アニメ

ハローキティ初のハリウッド映画の監督決定!米アニメ界期待のジェニファー・コイルとレオ・マツダが共同メガホン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

株式会社サンリオ(本社:東京都品川区、社長:辻朋邦、以下サンリオ)とワーナーブラザースジャパン合同会社(本社:東京都港区、社長兼日本代表:高橋雅美)は、このたびハローキティはじめサンリオキャラクター初のハリウッド映画(タイトル未定)の監督に米アニメ界で高い評価を得ている期待の二人、ジェニファー・コイル(JenniferCoyle)とレオ・マツダ(LeoMatsuda)が共同監督として決定したことを発表いたします。

本映画は米ワーナー・ブラザース・エンターテイメント・グループのニュー・ライン・シネマ社とプロデューサーのボー・フリン(BeauFlynn)率いるフリン・ピクチャー社が企画をすすめてきているもので、ワールドワイドに公開するハローキティ初の劇場用長編映画となります。そして実写とアニメのハイブリッド作品となることも決定いたしました。

今回共同監督となる二人は非常に評判が高く人気がある多くのアニメ映画・テレビシリーズで長年にわたり活躍してきました。
数十人ものトップクラスの監督候補の中から選ばれた二人は、この映画がメジャーな長編初監督作品となります。

 


●ジェニファー・コイル

コイル監督は最近では動画配信サービスHBOMaxの話題のアニメ『HarleyQuinn(原題)』シリーズの監修を務めており、大ヒットアニメシリーズ『Bob’sBurgers(原題)』のうち6シーズンで監督を担ってきました。

初期には『KingoftheHill(原題)』『スペクタキュラー・スパイダーマン』といった人気テレビアニメにも携わってきました。

 

 

●レオ・マツダ

日系ブラジル人のマツダ監督のデビュー作はディズニーのハートフルな短編アニメ『インナー・ワーキング』で『モアナと伝説の海』と併映され、2017年第89回米アカデミー賞短編アニメーション部門の最終選考作品に選ばれました。
彼はウォルト・ディズニー・アニメーションでキャリアをスタートさせ、大ヒット作『ベイマックス』『ズートピア』『シュガー・ラッシュ:オンライン』、最近ではドリームワークス・アニメーションの『スノーベイビー』などの映画に携わっています。

 

本映画は全世界の子供から大人まで男女を問わず楽しんでいただける作品を目指しています。公開時期は現時点では未定です。

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください