アニメ

8/27公開『ホロコーストの罪人』主演ヤーコブ・オフテブロがアマンダ賞で主演男優賞を受賞!受賞を記念して貴重な本編映像と共にインタビュー映像が到着!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

ヤーコブ・オフテブロはチャールズを演じるにあたり実在するブラウデ家の皆さんに満足してもらいたかったと話す。
「彼らと実際に会って話をしたり、十分にリサーチをしたんだ。彼らがチャールズのことを誇らしいと感じてもらえるように。」となるべく忠実に演じたという。

ノルウェー人でありオスロ生まれのヤーコブだが、ノルウェーがホロコーストに加担していた事実については知らなかったようで「もちろんホロコーストやその残酷な結果も知っていたが、ノルウェー人が同胞を収容所に送ったことは知らなかった。初めて原作を読んだとき、受け止めることができなかった。その後、誰もが知らなければいけない事実だと感じた。」と悲痛な思いを明かし「僕らはホロコーストの歴史を知っているが、当時の彼らは自分の身に何が迫っているのか知る由もない。あれほどの邪悪な行為をされるなんて想像できなかったと思う。」とブラウデ家に起きた悲劇について思いを馳せる。

最後に「戦争はそれほど昔の話ではないのに、私たちは過去として忘れてしまいがちだ。私たちはより一層、なぜ過去に悲劇が起きたのかを問い続け、正しい情報から学び、常に物事に対して疑問を持つことが大切だと思う。」とメッセージを送っている。

本作は、ホロコーストにノルウェー警察・市民らが加担していたノルウェー最大の罪を描いた知られざる衝撃の実話である。ノルウェー系ユダヤ人たちをベルグ収容所に連行して強制労働を監視し、アウシュヴィッツ行きのドナウ号が待つオスロの港に強制移送したのは同じノルウェー人であり、その結果、ドナウ号に乗船したノルウェー系ユダヤ人の多くがアウシュヴィッツでホロコーストの犠牲者となった。

なぜユダヤ人一家、ブラウデ家の幸せは奪われなければならなかったのか…。遠い出来事のように思える歴史的悲劇を、平凡なブラウデ一家を通して描くことで今を生きる人々にも身近な恐ろしさとして訴えかける。

感情を大きく揺さぶる壮大なドラマをぜひ劇場で感じてほしい。

 

 

 

監督:エイリーク・スヴェンソン
脚本:ハラール・ローセンローヴ=エーグ、ラーシュ・ギュドゥメスタッド
製作:マーティン・サンドランド
音楽:ヨハン・セデルクヴィスト

出演:ヤーコブ・オフテブロ、クリスティン・クヤトゥ・ソープ、シルエ・ストルスティン、ピーヤ・ハルヴォルセン、ミカリス・コウトソグイアナキス、カール・マルティン・エッゲスボ

2020年/126分/カラー/ビスタ/5.1chノルウェー語・ドイツ語/ノルウェー/日本語字幕:高橋澄  PG-12
原題:Den storste forbrytelsen 英題:Betrayed 後援:ノルウェー大使館
配給:STAR CHANNEL MOVIES

(C)2020 FANTEFILM FIKSJON AS. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:https://holocaust-zainin.com

大ヒット上映中!

<STAR CHANNEL MOVIESとは?>
日本初の映画専門チャンネルとして、長年にわたり数多くの作品を放送し続けてきたスターチャンネルの映画レーベル。感動や衝撃、忘れられない余韻が残る、私たちの“心が求める”作品を、スターチャンネルならではの視点で世界中からセレクトし、映画ファンの皆様にお届けします。 https://www.star-ch.jp/starchannel-movies/

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください