アニメ
ゲーム

エヴァ・グリーン主演最新作『約束の宇宙』公開決定&ポスター解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

フランス人宇宙飛行士のサラ(エヴァ・グリーン)は、欧州宇宙機関(ESA)で、長年の夢だった宇宙へ行く事を目指して、日々訓練に励んでいる。物理学者の夫とは離婚し、まだ7歳の娘ステラと二人で暮らしている彼は、“Proxima(プロキシマ)”と名付けられたミッションのクルーに選ばれる。大喜びの彼女だったが、このミッションに旅立てば、約1年もの間、娘と離れ離れになる。過酷な訓練の合間に、娘は母と一つの約束をする。「打ち上げ前に、2人でロケットを見たい」と。母は約束を果たし、無事に宇宙へ飛び立てるのか。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

第45回セザール賞<主演女優賞>ノミネート、サン・セバスティアン国際映画祭<審査員特別賞>を受賞するなど国際映画祭で話題を集めた『Proxima(原題)』が、『約束の宇宙(そら)』(配給:ツイン)として、2021年4月16日(金)にTOHOシネマズ シャンテ 他にて全国公開が決定、あわせてポスタービジュアルが解禁となります。

 

母サラを演じるのは、『007/カジノ・ロワイヤル』でボンドガールを務め、ティム・バートン監督作のミューズとして『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』『ダンボ』などの話題作に出演する実力と美貌を兼ね備えたエヴァ・グリーン。
娘のステラは約300人の中からオーディションで選ばれたゼリー・ブーラン・レメル。サラと同じミッションに参加する宇宙飛行士にマット・ディロン(『クラッシュ』『ハウス・ジャック・ビルド』)、親子を温かく見守るカウンセラーにザンドラ・ヒュラー(『ありがとう、トニ・エルドマン』)、サラの元夫にラース・アイディンガー(『パーソナル・ショッパー』)という欧米の実力派俳優が集結した。

村の因習に苦しめられるトルコの5人姉妹の青春を描き『裸足の季節』(15)の脚本が絶賛で迎えられたアリス・ウィンクール監督が、かつてない斬新な視点で女性宇宙飛行士の葛藤と親子の絆を描き出す。音楽は、世界で活躍し続ける坂本龍一が担当。やさしく美しい旋律が、母と娘の物語を包み込む。撮影は欧州宇宙機関(ESA)全面協力の下で、ドイツ、ロシア、カザフスタンの宇宙関連施設で敢行。宇宙でのミッションを遂行するために、隔離された施設でストイックに訓練に勤しむ宇宙飛行士たちのリアルな姿を捉えている。
この度解禁となるポスタービジュアルでは、宇宙飛行士であり、母親である主人公サラが娘のステラを見つめる愛情深い眼差しが印象的だ。

『ゼロ・グラビティ』(13)や『インターステラー』(14)で描かれたスーパーウーマン的な宇宙飛行士ではなく、宇宙へ行くことをずっと夢見てきたひとりの女性が、ごく普通の母親の顔も持ち、仕事への情熱と娘への愛の間で葛藤する現代的で人間らしい姿に誰もが共感せずにはいられないだろう。
また、日本公開にあたり、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の後援も決定。後援は、宇宙飛行士であり母親でもある主人公と子の関係性を描いた本作に、JAXAが賛同し実現したもので、洋画での後援は今回が初となる。

 

 

監督&脚本:アリス・ウィンクール 『博士と私の危険な関係』(監督)、『裸足の季節』(脚本)
出演:エヴァ・グリーン 『007 カジノ・ロワイヤル』『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』『ドリーマーズ』
マット・ディロン 『クラッシュ』『ドラッグストア・カウボーイ』『ハウス・ジャック・ビルト』
ザンドラ・ヒュラー 『ありがとう、トニ・エルドマン』『希望の灯り』
音楽:坂本龍一
2019年/フランス/107分/フランス語・英語・ロシア語・ドイツ語 配給:ツイン 後援:JAXA 協力:Vixen
ⒸCarole BETHUEL ⒸDHARAMSALA & DARIUS FILMS
公式サイト:http://yakusokunosora.com/

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください