映画
アニメ
ゲーム

映画『オデッセイ』×『宇宙兄弟』、宇宙を超えたコラボ予告解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オデッセイ

巨匠リドリー・スコット×マット・デイモンの初タッグがついに実現。ノンフィクションのように圧倒的なリアリティとスリルに満ちた不屈のサバイバル、そして人類の壮大なる奇跡への挑戦が始まる!

映画『オデッセイ』×TVアニメ『宇宙兄弟』
宇宙を超えた夢の “コラボ予告”ついに完成

アカデミー賞に輝く巨匠リドリー・スコット監督が、類まれな圧倒的演技力で世界中を魅了し続けるマット・デイモン主演で描く感動の超大作『オデッセイ』(2016年2月5日(金)公開)。トロント映画祭での絶賛を受けて、10月2日に全米で公開された本作のオープニング・ウィークエンドは54,308,575ドルを叩き出し、歴代の10月公開作品&秋公開作品で僅差の2位スタート(1位は『ゼロ・グラビティ』の55,785,112ドル)で、全米1位スタートを切った。翌週も連続1位を獲得、3週目こそチャート2位となったが、4週目&5週目も首位に返り咲き、計4回チャートのトップに立った。11月8日までのトータルの全米興行成績は197,067,346ドルに達し、リドリー・スコット監督作品史上、最高の成績を記録した。

 

近年の全米秋興行の特徴として、“宇宙もの”の良質な作品がヒットしており、13年は『ゼロ・グラビティ』、14年は『インターステラー』が同時期に公開されたが、『オデッセイ』はすでに『インターステラー』の最終成績を上回り、2億7000万ドルの最終成績を記録した『ゼロ・グラビティ』にどこまで迫るか注目が集まっている。同時に、興行成績がオスカーに直結したこともあり、オスカー・レースでも注目の存在として急浮上している。

 

『オデッセイ』1

 

そして今回、映画「オデッセイ」と幅広い世代から絶大な人気を誇るTVアニメ『宇宙兄弟』との宇宙を超えたコラボレーションが実現! 完成したコラボ予告は、本作主人公“マーク・ワトニー”同様に、共に宇宙飛行士の兄“六太”と月で遭難事故にあった経験を持つ弟“日々人”が、たったひとり火星に取り残されてもポジティブに生き残る道を決してあきらめない“ワトニー”の姿と絶妙にマッチする内容となっており、ファンだけでなく観る者の心をがっちりと掴んで離さない。映画では全世界70億人が“ワトニー”の帰りを待つように、今回の予告編でも“六太”“日々人”が彼にエールを送り、同じ気持ちで火星からの帰還を強く願う。果たして、わずかな食料と酸素も水も無いこの極限状態から“ワトニー”は生還することが出来るのか!?“六太”、“日々人”そして全世界70億人の想いは届くのか!?

 

 

【ストーリー】
火星での有人探査の最中、宇宙飛行士のマーク・ワトニーは猛烈な嵐に巻き込まれ、死亡したと推測され、残りの乗組員は火星を去ってしまう。しかし、生き延びていたワトニーは、厳しい環境の惑星でたった一人取り残されたことに気づく。空気も水も通信手段も無く、わずかな食料しかない状況で、彼は知恵と精神力、創意工夫の才能を発揮して、4年後の NASA の救出まで生き延びようとする。2億2,530万km離れた地球では、NASAと各国から集められた科学者たちが、彼を生還させるための努力を続けるが、その一方で、ワトニーのチーム乗組員は協力し、不可能とも言える大胆な救出ミッションを計画する。

 

『オデッセイ』
2016年 2月5日(金) TOHOシネマズ スカラ座他全国ロードショー
20世紀フォックス映画 配給
(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
(C) 小山宙哉・講談社/読売テレビ・A-1 Pictures
公式HP:http://www.foxmovies-jp.com/odyssey/

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください