映画
アニメ

映画『SNS-少女たちの10日間-』予告映像&コメント解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

この度、4月23日金より日本公開となる映画『SNS少女たちの10日間』の日本版予告映像が完成いたしました。男性と女性の二人組監督による和やかなオーディション風景から、巨大なスタジオ内での子ども部屋の設営、綿密な打ち合わせ、そして撮影と同時に設定12歳の成人女性3名のアカウントに群がる成人たちの姿。10日間で一体何が起きるのか徹底検証した衝撃のリアリティーショーの予告編がいよいよ解禁となります。さらに「コンセント」「スカートの中の秘密の生活」「逆さに吊るされた男」などで著名な作家・田口ランディさんからのコメントも到着いたしました。

 

 

 

 

ネットという繋がりっ放しの世界で何が起きているか。ある一面の事実がここに浮き彫りになりました。
この映画をご覧になった方々とネット社会を生きていく上で必要なリテラシーを共に作っていけたらと願います。
田口ランディ(作家)

 

 

ただ友達が欲しいだけ。世界を震撼させた衝撃のリアリティーショー

2020年、1本のドキュメンタリーが世界を震撼させた。そこは巨大な撮影スタジオに作られた3つの子供部屋。幼い顔立ちの18歳以上の3名の女優が12歳という設定の下、部屋に設置されたPCを使いSNSで友達募集をしたところ、なんと2,458名もの成人男性がコンタクトを取り卑劣な誘いを仕掛けてきたのだ。精神科医、性科学者、弁護士や警備員など専門家の万全なバックアップやアフターケアを用意しながら撮影を続けること10日間。撮影されているとは気付かず、未成年に対する容赦ない欲望の行動は徐々にエスカレート。児童への性的搾取者が徐々に尻尾を出し始めるのだった。

現代の子どもたちが直面する危険をありのまま映し出した恐るべきこのリアリティーショーは、SNSと常に接するジェネレーションZ世代やその親たちに恐怖と共に迎えられ、本国チェコでドキュメンタリーとしては異例の大ヒットを記録。児童への性的搾取の実態を捉えた映像としてチェコ警察から刑事手続きのための映像が要求されるなど、実際の犯罪の証拠として警察を動かした大問題作だ。
監督は、チェコで活躍するドキュメンタリー作家のヴィート・クルサークとバーラ・ハルポヴァー。

 

 

監督:バーラ・ハルポヴァー、ヴィート・クルサーク

原案:ヴィート・クルサーク

出演:テレザ・チェジュカー、アネジュカ・ピタルトヴァー、サビナ・ドロウハー

字幕翻訳:小山美穂

字幕監修:牧野ズザナ

配給:ハーク配給

協力:EACHTIME

【2020年/チェコ/チェコ語/5.1ch/ビスタサイズ/原題Vsíti104分/R15】

公式HP:www.hark3.com/sns10days

©2020HypermarketFilm,CzechTelevision,PeterKerekes,RadioandTelevisionofSlovakia,HeliumFilmAllRightsReserved.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください