映画
アニメ
ゲーム

映画『鵞鳥湖の夜』 『薄氷の殺人』の気鋭監督が描く、革新的ノワール・サスペンス 魅惑的な闇と色彩が渦巻く鮮烈なヴィジュアルで現代中国の暗部をえぐる リズム!暴力!三密!ギャングたちの抗争に巻き込まれたフー・ゴーが大暴れ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【STORY】

 

2012年、中国南部。再開発から取り残された鵞鳥湖の周辺地域は、ギャングたちの縄張り争いが激化していた―。刑務所を出所して古巣のバイク窃盗団に舞い戻った裏社会の男チョウは、対立する猫目・猫耳兄弟たちとの揉め事に巻き込まれ、逃走中に誤って警官を射殺してしまう。たちまち全国に指名手配され、警察の包囲網に追いつめられたチョウは、自らに懸けられた報奨金30万元を妻と幼い息子に残そうと画策する。そんなチョウの前に現れたのは、妻の代理としてやってきたアイアイという見知らぬ女。

寂れたリゾート地の鵞鳥湖で水浴嬢、すなわち水辺の娼婦として生きているアイアイと行動を共にするチョウだったが、警察や報奨金の強奪を狙う窃盗団に行く手を阻まれ、後戻りのできない袋小路に迷い込んでいくのだった……。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

『薄氷の殺人』でベルリン国際映画祭金熊賞、銀熊賞(男優賞)をW受賞した中国の気鋭監督ディアオ・イーナンの5年ぶりとなる待望の新作

『鵞鳥湖(がちょうこ)の夜』(9/25(金)より、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町&渋谷ほか全国公開)の本編映像を解禁いたします。

 

 

第72回カンヌ国際映画祭でポン・ジュノ監督作品『パラサイト 半地下の家族』と並び、アジア発の衝撃をカンヌにもたらして絶賛を博した本作。『薄氷の殺人』に続いてイーナン監督とコンビを組んだ撮影監督トン・ジンソン、照明監督にウォン・カーウァイ監督作品『花様年華』『2046』のウォン・チーミンが務め、主人公チョウにジャッキー・チェンと共演した歴史大作『1911』のフー・ゴー。そして『薄氷の殺人』で主演を務めたグイ・ルンメイとリャオ・ファンが再共演を果たすなど、中華圏を代表するキャスト、スタッフが集結した。

 

 

魅惑的な闇と色彩が渦巻く鮮烈なヴィジュアルで現代中国の暗部をえぐる

中国の知られざるアンダーグランドの犯罪や社会の底辺で生きる人間たちの現実をあぶり出し、本国チャートで初登場 2位を記録する異例の大ヒットを飛ばした本作。夜間シーンが大半を占め、その暗闇の魅惑に満ち、光と影の強烈なコントラスト、極彩色のライトや蛍光ネオンサインが照らす妖しいムードが際立ち、観る者を夢幻的にして迷宮的な陶酔へと誘っていく。孤独なアウトサイダーである主人公の男女、警察の捜索チーム、バイク窃盗団のギャングの行動が交錯していくストーリー展開は、フラッシュバックを導入した幻惑的な語り口、湖や雨などの“水”をフィーチャーしたロケーション、ダイナミックで切れ味鋭いアクション・シークエンスと相まり、とてつもなく濃密なサスペンス、エモーションを創出している。

 

この度解禁する本作の本編映像は、裏社会で生きる男チョウ(フー・ゴー)がバイク窃盗団の集会で起きた抗争の中で大暴れするシーン!刑務所から出所したチョウが古巣のバイク窃盗団の集会に顔を出すと、一人の男が猫目・猫耳兄弟にいきなり発砲。もともと縄張り争いでピリついていた雰囲気が一気に爆発し、血気盛んなギャングたちの殴り合いに発展。三密どころではないギャング同士の抗争シーンはやたらとリズミカルに描かれ、テンポの良い映像に引き込まれる。その様子をただ眺めていたチョウだったが、おもむろに武器を取り、次々とギャングたちをぶちのめしていく!一体何を考えているのか、その表情からは全く読み取れないチョウだが、この抗争に関わってしまった結果、追われる身となり、後戻りが許されない状況に陥っていくことになる。チョウと謎の美女アイアイの逃亡生活の幕開けを告げるシーンとなっている。

 

 

監督・脚本:ディアオ・イーナン『薄氷の殺人』 撮影:トン・ジンソン『薄氷の殺人』
照明:ウォン・チーミン『花様年華』『2046』、美術:リュウ・チアン『ロングデイズ・ジャーニー この世の涯てへ』
出演:フー・ゴー『1911』、グイ・ルンメイ『薄氷の殺人』、リャオ・ファン『薄氷の殺人』、レジーナ・ワン『戦神ゴッド・オブ・ウォー』
2019年/中国・フランス合作/111分/ビスタサイズ/英題:THE WILD GOOSE LAKE(原題:南方車站的聚会)/PG-12

 

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください