映画
アニメ

『妖怪大戦争 ガーディアンズ』初日舞台挨拶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

1968年からの三部作、2005年には平成版が興行収入20億円の大ヒットを記録した映画『妖怪大戦争』が、令和の新たな時代と共にスケールアップした『妖怪大戦争 ガーディアンズ』としてスクリーンに復活!8月13日(金)に公開初日を迎えた。

 

今回の主役は、今飛ぶ鳥を落とす勢いの名子役・寺田心。数奇な運命に導かれ世界の存亡をかけた戦いに挑む主人公・渡辺ケイを演じる。監督は2005年版に引き続き、日本が誇る映画界の鬼才・三池崇史。脚本は『20世紀少年』シリーズ、『GANTZ』シリーズ、『ドラゴンボールZ 神と神』、『MONSTERZ モンスターズ』、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の渡辺雄介。製作総指揮に角川歴彦と荒俣宏が名を連ねる。誰もが知る有名妖怪を始め、映画オリジナルの妖怪、さらに今回は世界中のモンスターも加わり、妖怪ワールドが拡大していく!

寺田演じるケイを取り巻く妖怪役に、杉咲花、そして大沢たかお。さらに大森南朋、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子、赤楚衛二、SUMIRE、岡村隆史、遠藤憲一、石橋蓮司、HIKAKINなど、超豪華キャストが集結していることでも話題沸騰!

 

この度、ついに公開がスタートした本作の初日舞台挨拶を実施。豪華キャスト陣と三池監督が登壇しトークを繰り広げた。

 

 

日本屈指の名子役・寺田心を筆頭に、日本を代表する俳優陣が、本格的すぎる特殊メイクで妖怪になりきっていることでも注目されている本作。メガホンを取った三池監督はキャスティングについて、本物らしさを演出するために「もともと俺の目から見ると、妖怪に近い人たちに集まっていただいた」ことを明かした。

 

 

そんな三池監督のもと熱演を繰り広げたキャスト陣も、それぞれ充実した撮影であったことをコメント。気弱な少年ながら世界を救う“勇者”として成長していく主人公ケイを演じた寺田は、初のワイヤーアクションへの挑戦を挙げながら、「男の子が一度は持つであろう、ヒーロー願望を叶えることが出来て楽しかったです!」と等身大の少年らしい笑顔でコメント。ケイを導く妖怪剣士・狐面の女(きつねめんのおんな)役として共演も多かった杉咲は、撮影の度にのびのびとケイを演じていく寺田を、弟のように可愛い存在として感じていたという。ケイの前に立ちはだかる人間嫌いの狸の総帥・隠神刑部(いぬがみぎょうぶ)を演じた大沢は、寺田について「現場でいつも太陽のように明るくて、本当にプロだし頼り甲斐もあるし、一緒に楽しい時間を過ごさせてもらった」と大絶賛。世話好きな妖怪・姑獲鳥(うぶめ)役の安藤は、特殊メイクや重い衣装を纏っての撮影に疲れそうになる中、「ケイとダイ(猪股怜生)たちがずっと全力で頑張る姿に励まされて、シャキッと立て直すことができた」と元気をもらっていたことを告白。妖怪たちのムードメイカー・猩猩(しょうじょう)を演じた大倉は、寺田について「ハツラツとしていて子供らしいところもあれば、時々同世代かと思うぐらい大人じみたところもあって、その二面性が素敵」とその魅力を語り、大島は「スムージーを飲んだり体に気を付けて食事を取っていたので、さすが主演!私も勉強になりました」と“座長”としての責任感の強さを絶賛した。ケイと奇妙な友情を育む天邪鬼(あまのじゃく)役の赤楚は、「ケイとダイの兄弟が楽しそうでパワフルで、僕も一緒に紙飛行機を飛ばし合ったりしました!」と、子役たちと現場で楽しく過ごした思い出を語った。

 

 

 

続いてのトークテーマは、「自信を妖怪に例えると?」。食べることが大好きだという寺田は、「妖怪食いしん坊」を自称。「食べることが大好きで、お昼ご飯の時間になると飛んで行っちゃいます!その日のメニューをいち早く確認しています」と無邪気な笑顔を見せた。睡眠時間が長いという杉咲は、「眠り妖怪」。休日は15時間ぐらい寝て、さらに2,3時間昼寝もすることを明かしながら、「寝ようと思えばどこでも寝られます!」とまっすぐな目でアピールした。今回狸の妖怪を演じた大沢は、「本当は狐の妖怪を演じたかった」とまさかの告白!小学生時代、つり目がちだったことから「フォックス」というあだ名で呼ばれていたが、「年齢と共に目が下がってきて、狸の役をいただいて(笑)、嬉しいような悲しいような…。でも今回は狸を一生懸命やらせていただいたので、狸でいいかな」とコメント。これに対し三池監督は、大沢が演じた隠神刑部が“腹太鼓”を打つシーンのために鍛え抜かれた肉体が必要だったことを明かし、「人間ってここまで鍛えられるんだ、すごいな役者って、と感心しました!」とその肉体美を賞賛。大沢も「現場でも腹筋をやり続けました」と答え会場を沸かせた。安藤は、舞台挨拶のように立ち位置が決まっているイベントの際、あらかじめ体全体を動かしてから挑む自身の姿を「妖怪っぽい」と表現しながら、「念願の三池監督のもと、人間じゃない役をやれたので感無量でした!」と笑顔を見せた。大倉は、よく似ていると言われるという「ねずみ男」を挙げると、三池監督も「僕もねずみ男が好きなので」ととして、猩猩というキャラクターには、実はねずみ男の要素も取り入れていることを明かした。大島は、撮影中やメイク中などどんな時もつい踊ってしまうことから、自身を「ダンシング妖怪」として紹介。「今回の雪女役は、動きを少しダンスっぽくしているんです。それが凄く心地よくて。動きは三池監督に提案させていただきました」と、大島のアイデアが役に活かされていることを明かした。赤楚は暑がりなことから「妖怪・冷たいとこ探し」。しかし寒すぎるのも得意ではないことから、「夏は雪女が隣にいたら涼しいけど、冬にはいてほしくないな」と雪女を例に挙げ、これには大島も「なんかフラれた気分になりますね(笑)」と返し会場を沸かせていた。また、演じた天邪鬼との共通点にも触れ、「寝ている時にマネージャーさんから『寝てた?』と電話が来ると、『いや寝てないです』と答えてしまうところがあるかもしれない」と、自身の天邪鬼らしい部分についても語った。

 

 

キャストそれぞれが注目してほしい見どころについての話題になると、寺田は「妖怪たちと出会うことで、ひ弱なケイが少しずつ成長していく姿」をピックアップ。「妖怪たちからビビらされた時のリアクションを見てほしいと思います。大沢さんとのシーンでは本当にビビってしまって…!」と、大沢演じる隠神刑部の迫力ある演技についても言及した。杉咲は、「狐面の女が、ある姿に変化するシーン」を挙げ、「メイクや衣装、CGもすごくかっこよくて迫力のあるシーンになっていので、ぜひ注目してほしいです!」とプッシュした。大沢は「腹筋」をピックアップし、「トレーニングしているみなさん、本物はどんなものかよく見て(笑)」と笑わせた。安藤は「何回観ても発見がある映画」としながら、自身の演じた姑獲鳥について、「子供を授かりながらも子供との時間が叶わなかった妖怪なので、だからこそ持っている愛情と切なさが、ケイやダイと出会って少しずつ変化していくところが見どころ」と語った。大倉は、演じた猩猩が真っ赤な体をしていることから、「大勢妖怪がいるシーンでも、赤に注目すれば猩猩だとわかる…と思いきや、“キジムナー”もいる!」と、劇中に登場する、同じく赤色の沖縄の精霊について言及。「猩猩だと思ったらキジムナーだった、という楽しみ方をしていただけたら」と笑わせながら、隠神刑部が連れている808匹の狸軍団について「すごくなんとかしてあげたい気持ちになる!」と魅了されていたことを明かした。大島は、日本の妖怪だけでなく世界のモンスターも多数登場する世界妖怪会議「ヤミット」のシーンを挙げ、「DVDになったら一時停止して細部まで観てほしいぐらい」とその豪華さを絶賛した。赤楚は、天邪鬼を演じる際のポイントとして、いつも持っているガラケーを触る際に「髪の毛をいじる仕草を入れまして、そこはちょっと平成初期のギャルをイメージしてやってみたので、ぜひ観てください!」とまさかの演技プランを告白。いずれも映画本編で観ることができるため、ぜひ劇場で確かめて欲しい!

 

 

舞台挨拶の最後には、全国のファンへ三池監督と主演の寺田からメッセージが贈られた。三池監督は、「家族の絆や、我々人間が今後どうやって進むか、妖怪からのメッセージが込められている映画だと思います。そのメッセージを受け取って、気に入っていただけたら、応援のほうよろしくお願いいたします」とコメント。寺田は、「老若男女楽しめる、お祭りのような映画になったと思います。その中にも、人種を超えた友情、ケイの『人と妖怪は同じだよ』という思いに深く共感しました。さあみなさん、心という武器を持ち、冒険への準備は出来ていますか?『妖怪会大戦争 ガーディアンズ』、ぜひよろしくお願いいたします!」

 

 

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』は大ヒット上映中!

 

 

 

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』

寺田心

杉咲花 猪股怜生 安藤サクラ / 神木隆之介

大倉孝二 三浦貴大 大島優子 赤楚衛二 SUMIRE

北村一輝 / 松嶋菜々子

岡村隆史 遠藤憲一 石橋蓮司 / 柄本明

大森南朋 / 大沢たかお

監督:三池崇史

製作総指揮:角川歴彦、荒俣宏 脚本:渡辺雄介 音楽:遠藤浩二

制作プロダクション:OLM 配給:東宝、KADOKAWA

©2021『妖怪大戦争』ガーディアンズ

予告編:https://www.youtube.com/watch?v=kMYdCNhlCgc

映画公式サイト:https://movies.kadokawa.co.jp/yokai/ 公式ツイッター:@yokai_movie

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください