アニメ
ゲーム

『モンスターズ・ワーク』7/9(金)配信!マイクの声ビリー・クリスタル&製作総指揮 ホブス・ガナウェイが語るファンにこそ楽しんでほしい、『モンスターズ・ワーク』の世界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

 

 

■モンスターに必要なのは“最恐”から“爆笑”に…!世界が変っても、サリーやマイクたちの毎日は、ずっと続いていく!

 『モンスターズ・インク』が公開されたのは2001年(日本では2002年)。

誕生からちょうど20周年を迎え、79日(金)より新しいアニメーションシリーズとして配信開始するのがこの『モンスターズ・ワーク』だ。

 

 注目すべきは、始まりが『モンスターズ・インク』で描かれた最後のシーンのまさに“翌日”であること。

その日、サリーとマイクも通った名門大学モンスターズ・ユニバーシティ出身の主人公・タイラーは、“最恐の怖がらせ屋”になるためモンスターズ・インクに新入社員としてやってくる。

ところが、「恐怖」から「笑い」へとエネルギー源が変わって、モンスターズ・インクの社内も一変。

昨日まで多くの人間の子どもへつながるドアが並び、“怖がらせ屋”がスタンバイしていた<絶叫フロア>は<爆笑フロア>に名前を変え、子どもたちの大きな笑いを起こす“笑わせ屋”の育成が急務となっている。

華々しい社会人デビューのはずだったタイラーは、初日早々、会社の負け犬部署と噂される≪MIFT(ミフト)≫へと配属先が変わってしまうのだ。

 

 タイラーは、初めての仕事、初めての環境、思っていたものとまったく違うスタートに戸惑いながらも、個性的でユニークな仲間に出会い日々奮闘。サリーやマイクからもらった「これからは笑いが未来につながるんだ」という言葉に導かれるように、怖がらせ屋ではなく、“笑い屋”になるべく、一歩を踏み出していくー。

 

 製作総指揮を務めるボブス・ガナウェイは、「『モンスターズ・ワーク』は映画のラスト、彼らが“怖がらせ屋”から“笑い屋”にシフトした日の“翌日”が舞台で、世界で大きな変化が起きる。その時に、多くの素晴らしいストーリーが生まれるんだ」と明かす。 

一夜にして世界が180度変わり、モンスターズ・インクの社員たちもそれに合わせるべくあたふた、一生懸命だったり、“廃業したらどうしよう”と諦めモードだったり、脚光を浴びるようになったり…まるで人間の世界で日々起こっていることそのもの。

 

重役会の決定でロズから“CEO”になること知らされ驚くサリーと喜ぶマイクや、受付のセリアもキャリアアップしたり、他にもおなじみのキャラクター、ユニークな仲間たち、『モンスターズ・インク』でおなじみの場所ももちろんたくさん登場して、彼らの毎日の仕事の様子や生活がのぞけるのは、シリーズだからこその楽しみだ。

 

 ガナウェイは世界に大きな変化がある時にこれをシリーズで出来るのは素晴らしいと考えていると言い、「なぜなら、昔の友達と一緒に過ごしたり、新しい友達を作る時間ができる中で、シリーズを通して僕たちは、マイクやサリーとも一緒に過ごすことが出来るし、また新しいモンスターたちにも出会えるんだ。」と続ける。本作の制作にあたっては、ファンが『モンスターズ・インク』で大好きだったところに戻れるようにすることが目標だったという。「視聴者のみなさんに、大好きだったところに戻って、友達と一緒に時を過ごし、それからこれまで観たことがなかったところに行ってもらいたかった。だから、モンスターズ・インクのドーム型のロビーに戻れるし、セリアに会えるし、爆笑フロア(『モンスターズ・インク』では“絶叫フロア”)に戻れる。でもまた、モンスターズ・インク・ファシリティの地下に行って、MIFTのチームを見れるんだ。『大好きだった場所に戻って、友達と一緒に過ごそう』ということなんだ。

 

『モンスターズ・インク』シリーズでマイクの声(英語)を務めているビリー・クリスタルも、“翌日からを描くこと”がお気に入り。

とてもエモーショナルで、とてもゆかいな新しいキャラクターたちは、『モンスターズ・インク』と『モンスターズ・ユニバーシティ』の家族にまったく新しい命を吹き込んだ。大好きなのは、このストーリーがただ続いていくこと。モンスターズ・インクが止まった翌日。そして、その次についての話なんだよ。だから続編のようには感じられない。ストーリーがただ続いているように感じるんだ。前の映画が大好きだったり、大好きになった人たちにとって、ストーリーはただ、どんどん続いていくんだ。素晴らしいよね!」と作品に参加した喜びを語っている。

 

 

************************
笑いは未来だ― 新生モンスターズ・インク、いざ始動!
新アニメーションシリーズ 『モンスターズ・ワーク』 

© 2021 Disney

ロズの命令でサリーとマイクが新社長になった新生モンスターズ・インクの日々を描くのが新たなアニメーションシリーズ『モンスターズ・ワーク』。
サリーやマイクらおなじみのメンバーに加え、モンスターズ・ユニバーシティを首席で卒業し、怖がらせ屋に憧れて入社したのに負け犬部署に配属された新入社員タイラーを筆頭に新キャラクターが続々登場する。今度の物語はチームプレイが魅力。恐怖から笑いに転化した社内でどんな騒動が巻き起こるのか、今から目が離せない!

ディズニープラスにて、79日(金)より独占配信!

 

■アニメーションシリーズ『モンスターズ・ワーク』
ディズニープラスにて、79日(金)より独占配信
© 2021 Disney

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください