映画
アニメ
ゲーム

サム・ライミ製作 映画『ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷』2020年10月30日劇場公開決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【STORY】

森林地帯で車に乗った状態の変死体が発見された。一報を受けて、マルドゥーン刑事(アンドレア・ライズボロー)は、グッドマン刑事(デミアン・ビチル)と共に現場にかけつける。道路が閉鎖されていたこともあり、死体は何ヶ月も放置され腐敗していた。遺された所持品から死体の住所が明らかになる。 “レイバーン通り44番地”__そこは、2年前にグッドマン刑事が担当し、いまだに強烈な印象を残している「ランダース事件」の現場……。過去の事件と死体との関連性を疑ったマルドゥーン刑事は、単身でランダース事件の舞台となった屋敷を訪れる。

そこで彼女はただならぬ存在の気配を感じるのだった……。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

 かつてない恐怖をまとった怨念が生まれる……

 

サム・ライミが仕掛ける新たなる恐怖 
『死霊のはらわた』、『スパイダーマン』を監督として手掛けてきたサム・ライミ。本作では、製作として今まで誰も体験したことがなかった新たなる恐怖を仕掛けます。主演は、『ナンシー』、『オブビリオン』などに出演したアンドレア・ライズボロー。そのほか、『エイリアン:コヴェナント』、『ヘイトフル・エイト』に出演し、『明日を継ぐために』で、アカデミー主演男優賞にノミネートされた実力派俳優デミアン・ビチルなど豪華キャストが集結!

 

次々と起こる怪異、迫りくる呪い __ かつてない恐怖をまとった戦慄のホラームービー !!   
「人が怨念を抱いて死んだ時__呪いが生まれる__呪いはその場に染みつき__生き続ける__遭遇したら最後・・・__決して逃れられない」……。物語の冒頭で語られるように、本作は“呪い”をテーマに展開されます。 2004年、 2006年、 2004年、 2005年と交錯する時間軸。屋敷に棲む死霊の正体とは……!?。

公式HP・劇場情報・予告編
★公式HP: https://www.grudge.jp
★劇場情報: https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=Grudge
★予告編: https://youtu.be/fgjDtUMBwxA

 

 

 

 

 

 

作品情報
タイトル:ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷
原題:THE GRUDGE
公開日:2020年10月30日(金)
配給:イオンエンターテイメント
監督:ニコラス・ペッシェ
脚本:ニコラス・ペッシェ
原案:ニコラス・ペッシェ、ジェフ・ブーラー
製作:サム・ライミ
役名・・・出演キャスト:
マルドゥーン刑事・・・アンドレア・ライズボロー
グッドマン刑事・・・デミアン・ビチル
ピーター・スペンサー・・・ジョン・チョー
ニーナ・スペンサー・・・ベティ・ギルピン
フェイス・マシソン・・・リン・シェイ

製作年:2020 製作国:アメリカ 尺:94分 映倫区分:R15(15歳以上がご覧になれます)
言語:英語(日本語字幕) スクリーンサイズ:シネスコ

(C) 2020 Grudge Reboot, LLC. All Rights Reserved.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください