映画
アニメ

Oculus Questに「Multi-User」と「App Sharing」機能の追加を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

 

Facebook Reality Labsの広報を担当しております、ウェーバー・シャンドウィックです。

 

218日(米国時間)に、Oculus blogにて Oculus Questの利用者からの要望がもっとも多かった「Multi-User accounts (マルチユーザーアカウント)」と「App Sharing(アプリ共有)」の2つの機能を一部の利用者を対象にテストを開始したことを発表しました。

 

VRは、ソーシャル体験の場ではありますが、これはオンライン上で複数のプレイヤーが共存することだけを意味するわけではありません。今では多くのプレイヤーがQuestヘッドセットを共有しています。相手がパートナーであれルームメイトであれ、あるいは家族や友達であっても、利用者の皆様の大切な人たちとヘッドセットを共有しやすくしたいと考えました。VRを始めるきっかけが、誰かにヘッドセットを手渡されて、「これ使ってみない?」と言われたことだった、という人は少なくないと思います。ただ、ヘッドセットの貸し借りがあったとしても、自分のアカウントの詳細にまで自由にアクセスされては困る方々もいらっしゃると思います。例えば、人気のリズムガンシューティングタイトルPistol Whipで達成したハイスコアは、あなただけのスコアとして残しておきたいものだと思います。

 

「マルチユーザー」と「アプリ共有」機能によって、1台のヘッドセットで複数のアカウントを設定することができ、それらのアカウント間で、Oculusストアで購入したアプリを共有することができます。攻略したステージや獲得したポイントは、アカウント別に保存されます。同じゲームでもヘッドセットを借りた利用者が最終ステージに到達するまで待つといったことが必要なくなります。また、友達リストや閲覧履歴、プライバシーなどの設定をアカウント別に管理して切り替えることができ、ヘッドセットの共有者に自分のアカウント情報を見られたり変更されたりしないようにロックを掛けることもできます。

 

「マルチユーザー」と「アプリ共有」はテストとして開始された機能のため、今回はまずQuest 2の利用者を対象に提供を開始しつつ、改良を続けます。最終的には、全てのQuestの利用者が使用できるようになる予定です。この2つの新機能によって、親しい仲間や家族とQuestを共有しやすくなることを願っています。

 

詳細については、以下の通りです:

·       現時点においては、親アカウント(つまり、ヘッドセットを設定する際に使用したアカウント)に3つまで別のアカウント(子アカウント)を追加し、1台のヘッドセットでアプリ共有を有効にすることができます。ここで注記しておきたいのは、この機能がまだテスト段階であり、今後Questデバイスをご利用いただいている世帯数の増加に伴って変更する場合があるということです。

·       「マルチユーザー」と「アプリ共有」機能を利用するには、親アカウントと子アカウントの各利用者が共有するデバイスにそれぞれ自身のFacebookアカウントを使ってサインインします

·       子アカウントの利用者は、「アプリ共有」が有効になっているデバイス上でのみ親アカウントの利用者が共有しているアプリにアクセスすることができます。子アカウントの利用者が既にデバイスを所有していたり新たに購入したりした場合、自身のヘッドセットからは、管理者のアカウント上で共有されているアプリにアクセスすることはできません。

·       子アカウントの利用者は、共有しているデバイスからもアプリやコンテンツを購入することができますが、これを管理者や他の子アカウントの利用者と共有することはできません

·       複数のデバイスに同時にログインすることは可能です。しかし、複数のデバイスにおいて同じアカウントを利用して同時に同じアプリを実装することはできません。異なるアカウントであれば同時に複数のヘッドセットを使って共有されているアプリにアクセスすることができますが、現時点において、「アプリ共有」は、1台のヘッドセットからのみ有効にすることができます。

·       親アカウントを変更するには、factory reset」(ファクトリーリセット:工場出荷時の状態に初期化すること)が必要となります。親アカウントに子アカウントを設定することはできますが、子アカウントからさらにアカウントを追加することはできません。

·       ヘッドセットのお手入れやクリーニング方法については、こちらご覧ください。

 

「アプリ共有」は、218日(米国時間)以降にOculusトアからご購入いただいた全ての新しいアプリに自動的に適用されます。現在において、既存のゲームの中には、「アプリ共有」が利用できないものがあります(それらのゲームについては、個々の利用者による購入が必要です)。いずれはそのほぼ全てのアプリが追加したアカウントをサポートできるようになることを目指しています。

 

「マルチユーザー」および「アプリ共有」機能の詳細は、サポートセンターからご覧ください。

 

Facebook社は「マルチユーザー」と「アプリ共有」機能が、利用者と開発者の皆様にとって有益な機能になると考えています。Pistol Whipでより難易度の高いステージで競い合ったり、サバイバルホラーゲームLies Beneathを同じペースで進み、パズルを解きながら隠された真実を明らかにする伝承オブジェクトを見つけたり、面白そうなゲームを友達に勧めたりと、これまで以上にOculus Questを楽しんでいただければと思います。

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください