映画
アニメ
ゲーム

5年ぶりにスクリーンに復活! 趣味・人殺し、特技・人殺し、惨殺大好き ホラー界屈指の美女・ベイビー 『スリー・フロム・ヘル』 『スリー・フロム・ヘル』『とっととくたばれ』『VS狂犬』新規場面写真 解禁‼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

 

1968年に創設された「シッチェス映画祭」は、スペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭。SF、ホラー、サスペンスなどのジャンル映画を特化して扱う「世界三大ファンタスティック映画祭」の1つです。『シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション』は、シッチェス映画祭で上映された作品の中から厳選した作品を日本で上映する、シッチェス映画祭公認の映画祭。これまで2012年、13年、14年、15年まで開催され、一昨年2018年、日本のホラーファンから復活を求める声が多数集まり、3年振りに完全復活! そして、昨年に続き今年も『シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2020』の開催が決定!今年で7回目を迎えます。観客を恐怖のどん底へ叩き落す強力なラインナップをひっさげ、日本に登場!

 

 

惨殺大好き美女・ベイビー 『スリー・フロム・ヘル』
恐怖の笑顔で狂い殺しまくる!

 

今年の『シッチェス映画祭2020』の上映6作のなかでも、目玉作品となる『スリー・フロム・ヘル』。本作は映画監督としての顔ももつ世界的ヘヴィメタルバンド「ホワイト・ゾンビ」のボーカル、ロブ・ゾンビが手掛けた『マーダー・ライド・ショー』(2003)、『デビルズ・リジェクト マーダー・ライド・ショー2』(2005)に続くシリーズ第三弾!最狂最悪の殺戮大好きファミリー、ファイアフライ一家が己の欲望のままに行く先々で殺人を繰り返すカルト的人気シリーズだ!惨殺大好きファミリーであるファイアフライ一族のベイビー(↑写真女性)は、美しい美貌とは裏腹、中身は恐ろしい殺人鬼。一時は刑務所に入れられてしまうが、脱獄しなお惨殺し続ける姿はまさに最恐で最強!前作から引き続き、ナイフ使いの彼女は今作では、包丁、弓矢さらには素手で殺害を繰り返す。あらゆる武器もたやすく扱い、持ち前の色気をも駆使して脱獄する。挙句死んだ被害者の顔を切り裂き、額には“ベイビー”と自身の名前を彫るほどのサイコパス具合。これには幼馴染のオーティスと今作から新たに加わった腹違いの兄弟フォクシーも呆れる始末。前作よりもさらにヒートアップした彼女の狂気っぷりはまさに圧巻!15年ぶりにスクリーンに帰ってきた“ホラー界屈指の美女”ベイビーの留まることを知らない狂気を、是非スクリーンで確かめてほしい!

 

今年のシッチェスは「女」が最強!
他にも知的な悪女やサバイブ系少女、「女」たちが暴れまくる!!

 

『とっととくたばれ』は、筋金入りの悪徳刑事である父親を殺害するよう恋人を翻弄する悪女が登場。男を使い、知的に追い詰めていく、娘の父親に対する復讐心は笑えないほど恐ろしい。『VS狂犬』は謎のウイルスによって狂犬とかした愛犬と闘う車椅子の少女。主演のパウラ・デル・リオは撮影当時18歳。彼女に惚れ込んだ監督が脚本の年齢設定を変更してまで起用したことも納得の熱演ぶり。

 

 

『スリー・フロム・ヘル』

 

★殺戮大好き一家が殺人行脚を繰り広げる、血塗れロードムービー!

ロブ・ゾンビ監督が『マーダー・ライド・ショー』『デビルズ・リジェクト マーダー・ライド・ショー2』に続いて贈るシリーズ第三弾。殺戮大好き一家のキャプテン・スポールディング、オーティス、ベイビーは警官隊の銃撃から生き残り、刑務所に入れられる。死刑を逃れたオーティスとベイビーはオーティスの腹違いの兄弟フォクシーの協力で脱獄、メキシコを目指す。狂気度を増した殺人行脚が繰り広げられる血塗れのロードムービー。

 

 

 

 

ロブ・ゾンビは自分が好きな映画を作り続けている。「自分が好きな映画」にするために、まずやるべきことは自分が好きで好きで仕方のないあれこれを作品内に過剰なまでに取り入れることだ。殺人ファミリー、ファイアフライ一家サーガの完結編となる本作もそのように作られており、その結果、本作はロブ・ゾンビの脳内を直接プロジェクターにかけたかような、特異な映像体験をもたらすものとなった。そこはマンソン・ファミリーが、『女体拷問人グレタ』が、ミケーレ・ソアヴィの『アクエリアス』が、サンタ・ムエルテとナイフ片手に手を取り合って踊り狂い殺しまくる、どぎつくカラフルでどこまでも「アメリカン」な地獄世界なのである。

高橋ヨシキ

 

○監督:ロブ・ゾンビ

○出演:シェリ・ムーン・ゾンビ、ビル・モーズリー、リチャード・ブレイク、シド・ヘイグ、ダニー・トレホ

○原題:3 FROM HELL 2019年/アメリカ/115分

© 2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

 

 

『ザ・ヴィジル~夜伽~

 

★ユダヤ教にホロコースト…オカルトホラーに宗教や歴史が絡み合う異色作

 

ユダヤ教の信仰を捨てた若者ヤコブは、死人の棺を一晩見守るというユダヤ教の慣例にある役割を謝礼目当てで引き受ける。しかし認知症を患う未亡人は何かにひどく怯えており、ヤコブもまた恐るべき存在と対峙していることに気づく。ジャンルとしてのオカルトホラーに、ユダヤ教やホロコーストの歴史を組み合わせた異色作。本作が長編監督デビューとなるキース・トーマスが、見えないものへの恐怖をじわじわと煽る演出の冴えで魅せる。

 

 

「超正統派」と呼ばれるユダヤ教の一派は、(よく言えば)ミステリスで奇妙な生活を送っている。アメリカの「超正統派」のほとんどは本作の舞台となっているニューヨークに集中しているが、彼らは外界と隔絶した状況でカルト的なコミュニティを形成している(「超正統派」を追ったNetflixのドキュメンタリー『ワン・オブ・アス』は本作の良き副読本である)。『ザ・ヴィジル』の主人公は「外」の世界に対して怯えている。外界との関わりにおける個人的な、そして集団的な記憶が彼の恐怖の源泉なのだがーーだとしたら、実のところ、彼の「怯え」の構造は我々自身のそれとまったく同じではないだろうか? 「恐怖」は外部からもたらされるのだ。

高橋ヨシキ

 

○監督:キース・トーマス

○出演:デイヴ・デイヴィス、メナッシュ・ラスティグ、マルキー・ゴールドマン、リン・コーエン

○原題:THE VIGIL 2019年/アメリカ/88分 © 2019 The Vigil Movie, LLC. All RIGHTS RESERVED.

 

 

 

『とっととくたばれ』

★青年と刑事、娘の殺意が激突!血しぶき舞い散るハイテンションなコメディスリラー
恋人の父親を殺そうと決意した若者、そう簡単には殺られない筋金入りの悪徳刑事、そんな父親への復讐心を秘めた娘、それぞれの殺意がひとつのアパートメントで激突し、血しぶき舞い散るバイオレンスバトルになだれ込む。激痛もののゴア描写をポップな映像とブラックユーモアで包み込むハイテンションなコメディスリラー。 “ロシアのタランティーノかパク・チャヌク”と激賞されたロシアの新鋭監督キリル・ソコロフの長編デビュー作。

 

 

○監督:キリル・ソコロフ
○出演:ヴィタリー・カエフ、アレクサンドル・クズネツォフ、エフゲーニヤ・クレッグツェ、ミハイル・グレヴォイ
○原題:WHY DON’T YOU JUST DIE! (PAPA, SDOKHNI!)
2018年/ロシア/100分 (c) WHITE MIRROR FILM COMPANY 2018

 

 

『ココディ・ココダ

 

★3人のサイコパスと人喰い犬からエンドレスに襲撃を受ける夫婦のシュールなホラー

愛娘を亡くした夫婦が2人の関係を修復しようとキャンプに出かけるが、3人のサイコパスと人喰い犬に襲われて惨殺される。それもエンドレスに何度も……。『恋はデジャ・ブ』や『ハッピー・デス・デイ』に似た“時間のループ”を使ったシュールなホラー。監督はデビュー作『いつも心はジャイアント』が絶賛を浴びたスウェーデンの俊英ヨハネス・ニホーム。殺人者役のペーテル・ベッリは60年代のデンマークで人気を博したロック歌手。

 

○監督:ヨハネス・ニーホルム

○出演:ペーテル・ベッリ、レイフ・エードルンド・ヨハンソン、イルヴァ・ガロン、カタリーナ・ヤコブソン

2019年/スウェーデン=デンマーク/86分

○原題:KOKO-DI KOKO-DA

COPYRIGHT 2019 JOHANNES NYHOLM PRODUKTION, ALL RIGHTS RESERVED

 

『VS狂犬』

★人間VS狂犬!? 謎のウイルスにより壮絶なサバイバルバトルが勃発!
交通事故で四肢麻痺になった少女エレナ。介護犬のアトスと林の中の一軒家で暮らすことになるが、アトスが謎のウイルスに感染してしまった! 片方の腕しか動かせず自動車椅子に頼るしかないエレナに、凶暴化した愛犬が襲いかかる。密室空間での人間VS狂犬の壮絶バトルを描くサバイバルホラー。主演のパウラ・デル・リオは撮影当時18歳。彼女に惚れ込んだ監督が脚本の年齢設定が変更をしてまで起用したことも納得の熱演を披露。

 

 

○監督:ホセ・ルイス・モンテシノス
○出演:パウラ・デル・リオ、ミゲル・アンヘル・ジェネール、ジョルディ・アギラール
○原題:CUERDAS (ROPES)
○2019年/スペイン/87分  (c) SUBETE AL TREN 2019

 

『恐怖ノ黒電波

 

★ディストピアと化したトルコでエンジニアの変死事件が起こりはじめる…

ディストピアと化したトルコ。政府の主導で、古い高層アパートのテレビアンテナが新設される。政府のプロパガンダをすべての住人に提供するためだ。しかし作業をしたエンジニアが不可解な死を遂げ、裏に隠された邪悪な意図が浮かび上がる。独裁体制が強まるトルコの現実を反映した社会派スリラー。ジョージ・オーウェルの「1984年」的管理社会の恐怖が、摩訶不思議な展開とこだわり抜いた精緻なビジュアルで綴られる悪夢的スリラー。

 

○監督:オルチュン・ベフラム

○出演:イーサン・オナル、ギュル・アリヂ、レベント・ウンサル、ウシュル・ゼイネップ

○原題:BINA (THE ANTENNA)  2019年/トルコ/115分

 

 

 

シッチェス映画祭とは

 

シッチェス映画祭は、1968年に創設されたスペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催される映画祭。国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認の国際映画祭であり、ファンタジー系作品(SF映画・ホラー映画・スリラー映画・サスペンス映画など)を中心に扱うスペシャライズド映画祭として、世界でも権威のある国際映画祭のひとつである。

ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭、ポルト国際映画祭(ファンタスポルト)と並ぶ世界三大ファンタスティック映画祭の代表格であり、ホラーやファンタジージャンル映画の最先端作品を選定する特徴。歴代の最優秀作品には『狼の血族』『死霊のしたたり』、日本映画の『リング』などがある。最優秀賞受賞者もヴィンセント・プライスからデヴィッド・クローネンバーグ、審査員には『食人族』のルッジェロ・デオダートがいたりと、本映画祭の歴史がホラー映画の歴史を表していると言っても過言ではない。

近年では中島哲也監督の『渇き。』が最優秀男優賞、新海誠監督の『君の名は。』がアニメーション部門にて、最優秀長編作品賞を受賞するなど、日本ともゆかりの深い。

 

■映画祭タイトル「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2020」

■会期・会場:10月30日(金)~11月12日(木) @ヒューマントラストシネマ渋谷

今秋開催              @シネマスコーレ

10月30日(金)~11月12日(木) @シネ・リーブル梅田

■料金:当日一般:1,600円/専門・大学生、シニア:1,200円/

高校生以下:1,000円

■公式サイト: https://www.shochiku.co.jp/sitgesfanta/

■FB: https://www.facebook.com/sitgesfanta/

■ツイッター: https://twitter.com/sitges_fanta

■配給・宣伝:ブラウニー

協力:松竹

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください