アニメ

大島渚作品の貴重なポスター盗難でポスター展中止に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

4月16日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次連続公開いたします『戦場のメリークリスマス 4K修復版』、『愛のコリーダ 修復版』につきまして公開を記念して新宿武蔵野館にて展示していたポスターが盗難に遭い、展示を中止することとなりましたのでお知らせいたします。

 

 

松竹ヌーヴェル・ヴァーグを生み、差別や犯罪など、社会の歪みと闘い続けた熱き映画監督、大島渚。彼の最大のヒット作『戦場のメリークリスマス』(83)と最大の問題作『愛のコリーダ』(76)をデジタル素材に修復し、『戦場のメリークリスマス 4K修復版』が4月16日(金)、『愛のコリーダ 修復版』が4月30日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次“連続”公開致します。

 

映画の公開を記念して新宿武蔵野館にて開催しておりました『戦場のメリークリスマス』、『愛のコリーダ』のポスター展におきまして、3月15日朝に、何者かがポスターケースのネジを外して、オリジナルポスター1枚を持ち去るという事案が発生いたしました。本ポスター展は、2作品の公開に先駆け大島渚プロダクション様のご厚意により、収蔵されていた膨大な資料の中から特別に展示を許された初公開当時の世界各国の貴重なオリジナルポスターをお借りした記念展示でした。今回盗難されたのは、『戦場のメリークリスマス』の場面が切り取られた、1点しかない大変貴重な海外ポスターです(画像参照)。本日3月16日、新宿警察署には被害届を提出いたします。配給会社としましては、今後の再発防止に努める所存でございます。劇場様ともに協議した結果、誠に残念ながらポスター展の開催を中止させていただくこととなりました。観覧を楽しみにされていた皆様にはご迷惑をおかけすることとなり大変申し訳ございません。差し替えとなる展示内容につきましては現在、劇場様と協議の上、レプリカを使った展示を検討しております。本件に関しまして、何か情報をお持ちの方は配給会社アンプラグド(TEL:03-6434-7460)までご連絡いただけますと幸いです。

 

盗難されたポスター

 

 

今回の『戦場のメリークリスマス 4K修復版』、『愛のコリーダ 修復版』の上映は、大島渚監督作品が2023年に国立機関に収蔵される予定のため、最後の大規模ロードショー公開として企画されたもの。後世に多大な影響を残し、鮮烈な印象を多くに人に与えた日本が誇る鬼才、大島渚作品が鮮明になってスクリーンで観られる貴重な機会となります。つきましては、本情報の拡散にご協力いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

『戦場のメリークリスマス 4K修復版』

出演:デヴィッド・ボウイ、トム・コンティ、坂本龍一、ビートたけし、ジャック・トンプソン、ジョニー大倉、内田裕也

監督・脚本:大島渚

脚本:ポール・マイヤーズバーグ

原作:サー・ローレンス・ヴァン・デル・ポスト「影の獄にて」

製作:ジェレミー・トーマス

撮影:成島東一郎

音楽:坂本龍一

美術:戸田重昌

1983年/日本=イギリス=ニュージーランド/英語・日本語/123分/ビスタサイズ/ステレオ

協力:大島渚プロダクション

配給・宣伝:アンプラグド

©大島渚プロダクション

公式サイト:oshima2021.com

 

 

 

『愛のコリーダ修復版』

出演:松田英子、藤竜也、中島葵、松井康子、殿山泰司

監督・脚本:大島渚

製作代表:アナトール・ドーマン

製作:若松孝二

撮影:伊東英男

音楽:三木稔

美術:戸田重昌

助監督:崔洋一

1976年/日本=フランス/日本語/108分/ビスタサイズ/モノラル/R18+

協力:大島渚プロダクション

配給・宣伝:アンプラグド

©大島渚プロダクション

公式サイト:oshima2021.com

 

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください