アニメ

『ヤクザと家族 The Family』3/13(土)藤井道人監督&河村光庸エグゼクティブプロデューサー登壇スペシャルトークショーが決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

ただ、愛した。矛盾と不条理のこの世界で、全てを懸けて――。

1999年、父親を覚せい剤で失い、その日暮しの生活を送っている時に、柴咲組組長の危機を救った男・山本賢治(綾野剛)。自暴自棄になっていた自分に手を差し伸べてくれた柴崎博(舘ひろし)に心の救いを得て、二人は父子の契りを結ぶ。

2005年、短気な面もあるが一本気さのある山本は、ヤクザの世界で男をあげていく。激化する因縁の相手・侠葉会との争い、自分と同じような境遇で育った女性との出会い、大切な家族である仲間を失ってしまうなど、人生を大きく揺り動かす激動の瞬間に愚直なまでに向き合って生きる山本、そして彼は自分の【家族・ファミリー】を守るために、ある決断をするー。

2019年、14年もの年月を犠牲にした山本が出所後目の当たりにしたのは、暴対法の影響でかつての隆盛の影もなく、存続していくのもギリギリな状態に一変していた柴咲組の姿。時代の流れによる大きな変化に戸惑いながらも、愛する家族との生活を望み、新たな人生を歩もうとする山本に、状況を根底から揺るがす事件がー。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

『MOTHER マザー』『新聞記者』など話題作を世に送り出すスターサンズと、日本アカデミー賞6部門受賞に輝いた『新聞記者』のスタッフが再集結して新たに描く映画『ヤクザと家族 The Family』が1月29日(金)より公開、多くの方々に作品を観て頂きムーブ―オーバーでの公開もきまり、全国の劇場でロングランに向け絶賛公開中です。

 

 

1月29日に初日を迎えてもなお、数々の高評価レビューをキープ。過去の実写話題作のレビューに圧倒的な差をつけ、観る人の心を揺さぶり続け、公開後1か月以上たった今でも本作を観て下さるお客様が絶えず、ムーブオーバーでの公開劇場も。すでにSNS上で未だ“感動した“”心に刺さった”など多くの反響が寄せられ、Yahooレビュー4.41点、Filmarksレビュー4.1など複数の評価サイトで驚異の高評価を得ている衝撃作です。

 

この度、本作や『新聞記者』を世に送り出した最強タッグ、【映像の鬼才】藤井道人監督と、【問題作を世に問い続ける風雲児】スターサンズの河村光庸エグゼクティブプロデューサーが登壇するティーチインのトークイベントを行う運びとなりました。これは本作として初の対面イベントの場となります。コロナ禍に本作の公開を待ちわび、劇場へと足を運んでくださった皆様に感謝し、本作の誕生秘話や今まで語られてない制作の裏側などたっぷりと披露して頂く予定です。

 

 

【ヒット御礼スペシャルトークショー 開催概要】

日時:3月13日(土) 17:00上映回

(上映後イベント・対面でのティーチイン)

場所:EJアニメシアター新宿(新宿区新宿3-13−3-4F)

ゲスト: 藤井道人監督 河村光庸エグゼクティブプロデューサー

聞き手: SYO(映画ライター)

—————————————————————-

<チケット販売>

3月10日(水) 0:00~(=3月9日(火)24:00)

EJアニメシアター新宿 劇場オンラインチケットシステムにて

https://reserve.smart-theater.com/projects/kadokawacinema-production?theaterBranchCode=016

※劇場窓口では3月10日(水)劇場オープン時より販売いたします。但しインターネット販売状況次第で完売となっている

場合がございます。

 

<料金>通常料金

※お座席は左右前後の間隔を開けた状態での販売となります。連番でのご購入はできません。

※ムビチケはご使用いただけます。各種無料招待は適用できません。

 

≪感染症対策における注意事項≫

  • ご来場の際は、マスクの着用や検温をはじめとする映画館の新型コロナウイルス感染症予防ガイドラインへのご協力をお願い致します。ご来場前に映画館ホームページ等からご確認のうえ、ご参加下さい。

https://ej-anime-t.jp/shinjuku/news/announce-full/

  • 観覧の際の発声、歓声および会話、立ち上がってのご鑑賞などはご遠慮頂きますようお願い申し上げます。声援が起きた際にはイベントを中止させて頂く場合がございます。
  • 下記の症状、条件に該当する場合もご来場をお控え下さいますようお願い致します。

①発熱、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、味覚・嗅覚障害、目の痛みや結膜の充血、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐。

②2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある場合など

  • 新型コロナウイルス感染防止対策の一環として、登壇ゲスト等へのプレゼントやお手紙、お花や差し入れなどはお受け取り出来ません。予めご了承下さい。
  • 新型コロナ感染症予防対策は、政府および全国興行生活衛生同業組合連合会の最新のガイドラインにより変更する場合

がございます。

  • 状況により、止む無くイベントを中止させて頂く場合がございます。その場合の交通費や宿泊費等の補償はございません。

予めご了承下さい。

 

≪注意事項≫

・全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。

・登壇者および舞台挨拶は、都合により予告なく変更になる場合がございます。

・舞台挨拶中の途中入場はお断りさせて頂きますので、ご了承下さい。

・場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断り致します。

・転売目的でのご購入は、固くお断り致します。

・当日マスコミ取材が入る場合がございます。予めご了承下さい。

 

 

綾野剛

尾野真千子 北村有起哉 市原隼人 磯村勇斗

菅田俊 康すおん 二ノ宮隆太郎 駿河太郎 小宮山莉渚 /

岩松了 豊原功補 / 寺島しのぶ

舘ひろし

 

監督・脚本:藤井道人 音楽:岩代太郎

主題歌:「FAMILIA」 millennium parade

(ソニー・ミュージックレーベルズ)

 

企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸

プロデューサー:佐藤順子 角田道明 岡本圭三

撮影:今村圭佑

照明:平山達弥

録音:根本飛鳥

キャスティング:おおずさわこ

美術:部谷京子

衣装:宮本まさ江

ヘアメイク:橋本申二

助監督:逢坂元

制作担当:大川哲史

題字:赤松陽構造

スチール:八木咲

編集:古川達馬

配給:スターサンズ/KADOKAWA

製作:『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

2020年/日本/136分/5.1ch/アメリカンビスタ/カラー/デジタル

yakuzatokazoku.com

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください