アニメ

『時をかける少女 4DX』公開決定&4DX版ポスタービジュアルと予告編解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

この度、アニメーション映画の企画制作会社「スタジオ地図」の設立10周年を記念するプロジェクトの一環として、2021年に公開15周年となる『時をかける少女』を『時をかける少女4DX』として4月2日(金)より全国4DXシアターで期間限定公開することが決定致しました!(配給:スタジオ地図LLP/ユナイテッド・シネマ)

 

青春の代名詞『時をかける少女』を4DX版で体感!

 

『サマーウォーズ』(09)、『バケモノの子』(15)、『未来のミライ』(18)など話題作を送り出し、国内外で高い評価を得ているアニメーション映画監督の細田守。自身が設立した「スタジオ地図」が2021年に10周年を迎えるにあたり、2006年に公開した『時をかける少女』を4DX シアターにて期間限定で上映する。筒井康隆の小説を細田守監督が再構築し、初めてアニメーション映画化した本作。タイムリープという、過去に飛べる能力を手にした女子高校生の真琴は、自分の過去をやり直していくうちに「人生のかけがえのない時間」の意味を見つけ出していく――。2006年、全国でわずか6館から劇場公開され、幅広い観客の評判を呼び、その熱気は全国的に広まり、異例の8ヶ月を超える超ロングラン上映となった伝説の作品。高校生のひと夏を瑞々しく描き、タイムリープを見事に表現した細田守監督のアニメーションは4DXでさらにパワーアップすること間違いなし!

 

沢山の人々から愛されている本作、公開15周年となる記念すべき本年、4DXシアターで青春時代へタイムリープしよう!!

 

▶予告編視聴はコチラから 

 

 

【主な受賞歴、海外映画祭出品歴】

日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞、シッチェス・カタロニア映画祭、釜山国際映画祭、アヌシー国際アニメーション映画祭、ニューヨーク国際子ども映画祭、ブリュッセル・アニメーション映画祭、他多数

 

4DX®(フォー・ディー・エックス)シアターの魅力とは!

4DXとは、<体感型(4D)>を演出するための最新劇場上映システムです。座席が作品中のシーンと完璧に連動し、前後&上下左右へ稼働。また、風、水(ミスト)、香り、煙りなど、各種演出も体感できるアトラクション効果を搭載。観客のあらゆる感覚を刺激する4DXでこれまでに体験したことのない、映画の「あらたな感動・すばらしさ」を体感してください。

 

 

監督:細田守

原作:筒井康隆

脚本:奥寺佐渡子

キャラクターデザイン:貞本義行

美術:山本二三

作画監督:青山浩行 久保田誓 石浜真史

主題歌:奥華子「ガーネット」(ポニーキャニオン)

音楽:吉田潔

アニメーション制作 マッドハウス

配給 スタジオ地図LLP ユナイテッド・シネマ

■『時をかける少女4DX』公式サイト:https://tokikake-4dx.com

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください