アニメ
ゲーム

8/27公開 映画『ホロコーストの罪人』衝撃の予告編と場面写真2点が解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

本作は、ユダヤ人家族の悲劇と運命を描くとともに、ホロコーストにノルウェー秘密国家警察が加担していたノルウェー最大の罪を描いた実話である。
出演は『獣は月夜に夢を見る』のヤーコブ・オフテブロ、『ソフィーの世界』のシルエ・ストルスティン、『ミレニアム』シリーズのミカリス・コウトソグイアナキスほか。監督は、『HARAJUKU』で国内外で高い評価を得たエイリーク・スヴェンソン。

 

 

<70年間、隠蔽されてきた真実の実話。衝撃の予告編が解禁!>

 

 

第二次大戦中、ユダヤ人一家のブラウデ家はボクサーの息子チャールズが結婚し、幸せな日々を送っていた。

しかし、1940年4月9日ナチス・ドイツがノルウェーに侵略してから状況は一変する。
家族へユダヤ人の調査票が届き、両親にチャールズは「違う、俺はノルウェー人だ。ユダヤ人なんて迷惑だ。」と主張するが、証明書にユダヤ人を表すJのスタンプを押されてしまう。

秘密国家警察副本部長のクヌートは“ユダヤ人を全員追放しろ”と命じられたことにより、ユダヤ人は次々と逮捕され、ブラウデ家も父親と3人の息子が捉えられ、ベルグ収容所に送られてしまった、
絶望に打ちひしがれる母サラとチャールズの妻ラグンヒル。
収容所では、厳しい監視下のもと「歴史がお前たちをこの収容所に呼んだ」と虐げられ、強制労働をさせられていた。
ホロコーストに加担したノルウェーの罪とは一体何か…?衝撃の予告編が解禁となった。

合わせて、すでに解禁となっている遠くを見つめるチャールズのメイン画像の他、息子3人が絶望に打ちひしがれ抱き合い慰め合うシーンや、収容所の所長に、泥の中で髪を引っ張られ引きずられるシーンなど、追加2点の場面写真が解禁となった。

 

 

監督:エイリーク・スヴェンソン
脚本:ハラール・ローセンローヴ=エーグ、ラーシュ・ギュドゥメスタッド
製作:マーティン・サンドランド
音楽:ヨハン・セデルクヴィスト

出演:ヤーコブ・オフテブロ、クリスティン・クヤトゥ・ソープ、シルエ・ストルスティン、ピーヤ・ハルヴォルセン、ミカリス・コウトソグイアナキス、カール・マルティン・エッゲスボ

2020年/126分/カラー/ビスタ/5.1chノルウェー語・ドイツ語/ノルウェー/日本語字幕:高橋澄  PG-12
原題:Den storste forbrytelsen 英題:Betrayed 後援:ノルウェー大使館
配給:STAR CHANNEL MOVIES

(C)2020 FANTEFILM FIKSJON AS. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:https://holocaust-zainin.com

*6/25より全国共通特別鑑賞券が、上映劇場窓口およびメイジャーにて発売中!

8/27(金)、新宿武蔵野館 ほか全国順次公開

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください