アニメ
ゲーム

映画『BLUE/ブルー』 「距離取れよ!」松山ケンイチが ソーシャルディスタンスを呼びかける? 劇場用マナー映像解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

時に人生は残酷だ。

どれだけ努力しても、どれだけ才能があっても、約束された成功なんてない。

誰よりもボクシングを愛する瓜田は、どれだけ努力しても負け続き。一方、ライバルで後輩の小川は抜群の才能とセンスで日本チャンピオン目前、瓜田の幼馴染の千佳とも結婚を控えていた。千佳は瓜田にとって初恋の人であり、この世界へ導いてくれた人。強さも、恋も、瓜田が欲しい物は全部小川が手に入れた。それでも瓜田はひたむきに努力し夢へ挑戦し続ける。しかし、ある出来事をきっかけに、瓜田は抱え続けてきた想いを二人の前で吐き出し、彼らの関係が変わり始めるー。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

この度、『ヒメアノ~ル』(16)、『犬猿』(18)の田恵輔が監督・脚本を務める、映画『BLUE/ブルー』が4月9日より新宿バルト9他にて全国公開致します。

リアリティ溢れる描写で人間の光と影を表現し続ける田恵輔。30年以上続けてきたボクシングを題材に、自ら脚本を書き上げた本作は、成功が約束されていなくとも努力を尽くす挑戦者たちの熱い生き様を描いた青春映画。主演は、演技派俳優として確固たる地位を築く松山ケンイチ。脚本に惚れ込み約2年もの間じっくりと役作りに挑み、情熱はあっても才能が無い、試合には勝てない主人公・瓜田を熱演。同じジムに所属する、強さと才能を合わせ持つ後輩・小川を東出昌大が演じ、固い友情で結ばれながら瓜田が憧れと嫉妬を抱くライバルとして存在感を発揮している。また、モテるために始めたボクシングにのめり込んでいく新人・楢崎を柄本時生が演じ、この3人は『聖の青春』以来5年ぶりの共演を果たす。ヒロインは、田監督作品への出演を熱望した木村文乃が務め、瓜田の初恋の人でありながら、今は小川の婚約者という二人の間で揺れる千佳を演じる。理想と現実の間で悩みながら生きる登場人物たちの姿と、夢に焦がれた葛藤だらけの青春の日々が、観る者の心に深い余韻を残す。

この度、劇場上映に先駆けて本作のマナー広告映像が解禁!映画のテーマになっているボクシングにまつわるシーンをユニークに繋ぎ合わせたもので、登場するのは瓜田、小川、楢崎の同じジムに通う3人組。対戦相手の過去映像を覗き込む瓜田と小川の姿に「携帯の電源はOFF!」、パンチングボールをひたむきに打ち続ける瓜田に「前の席を殴らないで!」といった基本的なものから、生まれて初めてのマウスピースをはめる楢崎に「マウスピースではなくマスク!」、小川の試合に相手と「距離取れよ!」と声を上げる瓜田の姿に「劇場からでる時はソーシャルディスタンス!」など、この時期特有のマナー喚起も展開されていく。竹原ピストルの主題歌「き―ぷ、うぉーきんぐ‼」も爽やかに響く本映像は、3月19日(金)より『BLUE /ブルー』公開予定のT・ジョイ系列の映画館にて上映予定。詳細は下記の劇場ページをご覧ください。

https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=bluemovie

 

松山ケンイチ 木村文乃 柄本時生  /  東出昌大

監督・脚本・殺陣指導:田恵輔 ※田恵輔の「」は「つちよし」が正式表記

主題歌:竹原ピストル「きーぷ、うぉーきんぐ!!」(ビクターエンタテインメント)

製作:『BLUE/ブルー』製作委員会(東映ビデオ 日活 ファントム・フィルム AMGエンタテインメント レイラインピクチャーズ)

製作幹事:東映ビデオ 制作プロダクション:ステアウェイ 配給・宣伝:ファントム・フィルム

 

2021年/カラー/ビスタ/5.1ch/107分

公式サイト:phantom-film.com/blue Twitter @bluemovie_21 #挑戦者たちの青春

©2021『BLUE/ブルー』製作委員会

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください