映画
アニメ
ゲーム

シンクロの斬撃:Beat SaberのマルチプレイヤーモードがQuestとRiftで配信開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

 

多くのことが友達と一緒だとより楽しめますが、Beat Saberも例外ではありません。発売開始してからの2年間、Beat Saberのファンは数えきれないほどのブロックを切り裂いてきました。本日、待望のBeat Saberのマルチプレーヤーモードが発売開始され、これまで以上に簡単に他のプレイヤーとの連携が可能となり、最大5人まで一緒に曲に飛び込むことができるようになりました。友達とトップを競ってプレイすることもでき、いろいろな楽しみ方でプレイいただけます。

 

 

これは、Beat Saberの次の章のスタートであり、そしてまだ始まりに過ぎません。現在、Beat Saberにはマルチプレイヤーモードが搭載されていますが、これはビートゲームの開発者にとって開発の土台となるものです。利用者からの声は、Beat Saberが誕生した時から重要であり、それは変わることがありません。これから多くの楽曲をご提供し、BTSミュージックパックも近々発表いたします。今後も追加されるコンテンツをお楽しみいただければと思います。

 

ビートゲームのマーケティングリーダーであるMichaela Dvořákováは、Beat Saberのマルチプレイヤーモードの開発秘話や今後の展開、リリースから2年が経過したBeat Saberについて以下のように回答しています。

 

 

今回、Beat Saberがマルチプレイヤーモードとして提供されることになった理由を教えてください。

 

Michaela Dvořáková(以下、MD):Beat Saberには巨大なコミュニティがあります。このゲームは人と人をつなぐゲームなので、もっとソーシャルな体験ができるようにしたいと当初から考えていましたし、全く新しいレベルでプレイヤー同士が競い合えるようにしたいと思っていました。マルチプレイヤーモードは本当に長い間チームとして検討していましたが、他にも先にやるべきことがいくつかありました。例えばBeat SaberをQuestに移行したり、レベルエディターを追加することなどです。今年になってようやくマルチプレイヤーモードの追加に全面的に力を入れることができ、このゲームの楽しく新鮮な機能として追加することができました。何ヶ月もの開発期間を経た今、マルチプレイヤーモードでコミュニティに参加し、肩を並べて競い合えることがとても楽しみです。

 

マルチプレイヤーモードを追加するにあたって、どのような課題がありましたか?

 

MD:驚くことではありませんが、私たちのチームにとっての最大の課題は、まったく新しいマルチプレイヤー環境を設計しコーディングすることでした。リードデベロッパーでありゲームデザイナーでもあるJán Ilavskýは、何ヶ月もかけて強烈な印象を与える環境デザインに注力しました。しかし、これはあくまでも私たちにとって始まりに過ぎません。本日、これまでで最大のアップデートとなるマルチプレイヤーモードをリリースしますが、開発者は次に何を追加したいかすでに分かっており、今後もBeat Saberのマルチプレイヤーモードに時間をかけて拡張し、改善していきます。

 

例えば、クロスプレイのサポートや360°マップのサポート、また90Hzのリフレッシュレートなどを検討しています。プレイヤーにとって重要な機能はたくさんあり、何を加えることができるか常に模索しています。私たちはコミュニティのたくさんのファンの皆さんから得られるフィードバックを大切に思っており、とても感謝しています。Beat Sabarはファンの皆さんのサポートなくして、今日の姿とはならなかったでしょう。

 

開発中やテスト中に発生したマルチプレイヤーモードに関するおもしろい話や不運な出来事について教えてください。

 

MD:テストの初期段階では、思わず笑ってしまう場面がたくさんありました。例えば、プレイテストを一緒に実施できるようにチームの人たちがロビーに集まると、アバターの一部が予期せぬ動きしてしまうことがありました。アバターの手が体から遠くに移動したり、フクロウの頭のようにアバターの頭が不規則に回転し始めたりしました。そんな場面はとても面白かったです。

 

友達とプレイするにあたって、お気に入りの曲は何ですか。

 

MD:繰返しプレイするお気に入りの曲がいくつかあります。しかし友達が選んでくれた曲でプレイする時が何より楽しいです。Beat Saberの サウンドトラック(および購入したDLC)はすべてマルチプレイヤーモードで利用することができます。私は友達みんなにOculusパーティーに参加してもらい、それぞれが飛び入りでお気に入りの曲を提案できることが大好きです。自分の本当に得意な曲で友達に勝つことは簡単ですが友達のお気に入りの曲でプレイした場合はどうなるでしょうか。それが本当の腕の見せ所だと思います。

 

発売から2年を過ぎましたが、当時はBeat Saberの開発を現在まで続けていると予想していましたか。

 

MD:もちろんです!チームの誰もが、Beat Saberは 最初から大きな可能性を秘めていると思っていました。このゲームが2019年5月にアーリーアクセスから登場したとき、私たちのリードデベロッパーであるJán IlavskýとVladimír Hrinčárは、このゲームがまだ完成からほど遠いことが分かっていました。そして、私たちは今でもそう感じており、Beat Saberはもっとたくさんのことを提供できると考えています。それは新しいゲーム機能にとどまらず、今後ゲームに追加してほしいと考えているたくさんのアーティストや音楽のジャンルも含んでいます。私たちは、Beat Saberというゲームの開発に携わることにも、プレイすることにも愛着を持っており、常に新しい発見があるようにしたいと考えています。

 

Beat Saberの次の目標は?楽しみなアップデートはありますか。

 

MD:私が言えるのは、来年にはもっとたくさんのエキサイティングなゲーム内の追加機能と、たくさんの新規楽曲が追加されるいうことです。どうぞご期待ください!

 

利用者に伝えたいことは他にございますか?

 

MD:素晴らしいコミュニティの皆さん、2018年にBeat Saberがリリースしてから楽しんでいらっしゃる皆さん、そして昨日13日に発売されたOculus Quest 2でVRの世界に飛び込んでくれる新しいプレイヤーの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。私たちは皆さんのエネルギー、才能、興奮、そしてVRの未来と今後の展開に期待しています。Beat Saberが、世界の新しいフィットネスを発見する、新しい友達を作る、家族との結びつきを再び強める、さらにはより良い一日を過ごすことができたと話を聞くたびに、私たちは大変嬉しく感じています。

Questプラットフォームや Riftプラットフォーム上で、Beat Saberのマルチプレイヤーモードで友達に挑戦したり、リズムに合わせて剣を振って、ぜひ楽しんでください。

 

本日の発表はOculus Blog(英語)からもご覧いただけます。

Beat Saberに関する画像はこちらからご確認ください。

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください