映画
アニメ
ゲーム

全世界待望ッッ “史上最強の親子喧嘩”を描くシリーズ続編 Netflixオリジナルアニメシリーズ 『範馬刃牙』制作決定ッッ!! 本気の特報映像を解禁ッッ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載の原作「刃牙」シリーズは、地下闘技場の最年少チャンピオンである主人公・範馬刃牙(はんま バキ)と “地上最強の生物”と呼ばれる父・範馬勇次郎(はんま ゆうじろう)との壮絶な死闘を軸に様々な格闘士たちの闘いを描いた大人気格闘漫画。

現在Netflixで全話全世界独占配信中、また地上波でも好評放送中のアニメ『バキ』大擂台賽編の続編となる、「刃牙」シリーズ第3部『範馬刃牙』がNetflixオリジナルアニメシリーズとして制作されることが決定しました!!

アニメ『バキ』大擂台賽編 第12話にて、範馬刃牙が“地上最強の生物”の名を持つ父・範馬勇次郎に挑戦状を叩きつけ、対する勇次郎も刃牙の成長を認め、自らの対戦相手として相応しいとこれを受諾。物語は遂に因縁の二人が全身全霊で激突する展開へと突入。原作で“史上最強の親子喧嘩”を描き切った「刃牙」シリーズのクライマックス『範馬刃牙』が待望のアニメ化!アニメで描かれる苛烈さを増す激闘、最強の決戦をお楽しみに!

また、今回の制作決定を伝える特報映像も解禁!

 

 

特報映像には原作漫画の数々の名シーンが映し出されると共に、早くもアニメ『範馬刃牙』の1シーンから、刃牙が本気の姿を露わにする新作映像がお披露目となりました。

刃牙の「本気でいかせてもらう」のセリフとシンクロするように、全世界が待ち望んだ「刃牙」シリーズ最大のバトルを余すことなく、そして限界まで描き切るべく、スタッフ陣も“本気”を込めつつ制作が進められています!

 

アニメ『バキ』大擂台賽編 作品概要

汗が飛ぶ!血しぶきが舞う!

格闘アニメの金字塔、ここに完成!

 

  • Netflixにて全世界独占全話一挙配信中!!

https://www.netflix.com/baki

  • TOKYO MX1ほかにて好評放送中!!

・TOKYO MX1毎週月曜 深夜0:30~

・サンテレビ 毎週月曜 深夜0:30~

・KBS京都 毎週月曜 深夜0:30~

・テレビ愛知 毎週月曜 深夜2:05~

・HTB北海道テレビ 毎週月曜 深夜1:20~

・TVQ九州放送 毎週木曜 深夜3:00~

※放送日程は変更となる場合がございます。

 

<公式サイト>https://baki-anime.jp/

<公式Twitter>@baki_anime(https://twitter.com/baki_anime)

<公式Instagram「筋スタ」>@baki_kinsta(https://www.instagram.com/baki_kinsta/)

 

<STAFF>

原作:板垣恵介(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)

監督:平野俊貴

シリーズ構成:浦畑達彦

キャラクターデザイン:鈴木藤雄 石川晋吾

色彩設計:宮脇裕美

美術監督:西山正紀

撮影監督:野口龍生

編集:佐野由里子

音楽:藤澤健至(Team-MAX)

音響監督:浦上靖之 浦上慶子

アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

製作:バキッッ製作委員会

 

<CAST>

範馬刃牙:島﨑信長

範馬勇次郎:大塚明夫

ビスケット・オリバ:大塚芳忠

マホメド・アライJr.:保志総一朗

松本梢江:雨宮天

郭海皇:緒方賢一

烈海王:小山力也

劉海王:飯塚昭三

アナウンサー:中尾隆聖

ナレーション:古谷徹

 

<主題歌>

オープニングテーマ:「情熱は覚えている」GRANRODEO(Lantis)

エンディングテーマ:「DEAD STROKE」藤田恵名(キングレコード)


【Netflix (ネットフリックス) について】

Netflixは、190ヵ国以上で1億9300万人を超える有料メンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級の動画配信サービスです。各種受賞作を含む幅広いジャンルのシリーズやドキュメンタリー、長編映画などを多くの言語で配信しています。あらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけ映画やシリーズを楽しんでいただけます。また、一人ひとりの好みに合わせた作品をおすすめする独自の機能により、観たい作品が簡単に見つかります。広告や契約期間の拘束は一切ありません。

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください