映画
アニメ
ゲーム

映画『ヒットマン エージェント:ジュン』 祝・公開直前! 日本公開大ヒット祈願! レトロ風予告映像解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【STORY】

国家情報院に拾われた孤児の少年は、「ジュン」と名付けられ暗殺要員として育てられた。瞬く間に対テロ保安局“猛攻隊”のエースとなったジュンだったが、漫画家になるという幼い頃からの夢を捨てられず、任務遂行中に死を偽装して行方をくらませる。それから15年後―。ジュンは妻子を持ち憧れの漫画家になったが、全く売れずに妻の稼ぎとバイトで暮らしていた。自暴自棄になり泥酔したジュンは、暗殺要員時代の機密を漫画に描き配信してしまう。朝になり正気に戻ったが時すでに遅く、漫画は大勢の人に読まれ皮肉にも大人気となっていた。

しかし、漫画を読んだ国家情報院とテロリストに生きていることがバレてしまい、命を狙われることになる…!

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

韓国で240万人動員の大ヒットとなったクォ・サンウ主演『ヒットマン エージェント:ジュン』が9/25(金)よりシネマート新宿・心斎橋他全国順次ロードショーとなります。このたび公開直前を祝して、本作のレトロ風予告映像が解禁なります。

 

 

このたび解禁なったレトロ風予告映像は、暗殺のために生まれてきた元・伝説の殺し屋ジュンが、現在は妻の尻にひかれ、アルバイトをしながら、売れない漫画家稼業をしている様子から始まる。しかし暗殺時代を描いたウェブ漫画が大ヒットし、生きていることがばれたジュンは戦いを余儀なくされ・・・。映像はシリアスで緊張感ある映像から一転、本作の笑いのツボを押さえたアクション満載の爆笑必死の映像となっている。

 

本作は『ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ』『鬼手』の主演映画3作品が立て続けに主演作が公開される韓国の人気俳優クォン・サンウの主演最新作。国家情報院に拾われ暗殺要員として育てられたジュンが、漫画家になるという幼い頃からの夢を捨てられず、任務遂行中に死を偽装して行方をくらませる。そして15年後、念願のウェブ漫画家になったジュンだったが、全く売れずにいた。自暴自棄になり泥酔したジュンは、酔った勢いで暗殺要員時代の国家機密をネタにした漫画を描いて配信すると大ヒット!漫画を読んだ国家情報院とテロリストに生きていることがバレてしまい、命を狙われることになる。

 

映画『ヒットマン エージェント:ジュン』は9/25(金)よりシネマート新宿・心斎橋他全国順次ロードショー。

 

 

出演:クォン・サンウ「推理の女王」「天国の階段」

チョン・ジュノ「SKYキャッスル~上流階級の妻たち~」、ファンウ・スルヘ「レッスル!」

イ・イギョン「殺されたミンジュ」、イ・ジウォン「黄泉がえる復讐」、ホ・ソンテ「犯罪都市」

監督・脚本:チェ・ウォンソプ

2020年/韓国映画/韓国語/110分/16:9ビスタ/5.1ch/字幕:安河内真純/公式サイト:hitman-movie.jp

原題:히트맨/英題:Hitman:Agent Jun/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム

© 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください