映画
アニメ

門脇麦×宮沢氷魚 主演・齊藤工監督短編映画『ATEOTD』9.25全国公開決定!メインビジュアル&場面写真解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【STORY】

2120年。人類は自らが引き起こした新型細菌ウィルスにより滅びゆく運命を辿っていた。終末世界の片隅、生命活動が許されたシェルターのなかで、生きる意味を見失いながらも日々孤独に暮らす女(門脇麦)と男(宮沢氷魚)。

ふたりとも微かな両親の記憶はあるもののほかには誰にも会ったことがない。そんな「個」として生きるふたりの唯一の希望は、一日の終わりの刹那、この世界のきっと、どこかにいるかもしれない“あの人”を想うことだったーー。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

俳優・フィルムメーカー・白黒写真家などマルチに活躍を続ける斎藤工が齊藤工名義で企画・脚本・監督を務めた最新短編映画『ATEOTD』(アテオット)。
9月25日(金)、イオンシネマほか全国上映が緊急決定!

ポスターヴィジュアルと場面写真が到着しました。

 

本作は、8月末に齊藤が監督して話題となった安藤裕子の4年半ぶりの新アルバム「Barometz」収録曲の最新ミュージックビデオである7分28秒の「一日の終わりに」をショートフィルム作品として制作したもので、ATEOTDとは「一日の終わりに」の英訳“At the end of the day”の頭文字を繋げた略語。安藤裕子の楽曲とイラストがもつ唯一無二の世界観と齊藤工のイマジネーションが交点をもった物語を支えるのは、実力派俳優・門脇麦、宮沢氷魚。100年に一度の疫病が蔓延する終末世界を舞台に、家族も失い、自身もまたその病に蝕まれる運命を背負いながら天涯孤独にただ日々その一日を生きぬく男女の儚い夢と希望を繊細に描きだす。また、劇中の絵も全て安藤裕子が手掛けている。

 

緊急事態宣言下にも「今だからできること」を模索し、リモート映画制作プロジェクト「TOKYO TELEWORK FILM」(TTF)の発足や映画館支援「Mini Theater Park」を通じて積極的に映画人として活動してきた齊藤工が原案・脚本・監督を務める本作もコロナ禍の現在と真摯に向き合うテーマを内包しながら、今この世界を生きる全てのひとに希望の光が差し込むような救いの力を提示する。
孤立無援のモノクロームの世界のなかで、きっとどこかにいる“あの人”に会いたい、触れたいという願いを糧に一日をひたむきに生きることで起こる色彩豊かな奇跡の物語。

 

原案・脚本・監督:齊藤 工
出演: 門脇 麦 宮沢氷魚   音楽・絵:安藤裕子
プロデュース・監督補・編集:清水康彦/チーフプロデューサー:小林有衣子/プロデューサー:野村梓二/ラインプロデューサー: 安藤光造
撮影:川上智之/照明:上野甲子朗/録音・整音:桐山裕行/美術:山田卓生/衣装:服部昌孝/ヘア:HORI(BE NATURAL)/メイク:船引美智子
Tomoya Motegi/ドローン撮影:桐山裕行/Green Decoration:尾藤祐子 (BITO Green/Flower Creatives) 田井中将希 (BITO Green\Flower
Creatives) /振付:飯森沙百合/振付指導:おおたけこういち/題字・ビジュアルデザイン:三宅宇太郎/CG:渡部佳宣/メイキング:井上章一
/協力:PONY CANYON HORIPRO ブルーベアハウス MSI Mini Theater Park/特別協力:NTTぷらら
配給:イオンエンターテイメント 2020年/日本/ステレオ/モノクロ・カラー/ 25分   © 『ATEOTD』製作委員会

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください