映画
アニメ

loundraw初監督映画「サマーゴースト」2021年公開決定!! ティザービジュアル解禁&Z会コラボも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

このたび、イラストレーターとして各界から注目を集めるloundraw(ラウンドロー)の初監督映画作品「サマーゴースト」が2021年に公開されることが決定。ティザービジュアルも解禁となった。さらに、映画「サマーゴースト」とZ会とのコラボレーションも決定した。

透明感・空気感のある色彩と被写界深度を用いた緻密な空間設計で稀有な存在感を放つloundrawはイラストレーターとして10代で商業デビュー後、小説「君の膵臓をたべたい」「君は月夜に光り輝く」などの装画で一躍脚光を浴びる。さらに、監督・脚本・構成・キャラクターデザイン・原画・動画・背景・撮影の全てを自身で務めた卒業制作オリジナルアニメーション「夢が覚めるまで」のYouTubeでのバイラルヒットを経て2019年1月にアニメーションスタジオ「FLAT STUDIO」を設立。新たな挑戦として短編アニメーション映画の制作を掲げ、イラストレーターから映画監督へ、という異例のキャリアを歩んでいる。

■弱冠26歳にして映画監督デビュー!loundrawが監督を務める短編アニメーション映画「サマーゴースト」が 2021年に公開決定!!

ティザービジュアルも解禁となった。

loundrawは『自分が自分でなくなっていっていく。そんな自分を、どうにかつなぎ止めたくて描いた落書き。映画「サマーゴースト」は、そんな一枚のイラストから生まれた物語』と語る。ティザービジュアルには、夜に沈みかける紺碧の空、その彼方で夕日に照り輝く雲、そして憂いを帯びた眼差しでそれぞれ異なる先を見つめる2人の少年「友也(ともや)」「涼(りょう)」と1人の少女「あおい」が描かれており、友也が持つ線香花火は勢いよく火花を散らしている。映画「サマーゴースト」の詳細については今後徐々に明かされていく予定だが、loundrawが映画監督としてスクリーンにどのような世界を描き出すのか、期待が高まるビジュアルだ。

 

■早くも映画「サマーゴースト」とZ会とのコラボレーションが決定!!

Z会とアニメーション作品とのコラボレーションは7年ぶり。

『様々な悩みや葛藤を抱えながら今を生きる若者たちへ、彼らを励まし応援するメッセージとなる映像を制作して欲しい。』というZ会からloundrawへのオファーをきっかけに、映画「サマーゴースト」とZ会のコラボレーションが実現。「サマーゴースト」の世界に存在するもうひとつの物語として、監督・演出・キャラクターデザイン・作画監督・美術監督・撮影監督・編集の全てをloundrawが担い、コンセプトムービー「一番近くて遠い星」が制作された。2014年にはZ会と新海誠監督とのコラボレーション作品「クロスロード」が公開され大きな話題となったが、「クロスロード」に続く形で、約7年ぶりにアニメーション作品とのコラボレーションが行われる。

「一番近くて遠い星」は、志望校合格をめざす天文部の高校生「香織」を主人公とした物語。映像内では、香織と同じくそれぞれの人生の岐路に立つ3人の高校生、「友也」「あおい」「涼」の姿も観ることができる。「一番近くて遠い星」「サマーゴースト」の2作品には“光が照らす未来へ、世界はつながっている”という、不確かな未来に向き合うすべての人達への共通のメッセージが込められており、映画の公開に先駆けて作品の世界観を感じることができる。「一番近くて遠い星」は現在YouTubeにて公開されており、今後TVCMも放送予定だ。

 

『ここで生きているということ。作品を通して、それをもう一度確かめてみたい』 そう語るloundrawから目が離せない。

2021年、貴方は新たな才能の目撃者となるー。

 

 

loundrawコメント】

映画のタイトルが公開されました。

 

「サマーゴースト」

ひと夏の、ある不思議な日々を過ごした少年少女のお話です。

 

2018年9月29日。僕は「Summer Ghost」という絵を投稿しました。

思っていたほど器用に生きられなくて、でも、孤独を楽しめるほど強くもなくて。

期待に応えようとするほどに、自分が自分でなくなっていっていく。

そんな自分を、どうにかつなぎ止めたくて描いた落書き。

映画「サマーゴースト」は、そんな一枚のイラストから生まれた物語です。

 

ここで生きているということ。作品を通して、それをもう一度確かめてみたいと思いました。

正論で語れるほど、僕たちは簡単ではないから。綺麗事でない弱さや身勝手さ、そこまで含めて、生きるということだ。

そんな気持ちを、ちゃんと形にして残すべきだと思ったのです。

 

皆さんの心のどこかに、そっと残り続ける。「サマーゴースト」がそんな作品になるよう願いながら、ずっと制作をしています。

楽しみにしていてください。

よろしくお願いいたします。

 

loundrawプロフィール】

イラストレーターとして10代のうちに商業デビュー。2019年1月アニメーションスタジオ《FLAT STUDIO》を設立。透明感、空気感のある色彩と、被写界深度を用いた緻密な空間設計を魅力とし、様々な作品の装画を担当する。2017年7月、監督・脚本・演出・レイアウト・原画・動画・背景と制作のすべてを手がけ、声優・下野紘、雨宮天らが参加した卒業制作オリジナルアニメーション『夢が覚めるまで』がバイラルヒット、同年9月には自身初の個展『夜明けより前の君へ』を開催するほか、小説『イミテーションと極彩色のグレー』、漫画『あおぞらとくもりぞら』の執筆、音楽アート集団・CHRONICLEでの音楽活動など多岐にわたる。2020年6月、短編アニメーション映画をゴールとするメディア横断型企画《PROJECT COMMON》が始動した。

 

Z会×映画「サマーゴースト」】

・コンセプトムービー「一番近くて遠い星」公開URLhttps://www.youtube.com/watch?v=OroOJjeeY50

・コラボレーション特設ページ:http://pjt.loundraw.jp/

・Z会特設サイト:https://www.zkai.co.jp/home/cm/summerghost/

 

■タイトル:映画「サマーゴースト」

■公開表記:2021年公開決定

■コピーライト:©サマーゴースト  ※素材掲載の際はコピーライトの表記をお願いします

 

■公式サイト:https://summerghost.jp

■公式Twitter:@summerghost_PR

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください