アニメ
ゲーム

映画『おもいで写眞』主演:深川麻衣 × 監督:熊澤尚人 ポスタービジュアル、予告編解禁! 主題歌は安田レイが力強く歌う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

この度、2021年1月29日(金)全国公開の深川麻衣主演、熊澤尚人監督の『おもいで写眞』の主題歌に安田レイの「amber」が決定し、映画のポスタービジュアルと主題歌を使用した予告編が解禁となりました。

 

 たった一人の家族だった祖母が亡くなり、メイクアップアーティストになる夢にも破れ、東京から富山へと帰ってきた音更結子。祖母の遺影がピンボケだったことに悔しい思いをした結子は、町役場で働く幼なじみの星野一郎から頼まれた、お年寄りの遺影写真を撮る仕事を引き受ける。初めは皆「縁起でもない」と嫌がったが、思い出の場所で写真を撮るという企画に変えると、たちまち人気を呼ぶ。ところが、あるひとの思い出が嘘だったとわかり、その後も謎に包まれた夫婦や、過去の秘密を抱えた男性からの依頼が舞い込む。怒って笑って時に涙しながら成長してゆく結子の毎日は、想像もしなかったドラマを奏でてゆく──。

 

 

 

 主演は、『パンとバスと2度目のハツコイ』で、第10回TAMA映画賞最優秀新進女優賞を受賞し、その後も『愛がなんだ』『空母いぶき』など話題作への出演が続く深川麻衣。嘘にまつわる切ない記憶から、不器用なほど真っすぐに生きてきた結子を、透明感あふれる強い眼差しで演じた。さらに、高良健吾、香里奈、井浦新ら実力派に、吉行和子、古谷一行 と日本映画の歴史を作ってきた名優たちが、物語に自身の歩んできた道のりの深みを与えた。監督は、『おと・な・り』『君に届け』『ユリゴコロ』の熊澤尚人。人間の心の機微をすくい取り高く評価されてきた手腕で、今の時代にこそ必要な世代を超えた人と人との触れ合いをオリジナル脚本で描く。
忘れていた素晴らしい思い出と再会し、笑顔とパワーを取り戻すお年寄りたち。〈おもいで写真〉は、過去だけでなく残りの人生も輝かせる〈魔法のような写眞〉だった。人は誰でも最後の瞬間まで楽しく生きることができるという希望を届けてくれる、感動の物語。

 

 主題歌を歌う安田レイは、2013年7月シングル「Best of My Love」にてソロシンガーとしてデビュー。ドラマやアニメ主題歌、CMタイアップ曲など、話題の楽曲を次々とリリース。2015年11月にリリースした「あしたいろ」は、TBS系ドラマ「結婚式の前日に」主題歌として共感を呼び、「第57回輝く!日本レコード大賞」新人賞を受賞した実力派アーティスト。本作では、夢に敗れた結子が世代を超えた人と人との交流をしながら、〈おもいで写真〉を通じてお年寄りたちの日々を次第に輝かせていくという希望の物語を力強い歌声で支える。主題歌「amber」は1月29日(金)から配信スタート。

 

 ポスターは、緑の中に佇む深川麻衣演じる結子と、笑顔の星野役の高良健吾。香里奈、井浦新、吉行和子、古谷一行などのキャラクター写真と「おもいで写眞」〈それを撮ると、あなたの人生が眩しく輝き出す〉という未来に向けたメッセージが印象的だ。

 

 予告編は、星野が結子に「カメラマンやってくれま」という富山弁のシーンからスタート。結子は「遺影写真?」と驚くが、遺影写真の撮影を始めることにする。ところが、「お断りです」「遺影なんて縁起でもない」と断れてしまう。そんな中、吉行和子演じる和子が「行きたい場所があるんよ、そこで撮るなら」と自分の思い出の場所での撮影に協力してくれる。〈おもいで写真〉は「100人のお年寄りを笑顔にするミッション」という星野。「部屋に飾って毎日見るが、楽しいがー。」という和子と共にたくさんのおもいで写真とお年寄りたちの笑顔が映し出される。かたや、古谷一行演じる柏葉の「悔いが残ったんじゃやりきれん」とうなだれる柏葉と直後、夜、柏葉を大勢で探す結子たちの姿。ラストは「彼女が撮っていたのは毎日が宝物に変わる魔法のような写真でした」というナレーションに「撮ってもらって嬉しかったよ」という和子のセリフが感動を呼び起こす。

 

■安田レイコメント

 


不器用で、素直に生きるのが下手な主人公の音更結子。

なんだか自分のことを見ているような、そんな錯覚に陥りました。

本当は優しく笑っていたいし、誰かのためにできることを見つけたいのに、

弱い自分を守ることに精一杯で、気付いたら眉間にシワを寄せて世界を睨みつけている日々。

でも、そんな時に肩の力の抜き方を教えてくれるのは、結子の本当の優しさに気付いて側にいる大切な人達。

時には厳しく、時には優しく、愛の形を教えてくれるみんなと共に成長する結子を、自分に投影して歌わせていただきました。

不器用なありがとうを、あなたに届けます。

温かいメッセージがたくさん詰まった作品に関われて、本当に幸せです。

 

■安田レイプロフィール

1993年4月15日、アメリカ・ノースカロライナ州生まれ。

3歳で日本ヘ。10歳の頃、母親が聴いていた宇多田ヒカルに衝撃を受けてシンガーを志す。13歳で音楽ユニット『元気ロケッツ』に参加。20歳を迎えた2013年、「自身の歌声をもっともっとたくさんの人々の心に直接届けたい」という強い想いを胸に、同年7月シングル「Best of My Love」にてソロシンガーとしてデビュー。その後も、ドラマやアニメ主題歌、CMタイアップ曲など、話題の楽曲を次々とリリース。2015年11月にリリースした「あしたいろ」は、TBS系ドラマ「結婚式の前日に」主題歌として共感を呼び、その年の活躍が認められ、「第57回輝く!日本レコード大賞」新人賞も受賞。これまでにリリースしたアルバム3作全てがiTunesにてJ-POPチャートTOP10入りを果たしており、さらなる活躍が期待されている。

 

 

作品クレジット
■タイトル:『おもいで写眞』(※写眞の“眞”は旧漢字となります)
■公開日:2021年1月29日全国公開
■出演:深川⿇⾐ ⾼良健吾 ⾹⾥奈 井浦新 古⾕⼀⾏/吉⾏和⼦  
■監督・脚本:熊澤尚人
■脚本::まなべゆきこ ■音楽:安川午朗
■原作:熊澤尚人「おもいで写眞」(幻冬舎文庫)
■主題歌:安田レイ「amber」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
■製作:テンカラット ソニー・ミュージックエンタテインメント イオンエンターテイメント 関西テレビ放送 スタジオブルー
■製作プロダクション:スタジオブルー
■ 配給:イオンエンターテイメント
URL:http://omoide-movie.com
©「おもいで写眞」製作委員会

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください