ゲーム

映画『神在月のこども』本ビジュアル新デザイン解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

お母さんを亡くし、大好きだった走ることと向き合えなくなった少女・カンナ。絶望の淵で母の形見に触れたことで、歯車が廻りはじめたカンナの前に一羽の兎・シロが現れ、カンナは出雲の旅へ誘われる。「お母さんに会えるかもしれない」とカンナはシロと共に出雲へ走り出す。道中、行く手を阻むのは鬼の少年・夜叉。人々と神々の境界をまたぎ、駆ける少女の旅がはじまるー

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

劇場オリジナルアニメ映画『神在月のこども』が10月8日(金)全国公開となります。

 

日本各地では“神無月(かんなづき)”と呼ぶ10月を、出雲では“神在月(かみありづき)”と呼ぶ由縁。全国の神々が出雲に集い、翌年の縁を結ぶ会議を行うという云われを題材に、人々と神々、各地と出雲、そして、この島国の根にある“ご縁”という価値観をアニメーションに描く本作。母を亡くし、大好きだった“走ること”と向き合えなくなった少女カンナ。そんな彼女のもとに一羽の兎(シロ)と一人の少年(夜叉)が現れ、出雲への旅にいざなう。廻りはじめる歯車。人々と神々の境界をまたぎ、駆ける少女の旅がはじまるー

 

主人公・カンナは昨年公開の映画『朝が来る』で数多くの映画賞を受賞、現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説「おかえりモネ」も話題を集め、オムニバス映画『DIVOC-12』、映画『99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE』の公開も控える蒔田彩珠。神使の兎・シロ役を坂本真綾、⻤の少年・夜叉役は入野自由、カンナの亡くなった母親・葉山弥生を柴咲コウ、カンナを男手一つで支える父親・葉山典正を井浦新、カンナが目指す出雲を治める神・大国主を神谷明、カンナの幼少期に新津ちせ、同級生のミキを永瀬莉子、松江に奉られる神・恵比寿を茶風林、長野・諏訪を護る龍神を高木渉が担当。人々を俳優、神々を声優が演じ分ける注目作となっている。主題歌・劇中歌・エンディングテーマはシンガーソングライターのmiwaが担当している。

 

主人公・カンナが出雲へ向けて走り出す[動]Verの本ビジュアル解禁!

 

これまで本作の題材の地域でもある島根県・出雲の美しい景色や、カンナが道中に出会う諏訪の神様・龍神の画が印象的なキービジュアルを解禁してきた本作。
このたび新たに解禁されたのは、前回解禁された主人公・カンナの力強い目線が印象的な[静]Verの本ビジュアルと比較し、カンナが力強く走っている動きが分かる[動]Verの本ビジュアル。
母・弥生と同じように“走ること”が大好きだったカンナだが、弥生を亡くし、走ることと向き合えなくなる中、一羽の兎・シロに誘われ、少年・夜叉に行く手を阻まれながら、出雲へと走り出す。
「静止った時を走り出す もう一度自分を信じてみたい」というコピーのように時間が止まっていたカンナが勇気をもって再び走り出し、東京から出雲への旅を通じて母の死と向き合い、成長する様子を期待させるビジュアルとなっている。

 

映画『神在月のこども』は10月8日(金)より全国ロードショー

 

 

蒔田彩珠 坂本真綾 入野自由

柴咲コウ 井浦新

新津ちせ 永瀬莉子 高木渉 茶風林 神谷明

原作・コミュニケーション監督:四戸俊成/アニメーション監督:白井孝奈

脚本:三宅隆太、瀧田哲郎、四戸俊成

キャラクターデザイン・総作画監督:佐川遥/神様デザイン:小田裕康

色彩設計:垣田由紀子/美術監督:佐藤豪志/撮影監督:髙津純平/音響監督:岩浪美和

クリエーション監督:坂本一也/絵コンテ:白井孝奈、坂本一也、望月智充

統括プロデューサー:オシア ウコ/プロデューサー・ロケーション監督:三島鉄兵/プロデューサー:吉田佳弘

プロダクションマネージャー:里見哲郎/スーパーバイザー:諏訪道彦

主題歌:『神無-KANNA-』miwa

企画:クリティカ・ユニバーサル/制作:ライデンフィルム/音楽:ソニー・ミュージックレーベルズ

統括:GUM/宣伝:パジー・エンタテインメント/配給:イオンエンターテイメント

©2021 映画「神在月のこども」製作御縁会/『神在月のこども』

公式サイト:http://kamiari-kodomo.jp/

 

 

 

10/8(金)より全国ロードショー

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください