映画
アニメ

映画『降霊会 ー血塗られた女子寮ー』日本版ポスタービジュアル 予告編 解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

美少女だらけの全寮制高校エデルヴァインへ一人の生徒カミールが転校してくる。ある日、学園を牛耳る生徒達に死んだ生徒の霊を呼び出そうと誘われ降霊会をすることに。ちょっとした悪ふざけのはずだったが、儀式の直後から関わったメンバーが次々と凄惨な死を遂げていく…。はたしてこれはエデルヴァインの霊による呪いなのだろうか…?

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

この度、『ゴジラvsコング』が世界中で大ヒットしたことが記憶に新しく、今や世界トップクラスの監督の一人ともいえるアダム・ウィンガードが製作総指揮を務めたホラーサスペンス映画「SEANCE」、邦題『降霊会 ー血塗られた女子寮ー』の日本版ポスタービジュアルと予告編が完成いたしました。

 

 

『降霊会 -血塗られた女子寮ー』は、アダム・ウィンガードと長年コンビを組み脚本家として『ザ・ゲスト』『サプライズ』『V/H/S シンドローム』など数々の新感覚サスペンス、ホラーを手掛けてきたサイモン・バレットが監督を担当。この最強のタッグが呪われた女子寮を舞台に女子高生最恐スプラッター・ホラーを展開します。次々と巻き起こる恐怖と対峙していくことになる女子高生・カミールを演じるのは、バレンシアガやバーバリーなどの有名ブランドでモデルを務めファッションアイコンとして人気を得る傍ら、『名探偵ピカチュウ』やウディ・アレン監督の『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』など話題作にも出演、俳優としてのキャリアを着実に積み重ねているスキ・ウォーターハウス

 

今回、解禁された日本版のポスタービジュアルは、ハンマーを片手に持ち、返り血を浴びながらも何かに立ち向かおうとしているスキ・ウォーターハウスの姿と好奇心で降霊会を行う女子寮の同級生たちの様子が切り取られている。「それは死を招く、禁断の遊戯――」というキャッチコピーが、これから彼女たちを待ち受ける恐怖を物語っている。

 

また、予告編では、「準備はいい?」とカミールと同級生たちが降霊会を始める姿や“霊は本物”というセリフ、そして何かに怯え逃げ惑う女子高生たちの姿が収められている。全寮制高校で次々と恐ろしい出来事が続く中、果たしてこの不可解な恐怖の連鎖を止めることはできるのだろうか――。

 

本作は、劇場発信型の映画祭「のむコレ2021」(シネマート新宿・シネマート心斎橋にて10月22日より開催)で上映されます。

 

上映スケジュールなど詳細につきましてはコチラより➡https://www.cinemart.co.jp/dc/o/nomucolle21.html

 

 

 

【クレジット】

監督/脚本:サイモン・バレット

製作総指揮:アダム・ウィンガード、フィリス・ラング、デヴァン・タワーズ、コンスタンス・L・ホイ

製作:ジョン・ショーンフェルダー、ラッセル・アカーマン、トマス・デカジュ

出演:スキ・ウォーターハウス、マディセン・ベイティ、エラ=レイ・スミス、イナンナ・サーキス

配給:ハピネットファントム・スタジオ

2020年/アメリカ/英語/92分/原題:SEANCE/字幕:廣川 芙由美 [映倫 R15 +]

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください