。でも、私はそういう風には書きたくなかった。私が書こうとしたのは、彼女が経験したようなことが身の上に起こったとしても、人間であるならどう行動するかということ」と、女性が声を上げることが難しい時代に勇気をもって立ち上がったマルグリットの行動が、現代にも通じることをうかがわせた。

 

そして記者会見も終盤に差し掛かった頃、ある記者からの質問に会場の空気が一変「第二幕と第三幕の暴力の表現にさほどの違いを見出せない」。監督は「君は本当に映画を見たのかね?」と思わず声を荒げ、ベンは「それら二つは違う。同じ暴力を描いているが、アダム・ドライバーが演じたル・グリの視点が違うんだ。それははっきりしている」と反論。そこにマットも参戦し、マイクを奪い合うように議論が白熱。「騎士の世界で生きるル・グリには理解できないことが表現されている」(マット)、「そう、観客はそれが理解できるが、ル・グリにはそれが分からないんだ」(ベン)、「観客は理解していて、それが分かっていないのはル・グリだけなんだ。それがあのシーンの考え方だ」(マット)、「ル・グリの視点では、マルグリットが誘っているように映っている」(ニコール)、「それこそもう一つの見方、というやつだよね」(マット)、「真実はこうではないかと思われている中で、もう一人の人間が同じシーンを別の物語として語っているんだ」(ベン)、「マルグリットがそれをどう感じていたかも、また別の視点だ」(マット)。最後に監督が、撮影や演出による細かな違いを解説し「もう一度映画を見たまえ!」と一喝して会見は終了となった。

 

続くレッドカーペットでは、多くのゲストやマスコミ、沿道のファンからの大歓声に包まれる中、世界中から集まった多くのスチールカメラマンの要望に応え、マット・デイモンとベン・アフレック、そしてシックな黒のドレスに身を包んだジョディ・カマー、リドリー・スコット監督が明るい笑顔を見せた。

 

ワールドプレミアの上映前には、今年度より、ヴェネチア国際映画祭とカルティエが創設した、優れた映画製作者に敬意を表し、現代の映画業界にとりわけ独創的な貢献をした人物に贈る「Cartier Glory to the Filmmaker Award(カルティエ グローリー トゥ ザ フィルムメーカー アワード)」を受賞したリドリー・スコット監督の受賞セレモニーが行われた。

 

なお、ワールドプレミアが行われた9月10日は、70年前の1951年9月10日に第12回ヴェネチア国際映画祭において『羅生門』が日本映画初となる金獅子賞を受賞した日。必然とも言える日に行われた記念すべきプレミア上映となった。

 

1386年、百年戦争さなかに実際に執り行われたフランス史上最後の“決闘裁判”は、600年以上経った今もなお、この“決闘裁判”における判決が歴史家たちの間で物議を醸している、世紀を越えたスキャンダルである。

“本当に裁かれるべきは一体誰なのかー” 『最後の決闘裁判』は10月15日(金)より全国公開。

 

 

監督:リドリー・スコット

脚本:ニコール・ホロフセナー、マット・デイモン、ベン・アフレック

原作:エリック・ジェイガ―(「決闘裁判 世界を変えた法廷スキャンダル」)

出演:ジョディ・カマー、マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレック

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

コピーライト表記:© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください